暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

コロナ禍、食糧難を想定して子どもたちと買い物ゲームをしてみた話。

saitaPULS編集部

「忙しいワーキングマザーのための時短料理」を発信する時短料理研究家の田内しょうこさんによるコラム連載。48歳、2人の子供はそれぞれ高校生と中学生。子育て卒業を目前に控えた等身大の女性の毎日と、そこで得た気づきを連載形式で綴ります。

第1回:48歳、子育て卒業を目前にした時短料理研究家が「おかあさんやめてみた」をやってみた話

スーパーの陳列棚からお米が消えた日

「スーパーでお米が売り切れてるって!」
通っていた整骨院で聞いたのが今年の3月26日のことだった。

「◯◯スーパーは朝から入場制限をしてたよ」
「△△スーパーでは駐車場が長蛇の列なんだって」
さすがはおばちゃん、おばあちゃん達が集まる整骨院、あちこちのスーパーの最新情報がどんどん入ってきているらしく「田内さん、このあとすぐに買い物行っといたほうがいいですよ」と先生たちが口々に教えてくれる。

コロナウイルス感染拡大防止のため、小中高が休みになって3週間ちょっと。ついに緊急事態宣言も出るのではと報道され、トイレットペーパーが店頭から売り切れたという話も聞こえだした矢先のことだった。

実はわが家、お米やトイレットスーパーは予備が常にある。わたしはオイルショックの苦労話を聞かされて育った上に阪神淡路大震災で被災し、水道とガスが止まった家で暮らした経験があるので、水や避難グッズ、非常食、日用品は、狭いマンションに住んでいるにも関わらず、まあまあの量を常備しているのだ。

そんなわけで、お米やトイレットペーパーが品切れたと聞いても「どれどれ、様子でも見に行くか」とすっかり高みの見物でスーパーに向かったのだけれど、一歩店内に入るや、さすがに驚いた。

本当に、見事に、売り場が空っぽなのだ。

2019年秋の大型台風19号のときにも棚から商品がごっそりなくなったが、そのとき売り切れたのは冷凍食品やインスタントものが中心。あくまでも2〜3日をしのげればよい、という買い方だったように思う。今回はといえば、生鮮食料品や米・パンはもちろん、日持ちするじゃがいも玉ねぎにんじんに至るまで、見事に買い尽くされている。まるでイナゴの大群が通り過ぎたかのような丸裸というか、とにかく、食べられるものはとりあえず買っておけ、というものすごい気合いが感じられる売り切れ方だったのだ。野菜コーナーには、虫除けかドラキュラ除けかのごとく、にんにくの山だけが残っていた。

「この光景を、子どもたちに見せておこう」

出典:stock.adobe.com

これはすごい!
この光景はぜひ子どもたちにも見せておかなくては! 

さっそく電話すると、高2の娘は「わかった、行く」と即答したけれど、ゲームをしている中2の息子はどうも渋っている様子。元から出不精の息子、休校のおかげで出不精に拍車が掛かり、引きこもりレベルで家から出なくなってしまっているのだ。でも、今日のスーパーはどうしても見せたい! 「今日は買い物が多くなりそうなんだ。荷物持ち、手伝ってくれる?」とウソ半分で説得した。実はもうスーパーには、買うものなんてロクに残ってないんだけど。めんどくさがりでも、「手伝って」と頼るとそれなりに頑張ってくれるのだ。

二人の到着を待つ間にほかの売り場もチェックしたところ、物見遊山の気分は急激にしぼみ、にわかに焦りが生まれてきた。買い物客はみな、棚に残り少ない食品を掴み、かごにどんどん入れていく。「今日は買わなくていいや」と来たはずなのに、「買っておかなくちゃ!」とだんだん急き立てられるような気持ちになり、棚の奥に見つけた最後の小麦粉1袋を、速攻で掴んで握りしめた。3月の休校になってから、ひたすら食べる子どもたちのために必死に買い物はしていたから、家にはゆうに2〜3日分の食糧はあるはずなのに。

「不要不急の外出は控えて」「家でできる仕事は家で」と人々の行動が縮小されていくなか、わたしたちの日常を守るべく頑張ってくれていたのが生産業、流通業のみなさんではないか。前日までのスーパーには確実に商品が並んでいたわけで、冷静に考えれば、どんなに今日みんなが焦って買い占めたからといって、突然に流通まで途絶えてしまう可能性は低い。明日になれば、またいつものように商品は並ぶだろう。

そうは思いながらも、やっぱり不安が湧き上がってくる。このまま食べ物の流通が途絶えてしまったらどうしよう。そりゃあ、明日は大丈夫だろう。でも長期的に考えたら、このコロナ禍で先はまったく見えてこない上に被害は世界規模だ。コロナウイルスが蔓延したら農産物にせよ工場生産品にせよ、海外の生産体制にも影響が出ることは間違いない。

そうなったら? 

どの国も国内流通が優先になり、輸出する余裕はなくなるだろう。

日本の自給率は40%以下なのに、海外からの食糧輸入が減ってしまったら? 

国内生産品だけで食べていくことを覚悟しなくてはならないのか……。それって生産量を増やさなければ、今の40%の量しか食べられないってことだよね? 大豆なんて日本の自給率は10%もないのだから、醤油も味噌も超貴重品になってしまうかもしれない。食糧の奪い合いになるってこと?!

  • 1
  • /
  • 2

前日の全体記事ランキング

1

【ホクホクかぼちゃの作り方】旬のかぼちゃを味わい尽くす時短でおいしいレシピ4選

秋から冬に旬を迎えるかぼちゃ。旬の食材であるかぼちゃを買う機会が多い方もいるのではないでしょうか。でもかぼちゃはそのまま冷蔵庫に保存をしておくと、いつの間にか傷んでいませんか。かぼちゃは一体、どう保存したらいいのでしょうか? かぼちゃの保存の仕方や、旬を味わいつくすおすすめレシピをご紹介します。

2

「明日使うノートがない」子どもから夜中に言われて途方に暮れたことない?子育て中の「名もなき家事」 解決法

毎日の生活に欠かせない、掃除に洗濯、炊事に買い物などの家事とは別に「トイレットペーパーの補充・交換」「家族の脱ぎっぱなしの衣類の片付け」「ゴミの分別」など、名前のついていない「名もなき家事」は日常にあふれていますよね。 さらに、新型コロナウイルスの影響でこの「名もなき家事」が増えていることに気づいていますか? たとえば、(手洗いできる)マスクの洗濯、除菌スプレーの詰め替え、こまめな喚起、など。 それに加え、夫がテレワークで昼食の準備が増えたことや、子どもの授業(勉強)が変則的になり、管理が以前より大変、なんてことも。 前回の「名もなき家事の解消法【片付け編】」に続き、今回は【小学生限定・子育て編】の解決方法をご紹介します。 『3人子持ちで起業した理系の主婦が名もなき家事をサクッと解決します!』(実務教育出版)の著者である、香村薫さんからヒントをいただきました。

3

大人向け【パーカー】コーデのコツ|40代でも失敗せず、おしゃれ見えしたい!

カジュアルな印象のパーカーは気取らずに着られて、誰でも1枚は持っているおなじみのアイテム。でも、カジュアルなアイテムの分、部屋着っぽく見えてしまったり、子供っぽく見えてしまうことも。そこで、今回は合わせるアイテムやコツをご紹介! まわりよりもおしゃれに見える、大人にピッタリのコーデばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

4

パサパサした鶏むね肉がプリプリ&ジューシーに変身!鶏むね肉を使った簡単で節約できるレシピ5選

毎日の食事作りで、安い食材は節約のためには積極的に使っていきたいもの。中でも鶏むね肉は、スーパーで売っているお肉の中でも、とても手頃なお値段ですよね。ただ火を通すとパサパサした食感になり、苦手な方も多いのではないでしょうか。 パサパサした食感の鶏むね肉をプリっとおいしく調理するには、コツがあるようです! 鶏むね肉をおいしくジューシーに調理したい方におすすめのレシピ5選をご紹介します。

5

【金銭感覚チェック!】あなたは浪費家?貯蓄家?多くの60代が「老後資金作りは40代が重要」と言う、その理由は

人生には愛や生きがいのほかに必要不可欠なものがありますよね。それはお金です。仕事で一生懸命稼いだお金は、生活のために、子どものために使い、人生を豊かにしてくれます。 とはいえ、仕事で得たお金にも限りがあり、貯えだけでは老後を安心して過ごすことができません。それぞれが自分の人生の現状をしっかり見つめながら、資産を運用していくこと求められています。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP