「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

ちょっと育児ノイローゼ気味!?どうすればいいの…【物知りおばあちゃんの子育てアドバイスvol.6】

家族・人間関係

 ちょっと育児ノイローゼ気味!?どうすればいいの…【物知りおばあちゃんの子育てアドバイスvol.6】

2019.01.23

自分の子どもなのに、毎日の育児にイライラし、疲れ果てて、どうしたらいいのか分からなくなるとき、ありますよね。怒ってはいけない、優しくしてあげたいと思っても、負のスパイラルから逃げ出せずなんとなく育児ノイローゼ気味になってしまうときも…。そんなときこそ、ママやパパにやってほしいことがあると、物知りおばあちゃんは言います。

育児の負のスパイラルから脱する方法

子どもをギュッと抱きしめるハグには、子どもを落ち着かせたり、親のイライラを解消したりする効果があります。これは、「幸せホルモン」や「愛情ホルモン」と呼ばれる「オキシトシン」というホルモンのおかげ。オキシトシンは、ギュッとハグすることで分泌されると言われています。イライラしたり、どうしていいのか分からなくなったら、まずはギュッ! 20秒たっぷりすれば、お互いすっかり落ち着いて、笑顔に戻れますよ。毎日続ければ、負のスパイラルからも脱することができるはずです。

言われてみたら、筆者も、子どもが泣いてどうしようもないとき、ギュッをすることで落ち着かせたり、怒ったときに仲直りのギュッをすることで、ピンチを乗り切ったこともありました。大きくなると、子どもの方がハグを嫌がるようになりますが、そんな時こそ、ちゃんと愛情表現をしてあげたいですね。子どもが帰ってきたら、まずはお帰りなさいのハグ、寝る前にはおやすみなさいのハグ、朝にはおはようのハグ。そう考えたら、ハグする機会はたくさんありますもんね(笑)

監修:子育て心理学協会代表理事:東 ちひろ 文/吉塚さおり

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。

この記事をシェア