暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

窓や網戸掃除は夏にやろう!100均で買える便利グッズ3選|雑巾や重いバケツは必要なし!

ayako

空気の入れ替えや暑い日には窓を開けますよね。そんな時ふと窓や網戸の汚れが気になりませんか。

気になる汚れをさっと掃除したいけど、網戸や窓の掃除は始めるまでは気が重いですよね。そんな網戸や窓の掃除を、気軽に簡単にできる100均グッズをご紹介します。

窓ガラス掃除に便利!「ペットボトル+アクリルクリーナー」

窓ガラスの掃除は、窓についた手垢や風に飛ばされた土埃などをキレイにするため、水を使いたいですね。でも水の入ったバケツを運ぶのは大変……。
こちらの商品は、そんな悩みを解決できる便利グッズです。

水の入ったペットボトルにこの「ペットボトル+アクリルクリーナー」を取り付けるだけで掃除の準備が完了です。バケツを運んだり、ホースを伸ばしたりする手間がありません。またペットボトルに取り付けるだけなので、水が多すぎて窓まわりが濡れる心配がありませんよ。

窓ガラスはもちろん、車の部分洗いにも使えて、とっても便利なんです。

高いところの掃除もやりやすい!「網戸用ワイパー」

「網戸用ワイパー」は、持ち手が約30㎝伸びるお掃除用具です。別売りの「網戸用ワイパースペアシート」を取り付けるだけで、さっと網戸のお掃除ができます。

網戸を掃除するのにバケツやホースなどを使うと準備が大変ですが、「網戸用ワイパー」は、「網戸用ワイパースペアシート」を使えば簡単。室内からでも水で汚れる心配がなくお掃除ができます。
また持ち手が伸びるので、高い部分でも掃除しやすく背が低い方にも重宝しますよ。

タイプの違うブラシで楽々掃除!「ペットボトル+ミニブラシ」

サッシレールは、気づくといつの間にか汚れていますよね。いざお掃除をしようと乾いた雑巾やタオルでお掃除をしても汚れが落ちにくいことありませんか。

落ちやすいようにお水を使って、片手に水、片手にブラシを持って掃除もいいですが、「ペットボトル+ミニブラシ」は、ペットボトルにミニブラシを付けるだけで簡単にお掃除ができます。大量の水を使う場合は室内に水が入らないように外から掃除しますが、「ペットボトル+ミニブラシ」はお家の中からでも簡単にお掃除ができます。

タイプの違うブラシもついているので、靴の裏の泥落としなどにも使うことができます。


手軽に揃えられる100均グッズ。夏場になると窓を開ける機会も多いので、網戸や窓の汚れが気になる季節です。お気に入りの便利グッズで、気軽にお掃除を始めませんか。


※ご紹介した商品は掲載当時の情報のため、在庫状況、価格などが異なる場合があります。

前日の全体記事ランキング

1

【夏のフットネイル】ネイルシールって実際どうなの?半信半疑で使ってみたら……やり方と持ちの良さをレポート

サンダルを履く機会が増える夏に必須なのがフットネイル。なるべく外出を控えたい今、手軽なのは自宅でできるセルフネイルですが、単色塗りになりがちなのと、落ちやすいのがストレスですよね。そこで、貼って削るだけでおしゃれなネイルアートが楽しめるフットネイルシールを試してみました!

2

毎日たった4分で体が確実に変わる!「フランス式膣トレ」実践しよう【後編】

パーソナルトレーナーのベルジェロン容子です。 産後出会ったフランスの「膣トレ」を日本でも自宅で簡単にできるようにしたいと「フランス式膣トレ」を考案しました。 「膣トレ」は筋トレです。膣を意識することで鍛えられるのは骨盤底筋からみぞおちにかけてのインナーマッスル。見えない部分の筋肉群です。前回の【前編】でチャレンジした2か所に続き、今回は最後の穴“経口”部分を2種類のイメージを使って動かしていきます。「フランス式膣トレ」で女性の大切な部分をきちんと整え、数多ある「膣トレ」の効果をあなたの心身でぜひ体感してください! フランス式膣トレ【前編】  さぁ、「フランス式膣トレ」を始めましょう。

3

寝苦しい夜でも快眠できる方法5選|冷房が苦手な方でも快適に眠れる工夫

夏になると、毎晩寝苦しい日々が続きます。でもエアコンが苦手な方も多いかと思います。そんなときに手軽に暑さを和らげることができるグッズや方法をご紹介します。

4

【夏の食中毒対策】水筒をいつも清潔に保つ洗い方【動画付き】

夏になると食中毒のリスクが高まります。 子どもたちに持たせたり、何気なく使用している水筒にもその脅威は潜んでいるのです。 健康な毎日を過ごすためにも、毎日の水筒ケアを確認していきましょう。

5

【徹底比較】100均で買えるゴミ袋のコスパ・使いやすさを比べてみた!レジ袋有料化でゴミ袋どうする?

2020年7月1日より、全国でプラスチック製の買い物袋の有料化が始まりました。資源・廃棄物制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの環境問題と向き合うため、有料化を通じて、プラスチックの過剰な使用を抑えようという意識改革が求められています。 エコバッグ生活には慣れてきたものの、スーパーやコンビニエンスストアでレジ袋をもらわなくなると不都合に感じるのが、“自宅のゴミ袋がなくなる”ということ。「今までレジ袋をゴミ袋として再利用していたのに、どうしよう?」という声も多くあがっているそうです。なるべくプラスチック製の袋の使用回数を減らそうと工夫はしつつも、生ゴミをまとめるときなどは、衛生面の観点から引き続きビニール袋が必要なシーンも……。そんなときのために、賢くストックしておきたいですよね。 そこで今回は、ダイソー、セリア、キャンドゥの100円ショップで販売されている、さまざまなゴミ袋をまとめてみました。サイズやコスパなどを比較し、家庭で使いやすいビニール袋をタイプ別でご紹介します。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP