暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

全力モーション

フリーライター 映像制作業

スポーツ雑誌記者、編集者を経てフリーのライター、編集者になり、夫との事業で映像制作も行っています。

全力モーションさんの記事一覧

あなたのメイクは「withコロナ」仕様?30~40代のマスクありメイクにも変化が!押さえるべきは眉と素肌ケア

新型コロナウイルスの感染拡大から、私たちの日常は大きく変わり、withコロナを念頭に置いた新しい生活様式の実践を余儀なくされています。 蒸し暑い夏であっても、マスクを日常的に着用することが求められている中、新しい悩みとして浮き彫りになっているのが、メイク問題。私たちのメイクはwithコロナ時代となった今、どう変化しているのでしょうか。

1日60gの野菜が不足している!?「お手軽フード」×「野菜のちょい足し」で激ウマ!簡単すぎる野菜不足解消策

「健康のために野菜を食べなきゃ!」「毎日もっと野菜を食べよう!」と思っても日々の忙しさに追われ、しっかりと料理が作れなかったり、栄養バランスを考える手間がなかったりと、毎日十分に野菜をとり続けるのは容易ではありません。 そこで、発想の転換をしてみましょう。パパッと作れるレトルト商品などを活用し、野菜を簡単にプラスしてみませんか?

熱中症は予防できる!熱中症警戒アラートの日には特に気をつけたい5つのポイント

2020年コロナウイルスによる春の緊急事態宣言の影響で、今年の夏は学習の遅れを補うため、夏休みを短縮したり、夏休みの期間中にも登校日を設けたりする自治体や学校も多いようです。とくに、今年の夏は、長い梅雨が続いたかと思えば、全国的に酷暑に見舞われており、体育の授業や部活動で行うスポーツや運動だけでなく、屋内での授業中、登下校中においても熱中症にかかる危険が高まっています。 家族の健康を守りためにも、今回ご紹介する独立行政法人日本スポーツ振興センター学校安全部が挙げている熱中症予防の大原則をしっかり頭に入れておきましょう。

そのムダ毛処理、肌を傷つけていない?肌に負担をかけないボディシェービングの基本とパーツ別シェービングのコツ

肌の露出が増える夏。ムダ毛処理は欠かせないミッションの1つです。ムダ毛の処理の中でもポピュラーなカミソリによるボディシェービングは、入浴時など日常の中で比較的手軽に行うことができる手法で、「Schick(シック・ジャパン株式会社)」が行ったアンケートでもどの世代でも1位の処理方法として挙げられています。 今回は、ボディシェービングの基本とコツを改めて探ってみましょう。

今すぐ肌がワントーン明るくなる。メイクのりがアップするフェイスシェービングの基本を教えます

美しい肌を保つためにスキンケアに力を入れる人は多いですが、カミソリによるシェービング、いわゆる顔剃りもじつは、お肌にいいということをご存じでしょうか。ムダ毛を処理するだけでなく、肌のトーンを上げたり、触り心地をすべすべにしたりと美肌へのさまざまな効果が期待できるそうです。 今回は、フェイスシェービングの基礎、テクニックをご紹介していきます。

アンダーヘアは剃る?切る?そのまま?人には聞けない正しいV・I・Oのお手入れ方法

夏本番の暑い日が続きますね。そう、汗をかくことによって肌トラブルが増加する季節。ムレて肌トラブルに陥りやすいVIOゾーンが気になることありませんか?人に聞くのは恥ずかしい気がする部位だけに、意外とセルフケアの方法がわからず、何もしていなかったり、お手入れをしていたとしてもベストなケアをわからないままの方も多いようです。 今回はショーツや水着に合わせたVIOの形やおすすめのセルフケアをご紹介しましょう。

「加工食品には健康に悪い」という説は本当?もしも食品添加物がなかったら……

2020年、コロナ禍の真っただ中、忙しく働く私たちの食生活を支えてくれているのが加工食品でもあります。実際、加工食品の売上は前年を大きく上回り、私たちの暮らしには欠かせないものになっています。 しかし、加工食品を使うことに罪悪感やうしろめたさを感じていませんか? 昔から刷り込みのように言われてきた「加工食品には健康に悪い」という説は本当なのでしょうか。そしてなぜ添加物が必要なのかを考えていきます。

おいしい「2 日目のカレー」は大丈夫なの?夏に高まる「細菌性」食中毒の危険性!正しい保存の仕方は

カレーといえば「2日目がおいしい」なんて通説がありますが、カレーの作り置きには要注意なんですよ。 過去3年間の年間食中毒事件数は、いずれも1000件を超え、13000~17000人の人が毎年食中毒に苦しんでいます。暑くなる夏はとくに「細菌性」の食中毒のリスクが高まると言われており、食品の正しい扱い、保存方法など正しい知識が必要です。 冷蔵庫に入れておけば大丈夫、涼しい部屋だから大丈夫……そんな「思い込み」ありませんか?

エアコンをつけているときの換気は?ダイキン担当者に聞く、節電しながら上手な換気方法とは

2020年の夏は新型コロナウイルス対策としてこまめな換気が欠かせません。その一方で温かい空気が室内に流れ込み、室温が上昇することから、熱中症にも気をつけなければなりません。 そこで、今回はコロナ禍における熱中症対策と空調メーカー・ダイキンが考える夏の効率的な換気を取り上げていきます。

献立をラクに考えるための解決策3選!アンケートから見えた自宅での食事増加に伴う悩みとは

毎日の食事作りは、ただでさえ大きな負担。自粛期間中は休校になった子どもたちが自宅にいることで3食の献立を考えなくてはならない人も多かったのではないでしょうか。家族の健康のためにもなるべく料理をがんばりたいと思いながらも、献立を考える手間に悩んでいるあなたにお届けしたい、献立を考えるのがラクになる解決策3選をご紹介していきます。

子どものオモチャ眠ってませんか?「捨てない断捨離」で海外の子どもに貢献ができるキャンペーン

新型コロナウイルスの影響による自粛期間中、自宅の片付けに着手した人も多いのではないでしょうか?  「子どもが昔好きだったオモチャ、捨てていいかな?」 「本人に聞いてからにしようかな」 いろいろ悩んでずっと保管しているなんてもの、結構多いですよね。そういった捨て時がわからないものを送ることで、海外の子ども支援になるキャンペーンがあるんです。

【台風対策3:台風通過後の対応】台風後は布団干しちゃダメって知ってた?通過後の点検、後始末を教えます

台風が来る前は警戒していろんな対策をしたり、片付けをしたりなどする人も多いかもしれませんが、台風が通過したあとの対策を行っている人は少ないのではないでしょうか。備えも大切ですが、じつは通過後の点検や後始末もとても重要なんです。

【台風対策2:台風接近前の対応】窓ガラス、水回り、トイレ、給排気口の対策できてる?風害水害から守ろう

毎年、各地で甚大な被害を出している台風。今年もいつどこに上陸するかわかりません。自分たちの大切な家を守るために万全な備えをしておきたいものですね。 住宅のプロでホームインスペクション(住宅診断)の実績も豊富な『さくら事務所』の監修のもと〝清掃や衛生管理のプロ〟ダスキンが紹介する台風対策をみていきましょう。

【台風対策1:自宅点検】台風による水害と風害に備えよう!自宅でチェックすべき場所はどこ?

ここ数年、毎年各地で猛威を振るい、甚大な被害を及ぼす台風。今年も必ずやってきます。自分の家をしっかり守る備えはできていますか? 大切な家族や、快適に暮らすために必要な財産・住宅を守るために私たちにできる対策を日ごろからしっかり頭に入れておきましょう。 住宅のプロでホームインスペクション(住宅診断)の実績も豊富な『さくら事務所』の監修のもと〝清掃や衛生管理のプロ〟ダスキンが紹介する台風対策をみていきましょう。

「僕は手伝わない」クレラップのCMメッセージの背景|自粛期間に男女の認識のギャップは埋まった?

新型コロナウイルスの影響で外出自粛期間があったことで、多くの共働き夫婦の家事分担に変化がおこっているそうです。 家事や育児の大半を妻がやらなくてはならない? そんなことはありません。今の時代にあった、今の夫婦の在り方を考えてみませんか?

苦いピーマンは大人も苦手!?ピーマンをおいしく食べるコツ&レシピ #大人の野菜克服シリーズ

子どもが野菜を嫌がって食べてくれない。そんな悩みはあるあるですよね。では大人はどうでしょう。じつは食べられない野菜がある……なんて人は結構いるのでは。食べられない野菜があることで困ったことはありませんか? そろそろ克服したい! と考えている人は、必見です! 今回は苦くて青臭いピーマン編をご紹介していきます。

ナス嫌いの人へ|旬のナスをおいしく食べられるコツ&レシピ #大人の野菜克服シリーズ

約4割存在することがわかった野菜嫌いの大人たち。その悩みに着目し、大人が野菜嫌いを克服することで、野菜が家庭の食卓に並ぶ機会を増やすことになり、それが家族みんなの健康的な食事につながります。 西友が展開するWE LOVE VEGETABLESキャンペーンでは、それぞれの苦手な部分を解消し、おいしく食べられるレシピを開発。 今回は皮と中身のギャップや独特の食感、ニオイが気になるナス編です。

野菜嫌い克服研究家に聞くトマトの食べ方&克服レシピ #大人の野菜克服シリーズ

コロナ禍で家で過ごす機会が増えたことから、野菜を使った自炊への関心が高まっています。いくら健康志向が高まっているとはいえ、子どもばかりか、大人であっても野菜が苦手な人が多いのだとか。 そんな野菜嫌いな人たちでもちょっと手を加えることで食べられるようになるかもしれない、そんなとっておきのレシピをご紹介していきます。 今回は、青臭さとドロドロが気になる人が多いというトマト編です。

【筋肉診断付き】コロナ太りどころじゃない!何もしないと30歳前後から徐々に筋肉量が落ちるって本当?

近年、健康志向の高まりからフィットネスや筋トレへの注目が集まる中、新型コロナウイルスの自粛に伴い、運動機会を増やした人が多数いる一方で、「外出機会の減少に伴い日中の活動量が減ってしまった」「元々運動が苦手でより歩かなくなった」など、運動不足から体重の増加を心配する声も少なくありません。ただでさえ筋肉量は衰え、老化の一途。健康な身体を維持するためにも運動への意識を高めていきましょう。

なぜ「レジ袋有料化」?使うだけで社会貢献・環境保護につながるエコバッグ3選

2020年7月にレジ袋全面有料化となり、今ますます注目をされているのがエコバッグ。しかし、そもそもなぜレジ袋が有料化になったのか知っていますか? そういった背景を考えていくと、エコバッグを使う意義がより深まるかもしれません。今回は、使っているだけで、環境保護や社会貢献につながるエコバッグを紹介していきましょう。

  • 1
  • /
  • 3

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP