「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

2018年面白かったのはこの3作品!スナイパー小林が選ぶ(勝手に)ドラマ大賞発表!!

カルチャー

 2018年面白かったのはこの3作品!スナイパー小林が選ぶ(勝手に)ドラマ大賞発表!!

2018.12.31

2018年のドラマを振り返らせて欲しい。まずは(ざっくりと表現するが)LGBTを題材の作品がデフォルトになった。恋愛の新解放区がドラマ界に訪れたのだ。代表作『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)の社会を巻き込んだブームはドラマの火事場の底力を見せてくれた。もうひとつの注目は脚本家の野木亜紀子さん。『アンナチュラル』(TBS系)『獣になれない私たち』(日本テレビ系)と今年は2作品をご担当。彼女の生み出すセリフは先が読めない。「ここでもうこれくるよね?」と予想を裏切る言葉の数々に「おお〜」と驚かされた。そんな2018年放送のドラマで、スナイパー小林が夢中になって視聴した3作品を(興奮気味に)どうぞ!

第3位『女子的生活』(NHK総合)

あらすじ…小川みき(志尊淳)はアパレルメーカーで働くトランスジェンダー。自分を取り巻く周囲の環境との葛藤、そして突然自宅に転がり込んできた同級生・後藤忠臣(町田啓太)との同居生活は……?

年初からワクワクさせてくれる作品の放送に胸が高鳴った。ダイレクトにトランスジェンダーを主役にした作品もけして珍しい時代ではなくなったのだが、どこかに寂しさというか、背徳感のある演出はある。でもこの主人公のみきは、その状況を翻すようにむちゃくちゃ自己肯定力が高かった。今の日本では彼らが生活していくうえで邪魔になることは多々ある。でもそれらもみきは明るく蹴り飛ばすような強さがあったのだ。

「私が好きなのは、きれいでかわいい女の子なの! 靴のかかとを踏みつぶしているような、きったねえ男なんか触りたくもない!!」

かっこよかったなあ。女性たちの代弁でもあるセリフの数々に胸打たれた。

今年ブレイク俳優と名高い志尊淳さんの、女性がひれ伏す完璧なまでの女装もお見事だった。手足が細くて長いことはもう改善の余地がないので、真似をしようとも思わないけれど、所作やスタイリングは見習おうと思った。

インパクトのある内容なだけに放送終了後は毎回トレンドにこの作品名が挙がった。ここのところ『ねほりんぱほりん』『チコちゃんに叱られる!』で攻めの姿勢を見せてくるNHK。その一貫にこの作品があったのだと思うと、一歩先へ踏み込んできたな、と思う。ただ全4回の放送が少なすぎたので、できれば次回はもう少し長めの放送をお願いしたいところだ。

ここのところ年初の土曜ドラマにヒリヒリとした作品をぶっこんでくることが多いNHK。ちなみに2017年は毒母愛をテーマにした『お母さん、娘をやめていいですか?』が1月から始まって、年初早々に背筋を凍らせた記憶がある。斉藤由貴さんの怪演は無敵だ。そして2018年は『女子的生活』、2019年は柳楽優弥さん主演の『母、帰る〜AIの遺言』(1月5日(土)21時〜)を予定。こちらも楽しみ。

第2位『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS系)

あらすじ…セレブ家庭の子供たちが通う英徳学園の江戸川音(杉咲花)。実は父親の経営する会社が倒産した“隠れ庶民”。 学園のヒーローなのに実は“ヘタレ男子”神楽木晴(平野紫耀)。そんな二人のラブストーリー。

saita PULS読者世代のみなさまも、今年の春はこの作品を見ていたのではないでしょうか。私は腰を据えて毎週じっくりリアタイを決行。今思い返しても外堀固めからしっかり構築できていた作品だった。

もともとは現代女性であれば一度は読んだことのある人気漫画が原作。今から13年前『花より男子』(TBS系)に井上真央主演でドラマ化された作品の続編となれば、当時青春の真っ只中にいたお母さん世代は見ないわけにはいかない。あの頃のときめきが蘇ってくるのだ。そして同じように我が子たちが『花晴れ(花のち晴れ〜花男 Next Season〜、略)』へ夢中になる。これ2018年の秋ドラマで好成績を残した『今日から俺は!!』(日本テレビ系)現象に近い。世代を超えて楽しめるパターンだ。

そして蓋を開けて中身を見れば、庶民の女子高生がセレブの子息に愛されて、ロミジュリのラブストーリーを駆け抜けていく。あれこれ表現がうるさくなったこの時代にクレームも多かったと思うけど、この手の話、女子は大好物であることは間違いない。そしていつも絶妙なタイミングでかかる主題歌、King & Princeの『シンデレラガール』。そうこの作品は全女性視聴者をシンデレラにしてくれた。まだガラスの靴は見つかっていないのは、続編があるという期待にしておこう。

「え〜、スナイパー小林さん。エンタメ評とか書いていて『花晴れ』ですか!」と突っ込みを受けそうだけど、こちらの企画は私の主観で選んでいるので許してほしい。中年女子をただの女に引き戻してくれた作品に拍手を!

第1位『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』(フジテレビ系)

あらすじ…漁師の柴門暖(ディーン・フジオカ)は漁船遭難から帰還した直後、理由もわからないまま、結婚式の最中に逮捕されてしまう。そして海外の留置場で拷問を受けて8年後、日本に帰国すると以前取り巻いていた環境は一変。モンテ・クリスト・真海と名前を変えて、自分を陥れた犯人を探す復讐劇を始める。

ディーン・フジオカといえば朝ドラ『朝が来た』(NHK総合・2015年)の、五代様役で大ブレイク。上品なムードを醸し出すにはもう彼だろうと太鼓判を押したくなるほど、大ハマりしていた。その後はどS上司役、執事など様々な作品で彼を見たけれど、個人的に気持ちが失速していた。それほど五代様の役が強烈だったのか、それともご本人が「何を演じてもディーン様!」の強い存在を放っているのか?

そんな気持ちがワントーン沈んでいるところに来て『モンクリ(モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―、略)』の主演。最初は静かに視聴していたものの、だんだん目が離せなくなってくる。

物語は人間同士の腹黒さが随所にうごめいている作品だ。登場人物が全て闇を抱え込んでいる。真海は膨大な資産とそして自分をすべて復讐のために費やす。彼が仕掛ける伏線、すべてが悲しかった。

自分の愛する人を奪って結婚していたかつて信頼していた幼なじみを、自殺未遂へ導く。地上げ屋になって自分の母親を死まで追い詰めていた、地元の先輩の妻を近親相姦にいざなう。そして“暖”を奈落の底へ突き落とした犯人の家族を崩壊。すべてを奪った。

第3話の放送が終了した頃からドキドキが止まらない。最高視聴率は7.4%だったけれど、そこには反映されないSNSなどでの視聴者の人気を着実に獲得して最終回は異例の2時間スペシャルとして放送されたのだ。

すべて見終えた後、抜け殻のようだった。中には幸せになった人もいたけれど、結果的にはどんなことをしても復讐劇にハッピーエンドは迎えられないし、悲哀が残ったから。そしてディーン様はスーツを纏った高貴な姿が似合うと改めて胸を高鳴らせてくれた。2018年、一番面白かったです! ごちそうさまでした!!

プロフィール
スナイパー小林/小林久乃
ライター兼編集者。ドラマヲタが高じてウエブ『マイナビニュース』『テレビドガッチ』でエンタメコラムを連載中。男性ファッション雑誌『2nd』にて「ちょっとどーなの?お洒落メンズ』にて辛口連載も。ついでに書籍や写真集もバンバン、ガンガンとディレクションする働き者。静岡県浜松市出身の独身。近況はツイッター@hisano_k

イラスト/小関恵子

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。