暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

専門家に聞いた!コラーゲンってそもそも何なの?美容成分にまつわる「ウソ・ホント」を徹底検証!

saitaPULS編集部

「あなたが美容によいと思う成分は何ですか?」。資生堂ジャパン株式会社が20代~50代女性500人を対象に行った調査によると、この質問の回答は「コラーゲン」が1位でした! 美容と言えばコラーゲンというのは、多くの女性にとって常識ですよね。でも、コラーゲンのことをよく分からないまま、なんとなく摂取していることも…。今回は、コラーゲンに関して専門家に話を聞きました! 効果的なコラーゲンの摂取の方法を知って、美しさに磨きをかけちゃいましょう!

コラーゲンについて、世の女性はどう思ってる?

出典:www.shiseido.co.jp
美容に良いと思う成分については8割の女性が「コラーゲン」と回答。今や、コラーゲンが美容において重要な成分であることは、ほとんどの女性が知っている事実と言えるようです。
出典:www.shiseido.co.jp
「コラーゲン入り・コラーゲン豊富と書かれた食品・飲料を口にしたことがある」と答えた女性は71%もいます! コラーゲンを食べ物や飲み物で補いたいと考える女性は少なくないようですね。コラーゲンが豊富に含まれていそうなイメージがある食材としては、「鶏皮」、「豚足」、「フカヒレ」、「スッポン」などが上位になりました。
出典:www.shiseido.co.jp
「コラーゲンに関する正しい知識を持っている自信がある」 と回答したのはわずか4%! たしかに、「コラーゲンってなに?」 と改めて聞かれると、答えられる自信がないかも…。

「あなたはコラーゲンに興味・関心がありますか?」 と聞くと84%が 「ある」 と回答。また、3人に1人(30%)の女性が 「普段の生活で、意識的にコラーゲンをとったり、コラーゲン入りの商品を使ったりしている」 と答えたほか、 「あまりとってはいないが、とりたい・使いたいと思っている」 人も55%と半数を超えました。

合計すると、約9割もの人が普段の生活でコラーゲンを積極的にとり入れたいと思っているといえます! 多くの人がコラーゲンに関心があって、積極的に補いたいと思っているのに、知識に自信は無いというのは少しもったいない気もしますね。

ここからは、コラーゲンの専門家にコラーゲンについて徹底的に教えていただきましょう!

教えてくれたのは資生堂の内山太郎研究員

出典:www.shiseido.co.jp
<研究者プロフィール>
 資生堂GIC(グローバルイノベーションセンター)アドバンストリサーチ ヘルスケア開発グループ 内山太郎 研究員。1991年、資生堂入社。医薬品研究所に配属され、ホルモン剤、抗炎症薬などの開発研究に従事する。2004年、食品研究室へ移動。美容健康サプリメント、特定保健用食品開発を担当。現在は、アドバンストリサーチ ヘルスケア開発グループにおいて、マネージャーとして在籍中

資生堂グローバルイノベーションセンターでコラーゲンに関する研究・開発に携わっている、内山太郎研究員に、女性たちが抱きがちな「コラーゲンに対する疑問や誤解」について話を聞きました!

Q1:コラーゲンってそもそも何?

コラーゲンは、「タンパク質」の一種です。タンパク質は、炭水化物・脂質とともに三大栄養素と呼ばれる、体にとって重要な成分です。そして、人間の身体をつくっているタンパク質のうち、約30%がコラーゲンとされています。平均的な日本人女性(体重53kg)の場合、体内のコラーゲン量は約3kg! 

また、コラーゲンというと「肌」のイメージが強いかと思いますが、それだけではなく、骨・目・歯茎・腱・関節・血管など、体内のさまざまな場所に存在しています。

コラーゲンがタンパク質の一種だとは驚きですね。更に、コラーゲンが全身に存在しているとは知らない方が多かったのでは?

Q2:コラーゲンが減ると肌はどうなるの?

出典:www.shiseido.co.jp
女性の皮膚単位面積あたりのコラーゲン量を測定したデータをみると、20歳から徐々にコラーゲンの減少がはじまっていることがわかります。

コラーゲンが減少すると、肌のハリが低下してしまい、シワやたるみができやすくなってしまいます。 肌のコラーゲン量は、「加齢」に伴い年々減少してしまいます。これは、年をとることにより体内で新しくコラーゲンをつくる能力が減ってしまうためです。また、「紫外線」は肌のコラーゲン分解を促進する要因の1つになっているため、日常的なケアが必要です。

コラーゲンが減ると、肌にとって良くないということは何となく感じていましたが、20歳からコラーゲンの減少が始まっているというのはショックな事実ですね…。

Q3:コラーゲンが多く含まれる食品を食べると、そのまま肌のコラーゲンになるの?

残念ながら、コラーゲンを食事から摂取しても、そのまま肌のコラーゲンになるとは言えません。なぜなら、コラーゲンも他のたんぱく質と同様に、摂取後体内でアミノ酸などに分解されてしまうからです。また、食べたコラーゲンは最終的に分解されてしまうので、量をたくさん摂ることもあまり意味がないと考えられます。つまり、フカヒレなどをたくさん食べたからといって、肌のコラーゲン量はほとんど増えないのです。

コラーゲン入りの食品を食べて、翌日、なんとなく肌の調子がよくなったとすれば、コラーゲンペプチドの摂取によって「肌の水分量」が増加している可能性が。加齢とともに減っていくコラーゲン量の効率的な対策にはなっていません。

一方で、コラーゲンはもともと体内に存在する成分であり、体の中で新しく生み出すことができます! そして、「コラーゲンを生み出す力」を高めるうえでは、コラーゲンを生み出す細胞を活性化させることが重要です。 細胞を活性化させるためには、適度な運動や質の良い睡眠はもちろん、バランスのよい食事も大切です。

「ザ・コラーゲン」3本 モニターキャンペーン実施中!

出典:www.shiseido.co.jp

資生堂では、女性たちのキレイを応援するため、2019年7月1日(月)より、売上No.1(※)コラーゲンドリンク「ザ・コラーゲン」のモニターキャンペーンを実施中です。人気商品「ザ・コラーゲン リッチリッチ<ドリンク>」3本キットが、クーポンご利用で500円(税込)でお試し出来ます。

「ザ・コラーゲン リッチリッチ<ドリンク>」は、14種類の美容成分を贅沢に配合した美容ドリンクです。ミックスフルーツ風味で飲みやすく、脂質ゼロ、ノンカフェインで、毎日でも続けやすい点もポイントです。弾むようなキレイを生み出す新習慣をはじめてみませんか?

詳細は、資生堂公式オンラインショップ「ワタシプラス」内のキャンペーンページをご参照ください。

<資生堂公式オンラインショップ「ワタシプラス」キャンペーンページ>

新しい発見が多くありましたが、なかでもコラーゲンが多く含まれている食品を摂取しても、肌のコラーゲンが食べた分だけ増えるわけではないというのは衝撃でした! 大切なのは、コラーゲンを生み出す力を高めることなのですね! 規則正しい生活を送ることが美容にも繋がっていることが分かりました。この機会に、ぜひモニターキャンペーンもご利用ください♪

前日の全体記事ランキング

1

【ダイソー】「まぜまぜおにぎり」が革命的な便利さ!ラップもボウルも使わずおにぎりを作れる!?

おにぎりを作るのって地味にめんどくさかったりしますよね。なんと、ダイソーでそんな悩みを解決する便利グッズを見つけました! さっそくご紹介しますね。

2

【正月太りを解消③】パンの代わりに…低糖質な「サクサク卵デニッシュ」でストレスフリーなダイエット!

ダイエットの定番にもなりつつある糖質制限ダイエット。 糖質を控えたメニューを選んだり、作ったりするのは結構大変で、ストレスにもなりかねません。 今回ご紹介する卵デニッシュをパンの代わりに取り入れてみませんか? ストレスの少ないダイエット生活に役立てましょう。

3

【ワークマン】の「メリノウールソックス」はまさかの580円!?これは買うしかないでしょ!!

ワークマンでなんとメリノウールを使ったソックスが超お得な値段で販売されているとSNSでも話題になっています。なんとかGETすることができたので、さっそくご紹介しますね!

4

【3COINS】の「フェイク黒ストッキングタイツ」が天才的発想すぎる!爆売れするまえにGETすべし!

昨年冬にSNSで話題になった“ストッキングに見えるタイツ”が、ついに3COINSでも販売開始されました。完売店舗も続出する人気ぶりなんです…! 実際に購入できたので、ふつうの黒タイツとの見た目の比較を含め、「フェイク黒ストッキングタイツ」の魅力をご紹介します。

5

1日これ1食摂るだけでダイエットに成功⁉お肉たっぷりな「やせるスープ」で太りにくい体を作ろっ!

体のラインってとっても気になりますよね? そこで太りにくい体をつくるスープレシピのご紹介。お肉をたっぷり使ったレシピは食べ応えもあり。がっつりお肉を食べても、罪悪感なし。効果効能もいろいろなので、ぜひ1食をこのスープに置き換えてみて! お肉を食べて美ボディを手に入れましょう!

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP