暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

乳首の黒ずみを薄くするクリームの選び方とは?専門のドクターに聞いてみた!

saitaPULS編集部

豊満なバストも理想だけど、いくら十分な大きさのバストでも乳首の色がダークだと美しさ半減。特に妊娠・出産・授乳を経験したママは、この乳首の色問題に悩む人も多いのでは?そこで、皮膚の専門医でバストに関しても詳しいマブチメディカルクリニック院長の馬渕知子先生に乳首をピンクにする術を伺いました!

今回お話をしてくれたのは馬渕知子先生!

東京医科大学医学部卒業後、マブチメディカルクリニックを開院。内科学・皮膚科学が専門であるが、院長を務めるかたわら大学で栄養学を教えることもあり、多面的に人間の体を総合的にサポートする医療を推進しています。

なんで乳首が黒くなるの?

出典:pixabay.com

ピンクにするには、まず乳首がなぜ黒くなるのか、原因を知ることが肝心です。馬渕先生に伺ったところ、わかりやすく教えてくれました。

「乳首が黒くなる原因は、色々あると考えられています。たとえば、加齢などによって皮膚の新陳代謝が悪くなると古い角質だけではなく、本来自然に剥がれ落ちていくはずのメラニン色素も残って蓄積されてしまうので、黒ずんで見えるようになります。それから、摩擦も大きな原因のひとつ。肌の色を左右するメラニン色素は、衣服で肌が擦れたりすると刺激を感知し活性化されます。すると、メラニン色素が過剰に分泌されたり色が濃くなることで黒ずんでしまうことがあります。

ですから、紫外線を長く浴び続けることでも、乳首は黒ずんでしまいます。このメラニン色素は女性ホルモンにも関係しており、女性ホルモンのうちプロゲステロンはメラニン色素を積極的に生産する働きかけをす
ると考えられています。生理周期によって乳首の色合いに変化がみられたり、ピルを飲むことで乳首の黒ずみが増したように見えるのはこのためです」。

乳首の黒ずみは妊娠・出産・授乳が影響する?

出典:pixabay.com

「妊娠すると、だんだん乳首が敏感になっていき、乳首や乳輪が黒ずんできます。これは、妊娠20週くらいから急激に分泌が増す2つの女性ホルモン、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が関係していると言われています。

特にプロゲステロンは、メラニン色素の色素細胞を刺激するのでメラニンの分泌が増加。結果、肌のメラニン色素が増え、色素の沈着が起こりやすくなると言われています。また、授乳については、授乳させることで摩擦が起きるためと考えられます」。赤ちゃんにとって乳首の位置がわかりやすいように黒くなるなんて、神秘的な説もありますけどね。

実は乳首をピンクにする化粧品は基本的に美白化粧品に近い!

出典:girlydrop.com

乳首の黒ずみにメラニン色素が関係していることがわかりましたが、ってことは、美白ケアをすればいいのでは?馬渕先生に伺うと「基本的には正解です。だいたい乳首をピンクにすると謳っている化粧品には、美白有効成分が入っていることが多いですね。美白有効成分はたくさんありますが、代表的なものに、アルブチンやビタミンC誘導体、プラセンタエキス、コウジ酸、エラグ酸、トラネキサム酸などがあります。美白有効成分の主な働きは、

①メラニン生成を抑制すること。
②メラニンの排泄を促進すること。
③メラニンを還元すること。

大きく分けてこの3つです。化粧品に配合される成分としてポピュラーなのはビタミンC誘導体ですね。乳首を黒くする原因となるメラニンに働きかけるわけなので、乳首をピンクにするという化粧品を使うなら、こうような成分が入っているかもチェックしてみてください。

とは言え、化粧品は万能薬ではありません。顔と同じで健康的な肌であることが大事なので、乳首も乾燥を防ぐため保湿を心がけたり、摩擦の少ない下着を選ぶなど、日常生活の中での乳首ケアも心掛けてください」。

人それぞれ肌の色が違うので、当然、乳首の色にも個人差があります。みんな同じピンクになるわけではありませんのでご注意を。そして、乳首も顔と同じように、保湿をすることが大事なんですね。ボディクリームを露出する機会が多い腕や足だけじゃなく、バストや乳首にも塗ってケアすることを習慣化しましょう!

    前日の全体記事ランキング

    1

    Twitterで話題!エアコンの機能を最大限に引き出す裏ワザが本当にすごかった!

    40℃を超える日もある日本の夏は、もはやエアコン無しでは生活ができないほど。 しかし、エアコンを付けているのに全然涼しくならない時ってありますよね。そんな時に役立つ、冷房効率を上げる画期的な裏ワザをご紹介します。

    2

    きゅうりの大量消費レシピ|調味料一つでOK!お家で夏祭り気分が味わえる「きゅうりの一本漬け」

    夏のお祭りで見かけると無性に食べたくなる「きゅうりの一本漬け」。暑い日には味が染みてよく冷えたきゅうりがおいしいんですよね! 今回はそんな屋台で食べる「きゅうりの一本漬け」のレシピをご紹介させていただきます。

    3

    【警視庁発】洗濯物を”早く乾かす”裏ワザを試してみた!秘密は「ペットボトル」を使うんです!

    警視庁災害対策課がtwitterで発信した「洗濯物を早く乾かす裏ワザ」を実際に試してみました。 どの家庭にでもある針金ハンガーとペットボトルを使うだけで、普段より洗濯物が早く乾くというのです。 災害時だけではなく、日常生活にも使えるので知っていると役に立ちますよ! では、実際にやってみたいと思います。

    4

    Twitterで話題!扇風機にアレを取り付けるともっと涼しくなる!?試してみた

    今年の夏も本当に暑いですよね。 この暑さをしのぐために、いろいろなグッズなどが販売されています。 そんな暑さをしのぐ簡単な方法が、Twitterで話題になっています。 それは、扇風機にあるものをセットする方法です。 実際に試してみました。

    5

    薄着の夏に向けて|朝食に1日1杯"やせる出汁"を飲むだけでやせやすい身体に!活用レシピ2選

    夏になり、ダイエットに力を入れてる方も多いのではないでしょうか。食事制限をするダイエットはやりやすいですが、続けるのが難しいですよね。 そんな時におすすめしたいのが、テレビ番組「土曜はナニする!?」でやっていたダイエット外来医師の工藤孝文先生考案の"やせる出汁"です。毎朝一杯飲むだけで痩せやすい身体に変わります。工藤先生自身は-25kgのダイエットに成功したそう! 今回は出汁を使った活用レシピを併せてご紹介します。 ※味覚の感じ方や効果には個人差があります。

    この記事をシェアする

    TOP