暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

他人の不幸に喜びを感じる瞬間って、性格が悪いんじゃないんです!【脳科学者に聞いた!vol.16】

saitaPULS編集部

人には、他人の不幸に喜びを感じる瞬間があります。「それって、性格が悪いんじゃ…」と思うかもしれませんが、実はそうでもないんです。 

どんなに立派な人でも「他人の不幸は蜜の味」なのです

「他人の不幸は蜜の味」という感覚は、国や人種を問わずにあります。
 ただ、それはかっこいいことではないので、「自分もそうだ」と堂々と認める人はほとんどいません。
 しかし、最近の研究で、人間の脳にはもともと他人の不幸に喜びを感じてしまう場所があるということがわかってきました。つまり、性格が悪いのではなく、脳の問題だということです。
 とくに、普段から「不公正なことをする人だ」と感じている相手に不幸があると喜びが大きくなります。女性より男性にそれが顕著です。だから、誰の目から見ても不公正な人に悲劇が起きたときに、「気の毒になあ」などと同情している男性がいたら、「嘘つきかも」とちょっと疑ってみていいかもしれません。

『あの人の心を見抜く脳科学の言葉』好評発売中

中野信子(なかの・のぶこ)
脳科学者、医学博士、認知科学者。横浜市立大学、東日本国際大学などで教鞭を執る。脳科学や心理学をテーマに研究や執筆活動を行うほか、その知見を生かしてテレビや雑誌でも活躍。社会問題やビジネス、カルチャーなど、幅広い分野を、科学の視点で読み解く語り口が人気。

カリスマの言葉シリーズ#015『あの人の心を見抜く脳科学の言葉』
価格:680円(税込:734円)
出版社:セブン&アイ出版
購入はこちら
第15回はこちら

    前日の全体記事ランキング

    1

    【洗濯の裏ワザ】うっかりつけたボールペンのインク汚れは「ご飯粒」が解決してくれる件!

    白いシャツを着ているときに限って、汚してしまうことはありませんか? 胸ポケットに先を出したままボールペンを入れたままにしてしまったり……。 汚れの中でも、ボールペンのインクってなかなか取れないですよね。 そんな時の救世主は、以前TV番組「ソレダメ! 〜あなたの常識は非常識!?」でやっていた「ご飯粒」を使った落とし方。早速、私も試してみました。 液体洗剤と混ぜて汚れ部分にこするだけでみるみるうちに汚れが消えていくんですよ~。 驚きの方法を紹介します。

    2

    鶏むね肉をやわらかく仕上げるコツは?節約したいけどがっつり食べたいときのピリ辛鶏むね肉おかず2選

    ヘルシー食材の代表格といえば"鶏むね肉"。 低カロリーで高たんぱく質に加えてリーズナブルなので家計にも優しいです。 その一方でパサパサの食感が苦手という人も多いのではないでしょうか? そこで、ひと手間加えるだけでふんわり仕上げることのできるワザをご紹介します。 今回は、そのワザを使って韓国風の「ヤンニョムチキン」と「タンドリーチキン 」の2品を作りたいと思います。 どちらも簡単に作れるので忙しいときにもぴったりなレシピです。

    3

    「酸っぱいキウイ」を甘~くする裏ワザ試してみた!「えっ、カットして冷蔵庫に入れるだけ⁉」

    栄養価の高いキウイは、ビタミンCも豊富に含まれているので風邪などが流行る季節に積極的に食べたいですよね。でも酸っぱいキウイは苦手、という方も多いのでは? 酸っぱいキウイを簡単に甘くする2つの方法を試してみたので、ご紹介します!

    4

    【免疫力アップ】でコロナに負けない体作り!調理いらずで手軽に食べられるおすすめ第1位は?

    新型コロナウイルス再流行への警戒は続いていますが、最近では経済活動が徐々に再開され、人の往来が戻りつつあります。そこで、感染から身を守るために「免疫力」への関心が高まっています。 長い自粛期間が続く中、「免疫力」を高めるために、みんなはどのような工夫をしているのでしょうか。さっそく、みんなが実際に実践している「免疫力アップ」の具体的な対策を見ていきましょう。

    5

    【家事ヤロウレシピ】「えっ、目玉焼きの醤油煮⁉」…作ってみたらウマ過ぎた!「染み卵黄」レシピも紹介

    毎日の食卓に欠かせない「卵」。皆さんどう調理されることが多いですか? 卵焼き、目玉焼き、ゆで卵など調理方法も様々ですが、今回ご紹介するのは簡単に卵が劇的においしくなるTV番組「家事ヤロウ」で紹介されていた「卵を使った簡単レシピ」。 しかも、焼いたり、煮たりするだけなんです。 簡単に作れて失敗しない!  早速試しに作ってみました。

    この記事をシェアする

    RECOMMEND

    CATEGORY

    RANKING

    TOP