「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

「お前のせいでこうなった!」と子どもに責められるママ。「ごめんね。」と謝らない方がいい理由とは

家族・人間関係

www.pakutaso.com
 「ごめんね。」と謝らない方がいい理由とは

2021.09.11

こんにちは!rikaです。私は数年前、子どもの不登校ひきこもりを経験しました。その時は、過去の自分の子育てを後悔し、こんな子になってしまったのは私のせいだと自分を責めていたことがありました。今回は「お前のせいだ!」と子どもに日々責められ、謝罪しているのに許してもらえずどうしたらいいかわからない…というママのご相談にお答えしました。

私の育て方のせいでこんな子になってしまった

以前、こんなご相談をいただきました。

・・・・・

我が家の中2の息子、不登校になって1年3ヵ月となります。
最初は息子を責めて学校に行かせることに必死になっていましたが、前に息子に激怒して大喧嘩になった時、

「お前のせいだ!お前が厳しくガミガミ言ってきたから小さい時から苦しかったんだ!お前の育て方が悪い!謝れ!」

と、ブチギレてきました。
その日からひたすら謝罪の日々。

「ゴメンね、ママがうまく育ててあげられなかったせいだね」と息子にいつも言っています。
戻せるなら時間を戻して育てなおしたい。できることのならリセットしてやり直したい。

息子には日々謝っていますが、状況はますますひどくなっている気がします。

(45歳 N子さま)

どうやったら許される?

ママ出典:www.photo-ac.com

N子様のようなママからのご相談は最近とても多いです。

  1. 子どもがキレる
  2. 子どもを責める
  3. お前のせいでこうなったと子どもが責めてくる。
  4. そんな風に育ててしまったことを謝る。

そして、また1に戻り、その繰り返しの日々。

私も自分のことを責めたことがあるし、育て方や過去を後悔しまくっていた時がありました。不登校になった息子を責めながら、無理に学校に行かせようと必死になっていた時も苦しかったですが、それが無理だとわかった時、自分責めの底なし沼にハマった時の方が、さらに苦しかったように思います。

N子様は、子どもにひたすら謝罪の日々、と書かれていますが、それはどうなれば終わるのでしょうか?

息子さんに許してもらうまで謝罪し続けるのですか?
息子さんがまた学校に行って、立ち直ったと思える日ですか?

そして、ママに謝られている息子さんは、どんな気持ちでしょうか?

私も、自分の育て方のせいで申し訳なかったと思っていたことがあります。他の人がこの子のママだったらこんなことになっていなかったかもしれないと……。

ですが、そんな風にママに謝罪される子どもの気持ちをイメージしたことはありますか?

ママに謝罪されるということ

少年出典:www.pakutaso.com

「ママの育て方のせいでゴメンね」と謝られていた子に以前会ったことがあります。その子は、ママに申し訳なかったと謝られた時、自分を否定されているみたいでキツかったと言っていました。

ママの育て方のせいでゴメンね。と謝られるというのは、

「あなたは私の失敗作!」

と言われてるように感じるのです。今の存在の否定です。

それなら、

「私は一生懸命育ててきた。下手くそな子育てだったかもしれないけど、立派に育ってくれてありがとう。」

と言うほうが、子どもだって自分の存在を肯定的に捉えるはずです。

そして、なにより、精一杯やってきた自分の子育てだってもっと自分で肯定してあげてほしいのです。

今からどうしていくか

ハート出典:www.photo-ac.com

過干渉や無理やり命令してきたことを反省しているのなら、今からは本人の意思に任せて自主性を育てる関わり方をすればいいのです。

私も、過去は反省だらけです。
でも今はその反省を生かして、今からどうしたいかを考え、毎日丁寧に生きています。(生きているとか大袈裟ですが)

なので、N子さんも、自己主張をちゃんとできるくらい立派に大きくなった息子さんにきちんと育ってくれたことに感謝の気持ちを持ちましょう。
さらに、息子さんへの謝罪や自分を責める前に、自分も精一杯自分なりに子育てを頑張ってきたということを思い出して胸を張ってください。

そして、N子様、娘さんには過去の子育てについて反省していることをきちんと謝罪した。
そしたら次は、そんな自分をもう許してあげてください。
過去にこうすればよかったなあと思うところは今からの子育てに取り入れ、自分の理想の親子関係を目指してくださいね。
私もそうしています。

お読みいただきありがとうございました。


著者

rika

rika

子育て・夫婦関係など、自分自身の毎日をハッピーにするためにできることをさまざまなテーマで発信 ●Amebaオフィシャルブロガー ●著書「子どもが不登校になったら読む本ーすべて解決できる"笑顔の処方箋"」第4刷増刷 ●ハッピーママサロン「rika's cafe」主宰。ママのためのオンラインサロン運営・講座・セッションなどを開催し、4年で2500名が受講 ●心理カウンセラー