「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

“日本一”のオムライスを決めよう!楽しく、おいしく食べ比べ「カゴメ オムライススタジアム 2019」

料理・グルメ

 “日本一”のオムライスを決めよう!楽しく、おいしく食べ比べ「カゴメ オムライススタジアム 2019」

2019.05.18

5月18日(土)・19日(日)に東京・ららぽーと豊洲にて、『カゴメ オムライススタジアム 2019』が開催されます。
全国各地のオムライス自慢の店舗のなかから選ばれた10店舗が集結!
オムライスを美味しく食べ比べながら、日本一だと思う店舗に投票できます。

生クリームたっぷりから、“ブラックオムライス”まで! バリエ豊富!

全国から集まった、バリエーション豊かなオムライスたち。日本一を勝ち取るのはどれ!?

前回優勝した愛知県の洋食店による『生クリームたっぷりのオムストロガノフ トロトロポークのせ』

北海道の食材をふんだんに使った『阿寒ポークの釧路産サラダパプリカのラタトゥイユオムライス チーズソースがけ』

日本生まれの洋食のひとつ、オムライス。とろりとした卵と相性抜群のケチャップごはんが魅力の、大人にも子どもにも人気のメニューです。
『カゴメ オムライススタジアム 2019』は、そんなオムライスの日本一を決定する参加型イベント。イベントに先駆けて行われた発表会に並んだのは、書類選考・地方大会を勝ち抜いたこちらのオムライスたち!

前回優勝したのは、愛知県名古屋市の「洋食のことこと屋」。「前回と同じではつまらないから」と、今回は内容をガラッと一新。自慢のリゾットライスには、とろりとした半熟卵、スペイン産ポークをとろけるように柔らかく煮込んだストロガノフ、チーズフォンデュ、生クリームがON。とろとろのリッチな洋食の味を堪能できます。

また、阿寒ポーク、釧路産のパプリカなど、北海道産の食材をふんだんに使ったオムライスも。ハワイの調理法を参考に、3時間蒸し焼きにした阿寒ポークは、うまみがギュッと凝縮! おいしさが詰まっています。

そのほかにも、見た目のインパクト抜群の北陸代表『海老の極み!金澤ブラックオムライス』や、ボリューム満点でおなか大満足の『とろーりラクレットチーズのスコッチEGGオムライス』など、バリエーション豊かなオムライスが大集合! あなた好みのオムライスがきっと見つかります。

家庭で作れる、“お悩み解決”オムライスも表彰!

出典:www.kagome.co.jpケチャップライスの上に半熟のスクランブルエッグを乗せてオーブントースターへ入れれば、巻かずにきれいに!

出典:www.kagome.co.jp卵かけごはんを焼くという新発想で、手軽に、時短に!


出典:www.kagome.co.jpオムライスをライスバーガー風にアレンジ!

出典:www.kagome.co.jpピザ風にして、フレッシュな野菜をたっぷりと

出典:www.kagome.co.jp1個のフライパンで完成! 野菜とチーズがおいしい、オムスタ2019おすすめレシピ「オープンオムライス」

カゴメ株式会社の調査によると、いざ自分が作るとなると、オムライスは意外と悩ましいメニューなのだそう。代表的なのが、「卵でうまく包めない」「手間がかかる」「いつもと同じになってしまう」「野菜がとれない」というお悩み。

『カゴメ オムライススタジアム2019』の「個人部門」では、そんな悩みを解決できるレシピを発表。1月21日〜2月4日にレシピサイト『クックパッド』にてレシピを募集し、全国から寄せられたレシピのなかから、秀逸な4レシピが選ばれました。
詳しいレシピはこちらへどうぞ♪→カゴメ オムライススタジアム 2019「個人部門」受賞結果WEBサイト

また同サイトでは、4つの悩みを一挙に解決した究極メニューも公開中! イベントを主催したカゴメ株式会社オススメの『オープンオムライス』です。卵で包まない、時短・新しい・たくさんの野菜が摂れるレシピなので、ぜひチェックを♪
『カゴメ オムライススタジアム 2019』オススメレシピWEBサイト

●カゴメ オムライススタジアム 2019

日程:2019年5月18日(土)~19日(日)11:00~19:00
会場:アーバンドック ららぽーと豊洲 シーサイドデッキ(中庭)
住所:〒135-8614 東京都江東区豊洲2-4-9
入場料:無料 ※オムライスの購入は一皿あたり700円
公式サイト:公式

「オムライス」という料理ひとつにも、こんなにたくさんのバリエーションがあるんですね!
おいしく食べて、日本一を決める『カゴメ オムライススタジアム 2019』。この週末ぜひ会場へ!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。