「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

【考えた人天才!】子どもの紐付き手袋の画期的なつけ方があったー!!

家族・人間関係

 【考えた人天才!】子どもの紐付き手袋の画期的なつけ方があったー!!

2018.12.29

すっかり冷え込みも厳しくなり、全身防寒して外出する日々…
まだ小さなお子さんには、両手の手袋がつながった
「紐付きミトン」などを使ってあげる機会も多いのでは?

この「紐付き手袋」の正しい(?)着け方、ご存知ですか?

紐はアウターの袖に通す!!!落とさない&引っかからない!!!

紐をアウターの袖の内側に通せばよかったのか…!!!

 

これまで筆者はアウターの上から、
最後に紐付き手袋を着用させていたのですが…
偶然公園で出会ったお子さんは、
両袖から手袋がブラーンとぶら下がっている…!!!

そうなんです、手袋をアウターの両袖に通してから、
アウターを着用させていた
んです!!

確かに、これなら手袋を落とすこともないですし、
首の後ろの紐が遊具にひっかかる心配もなし!
常に子供の手元に手袋がある状態になるので、
気分や状況に合わせて着脱しやすい…とメリットだらけ!!!

 

もっと快適にするなら、こんな工夫も…

とはいえ、首にかけている紐が外れると
袖から紐がだらーんと伸びてしまうのでは…という心配も。

そんな時には、こんな方法が…!

 

 

 

手袋の大きさ・厚みや、
タグの大きさによってこの方法が難しい場合には、
安全ピンやクリップなどを使って
タグに留めればよさそうです♪

 

 

 

 

この方法、私が知らないだけ???と思っていたら、
その後ママ友に「そうやればよかったんだ…!!!」と
驚かれることが頻発。

ネットで調べてみると、
雪国方面にお住いの方は多く取り入れている方法のようです。

知っている方にとっては、「え?いまさら??」な方法ですが、
ご存知ない方には、ぜひオススメしたくて今回ご紹介しました♪
快適な防寒ライフをお過ごしくださいね!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。

この記事をシェア