「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

魚介たっぷりの「やせるスープ」レシピ3選!1日1回摂って”やせやすい体”に

料理・グルメ

 魚介たっぷりの「やせるスープ」レシピ3選!1日1回摂って”やせやすい体”に

2020.02.07

薄着になると気になってくる体のライン。そこで太りにくい体をつくるスープレシピをご紹介。魚を使ったレシピはヘルシーで食べ応えもあり、効果効能もいろいろです。ぜひ1食をこのスープに置き換えてみて! 誰にもバレずにさっさとダイエットして美ボディを手に入れて!

【体の老化を防ぐ】かぶとさけの甘酒みそ汁

甘酒の自然な甘みを加えてやさしい味わいに。かたいかぶの皮も細切りにして、具のひとつとして加えます。

【材料】(2人分)
生ざけ…2切れ
かぶ…小2個
かぶの葉(やわらかい部分)…2個分
しいたけ…2枚
だし汁…1と3/4カップ
甘酒…1/2カップ
ごま油、みそ

【作り方】
①さけはキッチンペーパーで余分な水けをしっかり取り、ひと口大のそぎ切りにする。かぶは厚めに皮をむき、4~6等分のくし形切り、皮は細切りにする。しいたけは4等分に切る。かぶの葉は細かく刻む。
②鍋にごま油小さじ1を中火で熱し、かぶを並べ入れる。焼き色がついたら端に寄せ、さけを加えて両面をさっと焼く。
③だし汁、しいたけを加えて煮立て、ふたをして弱火で6~7分煮る。みそ大さじ1強を溶き入れ、甘酒を加え、かぶの葉を加えてひと煮する。

やせPOINT
低エネルギーで食べごたえのあるかぶはダイエット中の強い味方。栄養豊富な葉も加えて不足しがちなビタミンをもしっかりとりましょう。さけのアスタキサンチンは強い抗酸化作用で体の老化を防ぎます。

【代謝アップ】ぶりと小松菜のごまみそスープ

ぶりはしっかり焼きつけてから煮て、臭みをカット。ごまで香ばしさをプラス。しょうがは味引き締め役に。

【材料】(2人分)
ぶり…2切れ
小松菜…大1/2束
だし汁…2カップ
すり白ごま…大さじ2
しょうが(すりおろす)…1/2かけ
塩、こしょう、ごま油、酒、みそ

【作り方】
①ぶりはひと口大のそぎ切りにし、キッチンペーパーで余分な水けをしっかりと取り、塩、こしょう各少々をふる。小松菜は1cm幅に切る。
②鍋にごま油小さじ1を強めの中火で熱し、ぶりを並べ入れ、両面に焼き色をつけ、酒大さじ2をふる。
③だし汁を加えて煮立て、ふたをして弱火で5分ほど煮る。ごまと小松菜を加えて3~4分煮て、みそ大さじ1と1/3を溶き入れる。器に盛り、しょうがを添える。

やせPOINT
ぶりのDHA、EPAが血流を促します。鉄分も多く、冷えを解消。たっぷりのしょうがも体を温めて、代謝をよくします。小松菜で食物繊維も補給。腸内環境を整えます。

【血液サラサラに】さば水煮缶としめじのエスニックスープ

さばは缶汁ごと使って、風味をアップ。仕上げにレモンをキュッと搾って、さっぱり味のスープに。

【材料】(2人分)
さば水煮缶…1缶
しめじ…1パック
もやし…1/2袋(130g)
パクチー…1束

A
水…2カップ
ナンプラー…小さじ2~3
砂糖…小さじ1
赤唐辛子(輪切り)…1/2本

レモン…1/6個

【作り方】
①しめじはほぐす。パクチーは葉を摘み、茎はみじん切りにする。
②鍋にA、しめじ、さば水煮を缶汁ごと加え、3~4分煮る。器に盛り、レモンを絞り、パクチーの葉をのせる。

やせPOINT
抗酸化作用の強いEPAやDHAが手軽にとれると人気のさば水煮缶。やせホルモンといわれるGLP-1の分泌を促すともいわれています。デトックス効果があるパクチーはたっぷりのせて。

紹介したスープレシピを1日1食置き換えてみて。具だくさんで低糖質なのでリセット食にぴったり!

【教えてくれたのは】
金丸絵里加さん
料理研究家・管理栄養士。健康に配慮したおいしくて作りやすいレシピに定評がある。『ダイエットレシピのプロが教える!ラクやせおかず』(エイ出版)など著書多数。

『saita』2018年3月号より抜粋

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。

この記事をシェア