暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

【コストコ】1個あたり20円!?ポーションタイプのオリーブオイルがお得なうえにとっても優秀♡

parfum

今や、ほとんどのご家庭で常備されるようになったと思われる、オリーブオイル。

パスタやおうちフレンチを作るときなどに重宝するけれど、うちではなかなか使うタイミングがなくて、劣化が気になる、という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ミニオリーバの魅力とは♡

そんな時にオススメなのが、コストコで購入できる、
ポーションタイプのオリーブオイル、ミニオリーバ♡

お値段は100個入って、約2000円なので、
1ポーションあたり、約20円!!となります♡


オリーブの実を模した、ころんとした見た目がおしゃれで、見たことのないほど可愛いビジュアルですが、れっきとしたスペイン産のオリーブオイルなんです。
エキストラバージンオリーブオイルとのことなので、バケットに塗ったり、サラダにかけたり、生でいただくのにもぴったり♡

ポーションは、茎にあたる部分をひねってちぎり、実の部分を押せばオリーブオイルが出てくる仕組み。

そんなレア感漂う、コストコのポーションタイプ、
オリーブオイルのミニオリーバ。

オススメポイントは3つ!なんです。
以下にご紹介いたしますね。

①大さじ1弱の容量で、わかりやすく使いやすい!
1個の容量が14mlとのことなので、ちょうど大さじ1を少し切るくらい…使う量の目安としてもわかりやすいですよね!
決して多すぎないので、余らせることもなくキレイに使い切れるのも、ポイント高いです!

②使い切りサイズなので、酸化知らず!
①でも触れましたが、まさに使い切りサイズなので、大きなボトルのオリーブオイルを買った時と比べても、酸化知らず!
開けた瞬間から酸化が始まると言われる、オリーブオイル、なるべくフレッシュに使いたいから、使い切りポーションタイプは正解◎


③持ち運びが可能なので、アウトドアごはんにもぴったり!
バーベキューなどで、仕上げにオリーブオイルを垂らしたーい!と思うことはあっても、なかなか瓶のオリーブオイルを持参するのはハードルが高い…
でもこのミニオリーバなら、手軽に必要なだけのオリーブオイルを持参でき、ゴミも少ししか出ないのだから、まさにアウトドアごはんに最適!

SNSでも人気ぷりが伺えます!

SNSでも、かなりの人気なのが伺えます♡











ちょっと変わったミニオリーバの使い方をされている方も!



コストコ店頭でも、SNSでも大人気のミニオリーバ♡
100個入りは多いけれど、お友達におすそ分けしても喜ばれるから、これは絶対買い!ですよ♡

酸化知らず(ボトルタイプ比)なミニオリーバ、
コストコに行ったらぜひチェックしてみてくださいね!

前日の全体記事ランキング

1

【夏のフットネイル】ネイルシールって実際どうなの?半信半疑で使ってみたら……やり方と持ちの良さをレポート

サンダルを履く機会が増える夏に必須なのがフットネイル。なるべく外出を控えたい今、手軽なのは自宅でできるセルフネイルですが、単色塗りになりがちなのと、落ちやすいのがストレスですよね。そこで、貼って削るだけでおしゃれなネイルアートが楽しめるフットネイルシールを試してみました!

2

毎日たった4分で体が確実に変わる!「フランス式膣トレ」実践しよう【後編】

パーソナルトレーナーのベルジェロン容子です。 産後出会ったフランスの「膣トレ」を日本でも自宅で簡単にできるようにしたいと「フランス式膣トレ」を考案しました。 「膣トレ」は筋トレです。膣を意識することで鍛えられるのは骨盤底筋からみぞおちにかけてのインナーマッスル。見えない部分の筋肉群です。前回の【前編】でチャレンジした2か所に続き、今回は最後の穴“経口”部分を2種類のイメージを使って動かしていきます。「フランス式膣トレ」で女性の大切な部分をきちんと整え、数多ある「膣トレ」の効果をあなたの心身でぜひ体感してください! フランス式膣トレ【前編】  さぁ、「フランス式膣トレ」を始めましょう。

3

寝苦しい夜でも快眠できる方法5選|冷房が苦手な方でも快適に眠れる工夫

夏になると、毎晩寝苦しい日々が続きます。でもエアコンが苦手な方も多いかと思います。そんなときに手軽に暑さを和らげることができるグッズや方法をご紹介します。

4

【夏の食中毒対策】水筒をいつも清潔に保つ洗い方【動画付き】

夏になると食中毒のリスクが高まります。 子どもたちに持たせたり、何気なく使用している水筒にもその脅威は潜んでいるのです。 健康な毎日を過ごすためにも、毎日の水筒ケアを確認していきましょう。

5

【徹底比較】100均で買えるゴミ袋のコスパ・使いやすさを比べてみた!レジ袋有料化でゴミ袋どうする?

2020年7月1日より、全国でプラスチック製の買い物袋の有料化が始まりました。資源・廃棄物制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの環境問題と向き合うため、有料化を通じて、プラスチックの過剰な使用を抑えようという意識改革が求められています。 エコバッグ生活には慣れてきたものの、スーパーやコンビニエンスストアでレジ袋をもらわなくなると不都合に感じるのが、“自宅のゴミ袋がなくなる”ということ。「今までレジ袋をゴミ袋として再利用していたのに、どうしよう?」という声も多くあがっているそうです。なるべくプラスチック製の袋の使用回数を減らそうと工夫はしつつも、生ゴミをまとめるときなどは、衛生面の観点から引き続きビニール袋が必要なシーンも……。そんなときのために、賢くストックしておきたいですよね。 そこで今回は、ダイソー、セリア、キャンドゥの100円ショップで販売されている、さまざまなゴミ袋をまとめてみました。サイズやコスパなどを比較し、家庭で使いやすいビニール袋をタイプ別でご紹介します。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP