暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

【歯科医師が教える】大人の正しい歯ブラシの選び方!毛のかたさ、毛質、ヘッドの大きさetc.

saitaPULS編集部

健康な口腔内環境を保つ秘訣は毎日の歯ブラシ。皆さんはどういう基準で歯ブラシを選んでいますか?使いやすいからリピートしている、安いから、見た目が好きだから・・・色々な基準で選んでいると思いますが、歯ブラシの選び方を誤ると、汚れをきちんと取ることができません。それでは、歯ブラシを選ぶ時、何に気を付ければよいのでしょうか?

●基本の歯ブラシ

出典:www.photo-ac.com

まずは基本の歯ブラシの選び方を見てみましょう。毛のかたさ、毛質、ヘッドの大きさなど、細かくご紹介します。
また、歯ブラシは一か月に一回を目安に新しいものに交換しましょう。

1. かたさ

歯ブラシのパッケージに毛の材質やかたさが記載されています。

1) かため:ブラッシング圧が弱すぎる人。清掃力が高い分、強く磨きすぎると歯や歯ぐきを傷つけやすいので注意。
2) ふつう:一般的なかたさ。
3) やわらかめ:歯周病などで歯ぐきが弱っている人。ブラッシング圧が強すぎる人。

2. 毛の質

歯科医院専用歯ブラシの多くがPBT毛を使用しています。

ナイロン、飽和ポリエステル樹脂(PBT)、動物毛などがあります。

動物毛は歯や歯ぐきには優しいのですが、乾燥しにくく細菌が繁殖しやすいのでどうしても不衛生になってしまいます。そのため、衛生面からはあまりおすすめできません。

一般的に市販されている歯ブラシの多くはナイロン毛。歯科医院専用の歯ブラシの多くは飽和ポリエステル樹脂(PBT)毛です。PBTはナイロンに比べて耐久性があり、乾燥も早く清潔であるというメリットがあります。

3. ヘッドの大きさ

出典:www.photo-ac.com

ヘッドの大きさを決める目安として、上前歯2本分の幅、縦3列x横(親指の幅or人差し指の第一関節まで)などが用いられますが、細かく磨ける人は小さめのヘッド、磨けない人はふつうの大きさのヘッドを選ぶとよいでしょう。

4. 毛先の切り口

出典:www.photo-ac.com
ストレート、山切りカット
出典:www.photo-ac.com
極細毛

ストレート:一般的にはストレートでよいでしょう。
極細毛:歯周ポケットの清掃に適しているので歯周病の人などにおすすめ。
山切りカット:清掃効果はあまりよくありません。

5. 柄の形

出典:www.photo-ac.com
握りやすく力がコントロールしやすい柄を選びましょう。

握ってみた時手にフィットして握りやすく、ブラッシング圧がコントロールしやすいものをえらびましょう。

●プラスαの清掃道具

出典:www.photo-ac.com

次に基本の歯ブラシにプラスして使いたい歯の清掃道具を見ていきましょう。

1. タフトブラシ

細かいところまでよくとどきます。

これを一本追加するだけで、奥歯や親知らず、歯並びの悪い部分、前歯の裏、矯正装置やかぶせ物のまわりなど、普通の歯ブラシで磨きにくい部分が劇的に磨きやすくなります。

2. 歯間ブラシ、デンタルフロス

出典:jp.sunstargum.com
サンスターGUM 歯間ブラシI字
出典:jp.sunstargum.com
サンスターGUM 歯間ブラシL字
出典:jp.sunstargum.com
サンスターGUM 歯周プロケアソフトピック(歯間ブラシ:歯ぐきにやさしいゴムタイプ)
出典:jp.sunstargum.com
サンスターGUM デンタルフロス Waxつき、ふくらむタイプ
出典:jp.sunstargum.com
サンスターGUM デンタルフロス Waxなし、ふくらむタイプ
出典:jp.sunstargum.com
サンスターGUM デンタルフロス Waxつき、フラットタイプ
出典:jp.sunstargum.com
サンスターGUM デンタルフロス&ピック Y字型

歯間部の汚れを落とすのに使います。歯間部が広い場合は歯間ブラシ、狭い場合や歯並びの悪い部分にはフロスを使います。歯間ブラシにはサイズがあるので、隙間の広さに合わせ選びましょう。形もL、I字があり、主にI字は前歯部に、L字は奥歯に使います。材質も、やわらかいゴムタイプとワイヤーに毛のついたかためのタイプがあります。デンタルフロスは、持ち手がついたタイプと手に巻き付けて使うタイプがあります。ワックス付きのもの(狭い歯間部)、なしのもの(広い歯間部)、挿入後膨らむタイプなどがあるので、歯間部の幅や用途によって選びましょう。


サンスターGUM 歯間ブラシI字
サンスターGUM 歯間ブラシL字
サンスターGUM 歯周プロケアソフトピック
サンスターGUM デンタルフロスWaxなしふくらむタイプ
サンスターGUM デンタルフロスWaxフラットタイプ
サンスターGUM デンタルフロス&ピック Y字型



ほとんどの人が毎日歯ブラシをしていると思いますが、「みがいている」と「みがけている」は違います。どんなに時間をかけても、磨けていなければむし歯を予防できません。正しい歯ブラシを選んで、きれいな歯をキープしましょう!

文/澤田史子(歯科医師。ブリティッシュコロンビア大学歯学部勤務後、愛知学院大学 高齢者歯科学 非常勤助教を勤める)

前日の全体記事ランキング

1

少しの工夫でクリーニング代は大幅に節約できる! #目からウロコの洗濯豆知識③

梅雨とコロナの影響で、まだまだ家にいることが多い日々。せっかくなら、自宅クリーニングで服も気持ちもスッキリさせませんか? 今まで洗えないと思っていた、通勤用のスーツも子どもの制服も、実は家で洗えるんです。そのやり方を早速、話題の洗濯プロ集団、洗濯ブラザーズの3人に教えていただきました。

2

使い終わったコーヒー"かす"はそのまま捨ててはもったいない!便利で有効な3つの活用法

コーヒーを自宅で飲んでいる方に質問です。コーヒーを飲んだ後のコーヒーかすはどうしていますか?  そのまま捨ててしまっている方は、もったいない! コーヒーかすはとっても便利に活用することができるんですよ。いつもコーヒーかすは捨てているという方に、活用法をご紹介します。

3

【ユニクロコーデ】40代におすすめ♡「ロングシャツワンピ」で体型カバー

自粛期間中に太ってしまって、着る服がない!と困っていませんか? ワンピースは体型をカバーしてくれる上に、おしゃれに見える頼もしいアイテム。特にアラフォー世代には、体のラインをひろいにくい「シャツワンピース」がおすすめです。そのまま着たり、羽織にしたりと、着こなしの幅がひろがるのでコスパも◎。では、さっそく紹介します!

4

大人のおしゃれを格上げするアクセサリー使いのコツ #スタイリスト高橋愛の着こなしテク|vol.3

パーソナルスタイリストの高橋 愛です。 おしゃれのポイントとしてアクセサリーを使いたいけど、上手に使えていない気がする。 そんなお悩みはありませんか? アクセサリー使いにもその時のトレンドみたいなものがあります。 上手にアクセサリーを使って、ワンランク上のおしゃれを楽しんでみませんか? 今週はおしゃれ見えするアクセサリー使いのコツをお伝えします。

5

苦いピーマンは大人も苦手!?ピーマンをおいしく食べるコツ&レシピ #大人の野菜克服シリーズ

子どもが野菜を嫌がって食べてくれない。そんな悩みはあるあるですよね。では大人はどうでしょう。じつは食べられない野菜がある……なんて人は結構いるのでは。食べられない野菜があることで困ったことはありませんか? そろそろ克服したい! と考えている人は、必見です! 今回は苦くて青臭いピーマン編をご紹介していきます。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP