暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

立体眉×ツヤ肌=美人顔!CANMAKE「3 in 1 アイブロウ」&新色ハイライトで夏の旬メイク

saitaPULS編集部

メイクをする上で意外と重要なのが、眉と肌の質感。このふたつのポイントを抑えると美人オーラが醸し出されて、いつものメイクを格上げしてくれるんです。この夏の旬はふわっと立体的な美眉と、濡れたように輝くツヤ肌。それを時短かつプチプラで叶えてくれるのがCANMAKEから新発売された1本で3役こなす「3 in 1 アイブロウ」と、「グロウツインカラー」の新色。この2アイテムを使うだけで、この夏の旬メイクが完成します。

「3 in 1 アイブロウ」時短で立体的な美眉が完成

(左から)CANMAKE 3 in 1 アイブロウ 01ナチュラルブラウン、02アッシュブラウン各972円(編集部調べ)
出典:www.canmake.com
(左から時計まわりに)細眉にも対応する△チップ、1.5mmペンシル、ぼかしにも使えるブラシ

「3 in 1 アイブロウ」は、パウダー、ペンシル、ブラシが1本になったアイブロウ。「メイクのなかでも眉が一番時間がかかる」という人も多いと思いますが、朝の限られたメイク時間もこれ1本あれば時短で立体的な美眉を完成させることができます。パウダーよりもペンシルのほうが色みがすこし暗いので、自然にグラデーションがつくれて立体眉が簡単に完成します。付属のブラシは毛流れを整えるのにはもちろん、ぼかしにも使えるので微妙な色調整や修正ができるのがうれしいですね。

立体眉のつくりかた

スタート!
1. ペンシルで1本1本毛を描くように眉山から眉尻までの毛が足りない部分に描き足す。
2. パウダーで眉の中央から眉頭までを描く。
3. ブラシでペンシルとパウダーの境目を自然にぼかす。眉頭もぼかしてふんわりと仕上げる。

ペンシルが1.5mmと極細なので、1本1本毛を描いたときにナチュラルに仕上がるし、芯が柔らかくスルスルと描きやすいです。パウダーはパール無配合のマットな質感なので、肌との馴染みもよくナチュラルな仕上がりに。また、水、汗、皮脂に強い処方なのが、これからの季節には心強いですね。

「グロウツインカラー」新色で濡れツヤ肌が完成

キャンメイク グロウツインカラー No.05 ピンクベージュパール 702円(編集部調べ)

人気の2色入りハイライト「グロウツインカラー」の新色05ピンクベージュパールは、ベースメイクをパウダー、リキッドなど、どんなファンデーションで仕上げたかに関わらず、これひとつで濡れツヤ肌がつくれてしまう優れものです。ベースメイクが崩れやすい夏でも、旬のツヤ肌が楽しめるのが何ともうれしいですよね。パール感も異なる2色入りなので、単色でも、混ぜて使っても質感の違いが楽しめます。

濡れツヤ肌のつくりかた

1. 上のカラーをまぶた全体にのせる。
2. 下のカラーを目頭と眉下にのせる。
3. 2つのカラーを混ぜてTゾーン、目の下、あごにのせる。

ワセリンが配合されているので、肌にしっかりとフィットする使い心地で絶妙な濡れ感を演出してくれます。肌なじみのいいカラーなので、使う人を選ばないところも◎。ベースメイクをいじらずに、ハイライトだけで即濡れ感を出してくれるこの手軽さとこの価格はかなり優秀です。皮脂崩れ防止のメイク下地を使えば、夏でも崩れにくいツヤ肌が実現します。

美人オーラをアップさせてくれて、トレンド感もプラスしてくれる立体眉と濡れツヤ肌。このふたつを簡単かつ時短でつくれるCANMAKEの新作は、夏に向けてぜひ揃えたいアイテムですね。忙しい朝、メイクのすべての工程をていねいにするのは大変ですが、眉と肌のポイントをおさえて、気分をあげて1日をスタートさせましょう!

前日の全体記事ランキング

1

少しの工夫でクリーニング代は大幅に節約できる! #目からウロコの洗濯豆知識③

梅雨とコロナの影響で、まだまだ家にいることが多い日々。せっかくなら、自宅クリーニングで服も気持ちもスッキリさせませんか? 今まで洗えないと思っていた、通勤用のスーツも子どもの制服も、実は家で洗えるんです。そのやり方を早速、話題の洗濯プロ集団、洗濯ブラザーズの3人に教えていただきました。

2

使い終わったコーヒー"かす"はそのまま捨ててはもったいない!便利で有効な3つの活用法

コーヒーを自宅で飲んでいる方に質問です。コーヒーを飲んだ後のコーヒーかすはどうしていますか?  そのまま捨ててしまっている方は、もったいない! コーヒーかすはとっても便利に活用することができるんですよ。いつもコーヒーかすは捨てているという方に、活用法をご紹介します。

3

【ユニクロコーデ】40代におすすめ♡「ロングシャツワンピ」で体型カバー

自粛期間中に太ってしまって、着る服がない!と困っていませんか? ワンピースは体型をカバーしてくれる上に、おしゃれに見える頼もしいアイテム。特にアラフォー世代には、体のラインをひろいにくい「シャツワンピース」がおすすめです。そのまま着たり、羽織にしたりと、着こなしの幅がひろがるのでコスパも◎。では、さっそく紹介します!

4

大人のおしゃれを格上げするアクセサリー使いのコツ #スタイリスト高橋愛の着こなしテク|vol.3

パーソナルスタイリストの高橋 愛です。 おしゃれのポイントとしてアクセサリーを使いたいけど、上手に使えていない気がする。 そんなお悩みはありませんか? アクセサリー使いにもその時のトレンドみたいなものがあります。 上手にアクセサリーを使って、ワンランク上のおしゃれを楽しんでみませんか? 今週はおしゃれ見えするアクセサリー使いのコツをお伝えします。

5

苦いピーマンは大人も苦手!?ピーマンをおいしく食べるコツ&レシピ #大人の野菜克服シリーズ

子どもが野菜を嫌がって食べてくれない。そんな悩みはあるあるですよね。では大人はどうでしょう。じつは食べられない野菜がある……なんて人は結構いるのでは。食べられない野菜があることで困ったことはありませんか? そろそろ克服したい! と考えている人は、必見です! 今回は苦くて青臭いピーマン編をご紹介していきます。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP