「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

「自分を振った相手を見返したい!」そう思うのは、実は〇〇なんです!【脳科学者に聞いた!vol.15】

カルチャー

 「自分を振った相手を見返したい!」そう思うのは、実は〇〇なんです!【脳科学者に聞いた!vol.15】

2019.05.16

「自分を振った相手を見返したい」と、自分磨きに励んでいる人、いませんか? これを読めば、そんな努力は今すぐやめようと、あっさり思えるはずです。

「あの人を見返してやりたい」そう考えるのは、あの人の思うツボです

 ものすごく仕事を頑張っている男性が、その理由を聞かれ「自分を振った彼女を見返してやりたいから」と答えました。「やっぱり彼についていけばよかった」と後悔させたいというのです。
 これは、いまだに「自分を振った相手に褒められたい」と言っているのと同じ。つまり、恨んでいるその人の基準で自分の人生を見てしまっており、恨んでいる人にコントロールされていることになります。
 しかも、たぶん彼女はその男性のことなど忘れています。まるで一人芝居のように、恨んでいる相手に自らコントロールされるという二重にバカバカしいことをやっているわけです。
 大事なのは、そういう自分のスタンスを変えること。さもないと、いつまでも恨みの感情は消えません。

『あの人の心を見抜く脳科学の言葉』好評発売中

中野信子(なかの・のぶこ)
脳科学者、医学博士、認知科学者。横浜市立大学、東日本国際大学などで教鞭を執る。脳科学や心理学をテーマに研究や執筆活動を行うほか、その知見を生かしてテレビや雑誌でも活躍。社会問題やビジネス、カルチャーなど、幅広い分野を、科学の視点で読み解く語り口が人気。

カリスマの言葉シリーズ#015『あの人の心を見抜く脳科学の言葉』
価格:680円(税込:734円)
出版社:セブン&アイ出版
購入はこちら
第14回はこちら
第16回はこちら

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。

この記事をシェア