「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

プチプラのダウンを自宅で洗う方法!クリーニングに出さなくても驚くほどきれいになる!

家のこと

 プチプラのダウンを自宅で洗う方法!クリーニングに出さなくても驚くほどきれいになる!

2019.05.09

衣替えの季節です。プチプラのおしゃれ着は、できれば自宅で洗濯したいものですが、クリーニングに出してしまうことも多いですよね。
なかでも、ダウンジャケットは「洗濯の仕方が分からない」「ダウンを傷めないように洗うのが大変そう…」と、自宅での洗濯を躊躇してしまいがち。
そこで、ユニクロの『ウルトラライトダウン』を例に、簡単にできて、きれいに仕上げる洗濯のコツを家事アドバイザーの毎田祥子さんに伺いました。

洗いもすすぎも脱水も とにかくやさしく扱って

出典:www.photo-ac.com

「一見汚れていないように見えても、ワンシーズン着ると食べものや皮脂の汚れがついています。しまう前にきれいにしておかないとカビや虫食いの原因に」と毎田さん。
 プチプラおしゃれ着洗いでは、「傷みやすい生地の場合が多いので、生地同士がこすれ合わないよう、すべての工程でやさしく扱う」ことが重要だそう。「洗濯機を使うなら、『ソフト』や『ドライ』の表示になっている弱水流のコースをおすすめします」
 ただし、「自宅での洗濯はあくまで自己責任」。新しくなった洗濯表示も確認しましょう。

衣替えのときのおしゃれ着洗い 3つのルール

出典:www.photo-ac.com

1 基本的には中性洗剤を使用
生地によっては合成洗剤ではダメージをあたえてしまうことも。特に天然素材はデリケートなので、おしゃれ着洗い用の中性洗剤が基本です。柔軟剤も使用するのがよいでしょう。

2 1枚ずつ洗濯するのがベスト
服がこすれ合うと服を傷める原因になりますし、色落ちにも気をつけなくてはいけないので、おしゃれ着は洗濯機でも手洗いでも1枚ずつ洗濯するのがおすすめです。

3 手洗い表示の服は脱水時間にも注意
洗濯表示が“手洗い”の服は、生地がデリケート。脱水時間は短く、15秒〜1分程度におさえます。ぴったリサイズの洗濯ネットに入れて生地がこすれないようにするのも重要。

ユニクロ「ウルトラライトダウン」洗う3ステップ ダウンを傷めないようにもむ・しぼる・こするはNG

1 洗濯ネットに入れて弱水流コースで洗う
ファスナーは閉めて洗濯ネットへ入れ、洗濯機の弱水流コースで洗います。中性洗剤を適量溶かしたぬるま湯(30度以下)が望ましいです。

2 乾いたバスタオルを一緒に入れて脱水
洗濯機での脱水時に乾いたバスタオルを1枚加えると、ダウンの水分を吸ってくれて乾燥時間の短縮に。くるむようにするとより効果的です。

3 脱水後すぐに風通しのよい日陰で干す
形を整え、風通しのよい日陰で干します。中までしっかり乾くよう、2、3日干すのがよいでしょう。ダウンが寄っていたら乾いてからほぐして。ダウンがちぎれてしまうので、強くもむのは厳禁です。

しまうときはファスナーを閉めて、ダウンをつぶさないようにたたんでしまうか、肩の跡がつかないハンガーに吊るして洋服カバーをかけておきます。

ダウンジャケットは、ほんの少し手間をかけるだけで、洗濯機で簡単に洗えるんです。クリーニング代が節約できて、家計にも嬉しいですね。

監修/毎田祥子(家事アドバイザー)

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。

この記事をシェア