「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

“うさピヨ”を応援しよう!【東京ディズニーシー】2019「Tip-Topイースター」ハーバーショー

ライフスタイル

 “うさピヨ”を応援しよう!【東京ディズニーシー】2019「Tip-Topイースター」ハーバーショー

2019.04.24

東京ディズニーシーでは、4月4日(木)から6月2日(日)までの期間、「Tip-Top イースター」と名付けたハーバーショーを開催。新しいキャラクターの“うさピヨ”とディズニーの仲間たちがショーを盛り上げてくれます。そんなショーの見所と意外と知られていないとっておきの鑑賞スポットなどを紹介します。

今年のイースターはテーマを一新!「ヘンテコ楽しいイースターショー」

今年の東京ディズニーシーのイースターは、テーマを一新。初登場となる“うさピヨ”を仲間に加え、ディズニーの仲間たちとヘンテコ楽しいディズニー・イースターショーを開催します。そもそも“うさピヨ”とは、ヒヨコが描かれたイースターエッグから誕生したキャラクター。その誕生秘話は、イースターの準備をしていたミッキーマウスがヒヨコの絵が描かれたイースターエッグを発見したことから始まります。そのイースターエッグにミニーマウスとデイジーダッグがうさぎの耳を描き加えたところ…イースターエッグから“うさピヨ”が生まれたんです! いくつもあるイースターエッグから次々と‟うさピヨ”が生まれて、イースターのショーに仲間入り。生まれたてでピュアな‟うさピヨ”がディズニーの仲間たちと繰り広げるヘンテコ楽しいハーバーショーなんです。ミッキーたちは‟うさピヨ”と一緒に遊ぼうと、ダンスコンテストなどの楽しい遊びを繰り広げます。バラエティ豊かなエンターテイナーたちが、さまざまなパフォーマンスを披露。すると、まだどこかあどけない‟うさピヨ”が、キレッキレ…とは言えないけれど、一生懸命でユーモラスなダンスで応えます。どこか微笑ましい‟うさピヨ”を、ディズニーの仲間たちが、そしてゲストがみんな応援! 春の祭典はのっけから大盛り上がり!

「Tip-Top イースター」に登場するディズニーの仲間たち

頑張って歌う‟うさピヨ”たち。

ミッキーマウスとダンサーたち。華麗なダンサーの動きにも注目。

イースターの衣装をまとったミッキーマウスとミニーマウス。今年のイースターからミッキーマウスとミニーマウスの顔が変わると話題に。顔変わってる?とわかる人はツウですね。

観客たちに近寄ってショーを盛り上げるドナルド・ダック。

”うさピヨ”とダンスを踊るプルート

”うさピヨ”たちとミッキーマウスとミニーマウスが仲良くダンシング。”うさピヨ”頑張って踊って〜。ピヨピヨ…

やさしい色合いのイエローな体で元気いっぱいの‟うさピヨ”たちと、POPないでたちで颯爽とダンスを踊るミッキーマウスとミニーマウス。やわらかな春の日差しのなか、みんなが心躍らせるワンシーン。

ショーでは、ダンサーたちによるマジックショーも。あっ!胴体がない!

ショーも終盤。‟うさピヨ”たちは、すっかり仲良くなったミッキーマウスとミニーマウスと一緒に帰っていきます。巨大‟うさピヨ”フロートの可愛い笑顔に注目ですね♪

生まれたばかりの”うさピヨ”たちや、ポップなジャケットと、クリームカラーのズボンを身にまとったミッキーマウス。ミッキーと同じクリームカラーのワンピースにピンクのボレロで登場したミニーマウス。ドナルドダック、デイジーダック、グーフィー、チップ&デール、プルート、ダッフィーと仲間たちと、ディズニーの仲間やダンサーたちが総勢130人登場します。

意外と知らない穴場!実はハーバーショーをゆっくりみるなら「ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ」

ザンビーニ・ブラザース・リストランテに行ったことがことはありますか?ここは東京ディズニーシーのメディトレーニアンハーバーから右手に行くとあるイタリアンレストラン。東京ディズニーシーの中でも一番リーズナブルにイタリアンが楽しめるんです。2階の窓際にはテラス席があり、ちょうどショーがよく見える位置なんです。2階なので上から見下ろすカタチになりますが、さえぎるものが何もなく、ゆったりと鑑賞できますよ。ショーの音楽と雰囲気を楽しむにはもってこいです。ハーバーショーが始まる1時間くらい前から入店し、ランチを食べて、ゆったり見るのがいいかもしれません。予約はいらないので、キャストに尋ねてみてくださいね。

いかがでしたか? 他にも、メディトレーニアンハーバーのミッキー広場、リドアイル、ザンビー二・ブラザーズ・リストランテ前などが鑑賞スポットとして狙い目です。また抽選で当たる観覧席もあるので、興味があればそちらも! 新しく加入した‟うさピヨ”でショーは大盛り上がり必至!なので、ぜひ彼らに会いにいってみてくださいね。

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。

この記事をシェア