暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

【美容のプロ推奨】「豆乳ヨーグルト」に最注目!普通のヨーグルトとの違いは?どう食べる?

saitaPULS編集部

美容や健康に効果的な食品として定番のヨーグルト。最近は、さらなる健康志向の高まりや、糖質制限ダイエットブームなどにより、「牛乳ヨーグルト」だけでなく、「豆乳ヨーグルト」も注目されています。そこで、牛乳ヨーグルトと豆乳ヨーグルトの違いを詳しく解説。さらに、調理時間5分以内のアレンジレシピを紹介します。

豆乳ヨーグルトが注目されています

出典:www.photo-ac.com

 美容や健康に効果があるといわれ、昔から安定した人気がある「ヨーグルト」。仕事にプライベートに忙しい女性でも手軽に摂ることができ、朝食などで毎日食べているという方も多いと思います。
 様々な種類のヨーグルトが発売されている中でも、定番人気はやはり「牛乳ヨーグルト」。しかし、昨今の消費者の健康志向の高まりや糖質制限ダイエットブーム、イソフラボンを効率的に摂取できることなどが注目され「豆乳ヨーグルト」の人気がいま、じわじわと伸びてきています。
 今回は牛乳ヨーグルトと豆乳ヨーグルトそれぞれの違い・特長を紹介します。目的によって使い分けて、賢くキレイと元気をチャージしましょう!

「牛乳ヨーグルト」と「豆乳ヨーグルト」の違い・特長

 お店で何気なく選んでいるヨーグルト。管理栄養士・美容アドバイザーの豊田愛魅先生によると、牛乳・豆乳、どちらのヨーグルトも発酵食品で乳酸菌を豊富に含み、健康や美容を気にする女性や腸活にぴったりなことには変わりありませんが、実はそれぞれ特長があります。効果に合わせて使い分けるのがおすすめ!

酸味のあるさわやかな味わい。
乳由来(動物性)一般的な牛乳ヨーグルトの特長


◆カルシウムがたっぷり!
⇒魚や野菜よりも吸収率がよいカルシウムが含まれ、子どもの骨の形成・成長だけではなく、イライラしたときの鎮静効果、安眠効果もあり!

◆動物性たんぱく質が豊富!
⇒身体のさまざまな組織をつくる元になり、肌・美髪の維持に欠かせない「たんぱく質」には動物性と植物性があります。
 牛乳ヨーグルトは牛乳よりも吸収率がよい動物性のたんぱく質が豊富。引き締まった強い身体づくりを目指しトレーニングをしている人に、とくにおすすめです!

◆〈避けすぎはNG〉吸収効率のよいエネルギー源になる!
⇒牛乳よりも吸収効率がよいエネルギー源として、消化吸収能力が弱い子どもや高齢者、ストレスがたまっているときや病み上がりに元気をチャージできます!

コクのあるまろやかな味わい。
豆由来(植物性)一般的な豆乳ヨーグルトの特長


◆低カロリー、低糖質、低脂肪、コレステロールゼロ。
⇒ダイエット中の女性にもおすすめ。

◆植物性たんぱく質が豊富。
⇒動物性たんぱく質だけを摂りすぎてしまうと、脂質やコレステロールが過剰になる可能性も...。大豆由来の植物性たんぱく質「ソイプロテイン」は満腹感が続きやすく、 ダイエット中にもおすすめ。適度な運動とともに、女性らしいしなやかな身体をつくりたいときに◯。
 また、大豆イソフラボンの効果でバストアップや美肌・美髪づくりにも期待!

◆女性に嬉しい成分がたっぷり!
⇒大豆イソフラボンのほか、乳酸菌など女性にうれしい成分をまとめて手軽に摂取可能。

◆乳製品不使用。
⇒牛乳ヨーグルトでお腹が痛くなる人や、乳アレルギーの人、ベジタリアンの人にもおすすめ。


  • 1
  • /
  • 3

前日の全体記事ランキング

1

【洗濯の裏ワザ】うっかりつけたボールペンのインク汚れは「ご飯粒」が解決してくれる件!

白いシャツを着ているときに限って、汚してしまうことはありませんか? 胸ポケットに先を出したままボールペンを入れたままにしてしまったり……。 汚れの中でも、ボールペンのインクってなかなか取れないですよね。 そんな時の救世主は、以前TV番組「ソレダメ! 〜あなたの常識は非常識!?」でやっていた「ご飯粒」を使った落とし方。早速、私も試してみました。 液体洗剤と混ぜて汚れ部分にこするだけでみるみるうちに汚れが消えていくんですよ~。 驚きの方法を紹介します。

2

鶏むね肉をやわらかく仕上げるコツは?節約したいけどがっつり食べたいときのピリ辛鶏むね肉おかず2選

ヘルシー食材の代表格といえば"鶏むね肉"。 低カロリーで高たんぱく質に加えてリーズナブルなので家計にも優しいです。 その一方でパサパサの食感が苦手という人も多いのではないでしょうか? そこで、ひと手間加えるだけでふんわり仕上げることのできるワザをご紹介します。 今回は、そのワザを使って韓国風の「ヤンニョムチキン」と「タンドリーチキン 」の2品を作りたいと思います。 どちらも簡単に作れるので忙しいときにもぴったりなレシピです。

3

「酸っぱいキウイ」を甘~くする裏ワザ試してみた!「えっ、カットして冷蔵庫に入れるだけ⁉」

栄養価の高いキウイは、ビタミンCも豊富に含まれているので風邪などが流行る季節に積極的に食べたいですよね。でも酸っぱいキウイは苦手、という方も多いのでは? 酸っぱいキウイを簡単に甘くする2つの方法を試してみたので、ご紹介します!

4

【免疫力アップ】でコロナに負けない体作り!調理いらずで手軽に食べられるおすすめ第1位は?

新型コロナウイルス再流行への警戒は続いていますが、最近では経済活動が徐々に再開され、人の往来が戻りつつあります。そこで、感染から身を守るために「免疫力」への関心が高まっています。 長い自粛期間が続く中、「免疫力」を高めるために、みんなはどのような工夫をしているのでしょうか。さっそく、みんなが実際に実践している「免疫力アップ」の具体的な対策を見ていきましょう。

5

やるとやらないでは大違い!【フェイスパウダー】の塗り方のひと手間で、肌の透明感&崩れにくさがUP!

年齢を重ねるにつれ、お肌に「透明感」がなくなってきたと感じませんか? 「マスク」が手放せない今、どうしてもお顔の印象が暗くなりがちですよね。 「フェイスパウダー」の塗り方を少し工夫するだけで、お肌に「透明感」がプラスされ、お顔の印象がパッと明るくなりますよ。それでは早速、ご紹介します。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP