暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

【幼稚園7月号】の付録はセブンティーンアイス自販機!?今回も再現度がハンパない!!

✨悠美✨

小学館が発刊している【幼稚園7月号】。付録が毎回ぶっ飛んだ内容ですごくおもしろいんです! 7月号の付録は、なんとあの「セブンティーンアイス自販機」!? さっそく実際に購入してみました!

小学館『幼稚園』7月号980円(税込)

今月の付録はまさかの「セブンティーンアイスじはんき」。さっそく作ってみます!

Amazonでの購入はこちらから

実際に「セブンティーンアイスじはんき」を作ってみた

筆者の子どもは5歳、3歳、2歳です。先月『幼稚園』6月号を購入して渡したところ、本当に喜んでいました。『幼稚園』6月号についてはこちら。すごく喜んでいる姿を見たため、筆者は7月号の『幼稚園』も購入してみました。
7月号を見た瞬間、子ども達は「このあいだ食べたアイスの自動販売機がついてる!」と喜んでいました。

今回の付録の「セブンティーンアイスじはんき」ですが、作るのはなかなか難しく、手間がかかりました。本体もさることながら、アイスをちまちまと計12個作るのは正直しんどい…。ですが、完成品はかなり立派ですし、子ども達も大喜びしていたので良しとしましょう。

「セブンティーンアイスじはんき」で実際に遊んでみました!

なんと、しっかり押しボタンもついています。上部から作ったアイスをいれておくと、このボタンをおした時点でアイスが落ちてきます。
アイスの取り口は下部。そこから小さいアイスがでてきます。

先日、子ども達とセブンティーンアイスを本物の自動販売機で購入しました。その記憶が残っていたようで、大興奮で遊んでいました。

小さいアイスも、「これは●●味で、これは見たことがあるね」と言いながら「じゃあ買ってくるね」と言って購入していました。

小学館の公式な遊び方もUPされていましたね。

いかがでしたか?

幼稚園の付録は毎回本当にクオリティーが高いですね!
今回も期待以上の出来でした。

気になった人はぜひチェックしてみてください。

前日の全体記事ランキング

1

【夏の食中毒対策】水筒をいつも清潔に保つ洗い方【動画付き】

夏になると食中毒のリスクが高まります。 子どもたちに持たせたり、何気なく使用している水筒にもその脅威は潜んでいるのです。 健康な毎日を過ごすためにも、毎日の水筒ケアを確認していきましょう。

2

オキシクリーンで換気扇を掃除!オキシ漬けするだけでギトギト油がこんなにもキレイに!失敗しない方法は?

換気扇やレンジフードまわりの掃除はどれくらいの頻度で行っていますか? しばらく放置したままにしておくと、油とホコリが混ざり、ギトギトした汚れがこびりついて取れにくくなってしまいますよね…。 そこで、強い味方になってくれるのがコストコなどで購入できる「オキシクリーン」です。オキシクリーンは酸素系漂白剤で、汚れのみに効果を発揮して洗浄ができる万能な洗剤と言われており、さらには消臭効果も期待できます。今回は、オキシクリーンを使用した換気扇掃除の仕方と、失敗しないための注意点をご紹介します。

3

【徹底比較】100均で買えるゴミ袋のコスパ・使いやすさを比べてみた!レジ袋有料化でゴミ袋どうする?

2020年7月1日より、全国でプラスチック製の買い物袋の有料化が始まりました。資源・廃棄物制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの環境問題と向き合うため、有料化を通じて、プラスチックの過剰な使用を抑えようという意識改革が求められています。 エコバッグ生活には慣れてきたものの、スーパーやコンビニエンスストアでレジ袋をもらわなくなると不都合に感じるのが、“自宅のゴミ袋がなくなる”ということ。「今までレジ袋をゴミ袋として再利用していたのに、どうしよう?」という声も多くあがっているそうです。なるべくプラスチック製の袋の使用回数を減らそうと工夫はしつつも、生ゴミをまとめるときなどは、衛生面の観点から引き続きビニール袋が必要なシーンも……。そんなときのために、賢くストックしておきたいですよね。 そこで今回は、ダイソー、セリア、キャンドゥの100円ショップで販売されている、さまざまなゴミ袋をまとめてみました。サイズやコスパなどを比較し、家庭で使いやすいビニール袋をタイプ別でご紹介します。

4

【料理の裏ワザ】冷めてシナシナになったフライドポテトをサックサクに復活させる方法

みんな大好きなフライドポテト。揚げたてのフライドポテトは、本当に美味しいですが、少し時間が経ってしまうと、急激にシナシナになってしまいおいしさが半減してしまいます。 ですが、「シナシナになったフライドポテトを復活させる裏ワザ」が、じつはあるんです。

5

蚊に刺されないための3つのポイント|今年はコレで徹底予防!

夏になると現れる「蚊」。できれば刺されたくないですよね。もちろん虫除けスプレーは使うけれど、それでも刺されてしまうから厄介……。少しでも刺されにくくなるための「3つのポイント」をご紹介します!

この記事をシェアする

TOP