暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

【料理の裏ワザ】冷めてシナシナになったフライドポテトをサックサクに復活させる方法

saitaPULS編集部

みんな大好きなフライドポテト。揚げたてのフライドポテトは、本当に美味しいですが、少し時間が経ってしまうと、急激にシナシナになってしまいおいしさが半減してしまいます。

ですが、「シナシナになったフライドポテトを復活させる裏ワザ」が、じつはあるんです。

しなしなになったフライドポテトをサックサクにする方法とは?

【手順1】アルミホイルをくしゃくしゃにします。
【手順2】その上に、シナシナになったフライドポテトを隣とくっつかないように並べます。
【手順3】霧吹きでフライドポテトの表面に水滴が付くくらいの水分を与えます。
【手順4】オーブントースターで5分間加熱します。
【手順5】できあがり!

手順はこれだけです。

実際に試してみると、難しいことはありませんでした。

なぜこれだけの方法でしなしなのフライドポテトがサックサクになるのか?

冷めてしまったフライドポテトは、中に油が染みこんでいます。
表面に水を吹きかけて加熱してあげると、中の油が水分と一緒に外に出てきて一部は蒸発します。出て来た油は、アルミホイルに溜まります。ですが、くしゃくしゃにしているのでポテトに油がほとんどくっつきません。
ポテト同士もくっつけずに並んでいるので、油がくっつきません。

つまり、シナシナのフライドポテトの内部に入っていた油を水分をかけてトースターで加熱することで外に出すことができ、サクサクになるということです。

では、実際に試してみたポテトを実食してみます。

実食してみます!

【右:今回の方法を試してみたフライドポテト】
【左:シナシナのフライドポテト】

まずはしなしなのフライドポテトを試してみます。
こちらは想像通り、シナシナになってしまい、あまり美味しくありません。

それでは、実際に今回の裏ワザを試してみたフライドポテトを試してみます。
お箸で持ってみると、まず周りが固くなっています。同じフライドポテトとは思えません。そして口に運んでみると、周りがカリカリになっています。
またこちらのフライドポテトは油分が抜けているからなのでしょうか。食べた感じ軽い感じです。

2つのポテトを食べ比べてみると、裏ワザを使ったフライドポテトのおいしさがかなりわかりました。

裏ワザを実践する際の注意点

●裏ワザを実践しても元の状態になるわけではありません。
実際に試してみたところ、揚げたてのカリカリという状態ではありませんが、油分が少し抜けて軽い食感になります。

●オーブントースターの加熱過ぎに注意が必要!
フライドポテトはもともと油で揚げていいるので、あまり長く加熱すると、フライドポテトが焦げ出す場合があるようです。ポテトの太さや加熱するフライドポテトの量なども見ながら、加熱する時間を調整してください。加熱している間は、オーブントースターから目を離さないようにしてください。

いかがでしたか?

揚げた後、少し時間が経ってしまったフライドポテトも、「シナシナになったフライドポテトを復活させる裏ワザ」を使えば、また美味しい状態で食べることができます。

是非、試してみてくださいね。

文/柿島悠美

前日の全体記事ランキング

1

少しの工夫でクリーニング代は大幅に節約できる! #目からウロコの洗濯豆知識③

梅雨とコロナの影響で、まだまだ家にいることが多い日々。せっかくなら、自宅クリーニングで服も気持ちもスッキリさせませんか? 今まで洗えないと思っていた、通勤用のスーツも子どもの制服も、実は家で洗えるんです。そのやり方を早速、話題の洗濯プロ集団、洗濯ブラザーズの3人に教えていただきました。

2

使い終わったコーヒー"かす"はそのまま捨ててはもったいない!便利で有効な3つの活用法

コーヒーを自宅で飲んでいる方に質問です。コーヒーを飲んだ後のコーヒーかすはどうしていますか?  そのまま捨ててしまっている方は、もったいない! コーヒーかすはとっても便利に活用することができるんですよ。いつもコーヒーかすは捨てているという方に、活用法をご紹介します。

3

【ユニクロコーデ】40代におすすめ♡「ロングシャツワンピ」で体型カバー

自粛期間中に太ってしまって、着る服がない!と困っていませんか? ワンピースは体型をカバーしてくれる上に、おしゃれに見える頼もしいアイテム。特にアラフォー世代には、体のラインをひろいにくい「シャツワンピース」がおすすめです。そのまま着たり、羽織にしたりと、着こなしの幅がひろがるのでコスパも◎。では、さっそく紹介します!

4

大人のおしゃれを格上げするアクセサリー使いのコツ #スタイリスト高橋愛の着こなしテク|vol.3

パーソナルスタイリストの高橋 愛です。 おしゃれのポイントとしてアクセサリーを使いたいけど、上手に使えていない気がする。 そんなお悩みはありませんか? アクセサリー使いにもその時のトレンドみたいなものがあります。 上手にアクセサリーを使って、ワンランク上のおしゃれを楽しんでみませんか? 今週はおしゃれ見えするアクセサリー使いのコツをお伝えします。

5

苦いピーマンは大人も苦手!?ピーマンをおいしく食べるコツ&レシピ #大人の野菜克服シリーズ

子どもが野菜を嫌がって食べてくれない。そんな悩みはあるあるですよね。では大人はどうでしょう。じつは食べられない野菜がある……なんて人は結構いるのでは。食べられない野菜があることで困ったことはありませんか? そろそろ克服したい! と考えている人は、必見です! 今回は苦くて青臭いピーマン編をご紹介していきます。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP