暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

【SNSで話題】凍らせた「蒟蒻ゼリー」は夏場の保冷剤に使える!?

✨悠美✨

夏場のお弁当って、子ども達に持たせる場合に悪くならないか心配になることがあります。そんなときに活躍してくれるのが、保冷剤です。最近では100均でおしゃれな保冷剤もたくさん販売されています。でも、保冷剤を使わなくても、お弁当を守ってくれる便利なものがあるんです。それが凍らせた「蒟蒻ゼリー」! SNSでも話題になっていたこの方法がどれくらい効果があるのか早速試してみます。

押し出して食べる安心タイプの「蒟蒻ゼリー」を使います!

スーパーやドラックストアーなど、今ではいろいろなところで販売されている蒟蒻ゼリーです。カロリーも少ないし、美味しいので、子どもから大人までみんな大好きですよね。
今回使うのは、このサイズです。

筆者の子ども達はまだ小さいです。蒟蒻ゼリーは小さい子どもも大好きなのですが、大きいものだとツルっとのどに入ってしまって窒息する心配があります。最近は、押し出して食べる安心タイプの「蒟蒻ゼリー」というものがあり、一気に口にはいってこないので、子ども達にも安心して食べさせてあげることができます。また、この形を使うにはもう一つの意味があります。押し出して食べる安心タイプの「蒟蒻ゼリー」は、薄いので、お弁当にピタっと密着した状態にしても邪魔になりません。筆者がこのタイプを選ぶのは、この2つの理由の為にです。

まずは1晩冷凍庫にいれてカチコチに凍らせます!

押し出して食べる安心タイプの「蒟蒻ゼリー」を冷凍庫に1晩冷凍庫に入れます。
1晩凍らせるだけでカチカチの状態になります。

【冷凍する際のポイント】
・平な場所で、まっすぐな形で冷凍する。

曲がった形で冷凍してしまうと、お弁当にのせたときに邪魔になります。まっすぐな形で冷凍するとお弁当に密着して持っていきやすいです。

実際にはどれくらい保冷効果があるのか調べてみました!

室温25℃の環境で、部屋に置いて状況を見ていきます。

【冷凍庫から出した直後】
指でぎゅっと押しても、全く指が入らないくらいカチカチの状態です。

【1時間後】
周りはほんのすこし柔らかくなっていますが、中はカチカチの凍った状態です。

【2時間後】
中はカチカチの状態の部分もありますが、周りはかなり柔らかくなってきています。

【3時間後】
完全に溶けていますが、まだ冷たいです。冷蔵庫で冷やしたとき、しっかり冷え切ったくらいの冷たさはまだあります。

【4時間後】
まだちょっと冷たいかなという感じです。キンキンには冷えていませんが、まだ冷たいです。

【5時間後】
常温に近いくらいの冷たさになっています。

実際に使ってみた感想は?

お弁当の上にのせて包んでみたり…
包んだお弁当のところにそっと挟んでみたり…

筆者は子ども達のお弁当に保冷剤をいつも入れていました。小さい身体の子ども達の荷物はすこしでも少なくしてあげたいところ。でもお弁当が悪くなるのは困るので、保冷剤を外すことはできませんでした。でもこんなふうに食べてなくなる保冷剤もあったんですね。

「蒟蒻ゼリー」であれば、ちょっとぬるくなっても美味しく食べられるのは嬉しいですよね。子ども達も「お弁当に大好きなゼリーいれてくれてありがとう」と喜んでいました。これは本当に便利です!

凍らせた「蒟蒻ゼリー」を保冷剤に使うアイデアはSNSでも話題に!




いかがでしたか? 凍らせた「蒟蒻ゼリー」はお弁当を食べる頃には、ちょうど溶けて食べやすい状態になっています。お弁当を食べるまでは、しっかりと保冷剤として役立ってくれます。そしてお弁当が終わった後には、デザートとして食べることができます。是非、これからの時期、小さいお子さんのお弁当には、凍らせた押し出して食べる安心タイプの「蒟蒻ゼリー」を使ってみてください。

前日の全体記事ランキング

1

【洗濯の裏ワザ】うっかりつけたボールペンのインク汚れは「ご飯粒」が解決してくれる件!

白いシャツを着ているときに限って、汚してしまうことはありませんか? 胸ポケットに先を出したままボールペンを入れたままにしてしまったり……。 汚れの中でも、ボールペンのインクってなかなか取れないですよね。 そんな時の救世主は、以前TV番組「ソレダメ! 〜あなたの常識は非常識!?」でやっていた「ご飯粒」を使った落とし方。早速、私も試してみました。 液体洗剤と混ぜて汚れ部分にこするだけでみるみるうちに汚れが消えていくんですよ~。 驚きの方法を紹介します。

2

鶏むね肉をやわらかく仕上げるコツは?節約したいけどがっつり食べたいときのピリ辛鶏むね肉おかず2選

ヘルシー食材の代表格といえば"鶏むね肉"。 低カロリーで高たんぱく質に加えてリーズナブルなので家計にも優しいです。 その一方でパサパサの食感が苦手という人も多いのではないでしょうか? そこで、ひと手間加えるだけでふんわり仕上げることのできるワザをご紹介します。 今回は、そのワザを使って韓国風の「ヤンニョムチキン」と「タンドリーチキン 」の2品を作りたいと思います。 どちらも簡単に作れるので忙しいときにもぴったりなレシピです。

3

「酸っぱいキウイ」を甘~くする裏ワザ試してみた!「えっ、カットして冷蔵庫に入れるだけ⁉」

栄養価の高いキウイは、ビタミンCも豊富に含まれているので風邪などが流行る季節に積極的に食べたいですよね。でも酸っぱいキウイは苦手、という方も多いのでは? 酸っぱいキウイを簡単に甘くする2つの方法を試してみたので、ご紹介します!

4

【免疫力アップ】でコロナに負けない体作り!調理いらずで手軽に食べられるおすすめ第1位は?

新型コロナウイルス再流行への警戒は続いていますが、最近では経済活動が徐々に再開され、人の往来が戻りつつあります。そこで、感染から身を守るために「免疫力」への関心が高まっています。 長い自粛期間が続く中、「免疫力」を高めるために、みんなはどのような工夫をしているのでしょうか。さっそく、みんなが実際に実践している「免疫力アップ」の具体的な対策を見ていきましょう。

5

やるとやらないでは大違い!【フェイスパウダー】の塗り方のひと手間で、肌の透明感&崩れにくさがUP!

年齢を重ねるにつれ、お肌に「透明感」がなくなってきたと感じませんか? 「マスク」が手放せない今、どうしてもお顔の印象が暗くなりがちですよね。 「フェイスパウダー」の塗り方を少し工夫するだけで、お肌に「透明感」がプラスされ、お顔の印象がパッと明るくなりますよ。それでは早速、ご紹介します。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP