暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

今の家計のためにも老後資金のためにも。税制優遇を利用しないともったいない! 

全力モーション

iDeCoで運用。老後も今もお得を受け取ることができるかも!?

せっかく節約して蓄えたお金、どこに預けてますか?いまや銀行の金利はないに等しいですよね。しかし、超低金利の預金をiDeCo(イデコ)にすれば、実質利回りを20%にすることも可能なんです。

iDeCoは簡単に言うと、60才まで引き出せない積立型の資産運用です。

種類は大きく分けて2種類

①元本確保の定期預金や保険商品:資産運用が怖い方は無理せずこちらでもOK

②元本確保されない投資信託:リスクはあるが、お金をできるだけ増やしたい人はこちら!

掛け金は全額所得控除!


iDeCoの魅力は、何といっても所得控除
iDeCoの口座に入れたお金は、所得から差し引かれ、所得に応じて決まる税金が安くなるのです。同じ所得でもiDeCoを利用していれば、収める税金を少なくすることができるということになります。

運用で出た利益は非課税!


本来、資産運用で得た運用益(利息、配当金、分配金など)には税金がかかります。しかしiDeCoなら、運用期間中ずっと非課税です。得た運用益をさらに運用し、複利でどんどん増やすことができます。投資信託で運用していれば、運用益が非課税になるメリットを最大限に活かすことができます。

受け取るときにも税制優遇


60才を過ぎて運用していたお金を受け取るとるには3パターンあります。

①まとめて受け取る:退職所得控除という税制優遇措置が使えます。

②年金形式で受け取る:公的年金等控除という税制優遇措置が使えます。

③そのどちらも(一部をまとめて、残りを年金で):同様に退職所得控除、公的年金等控除が使えます。

それぞれに受け取るときに控除されるので、
払わなければならない税金が安くなるということです。

だれでもトライできる!


掛け金の上限は、自営業、会社員、公務員など働き方などによって変わります。そして、これは正社員だけでなく、パートなどの非正規雇用や専業主婦(夫)であってもトライできる制度。

ただ貯金をしているだけではもったいない!最大限の節税もできる資産運用「iDeCo」を活用してみるのも手ですね。

  • 2
  • /
  • 3

前日の全体記事ランキング

1

Twitterで話題!扇風機にアレを取り付けるともっと涼しくなる!?試してみた

今年の夏も本当に暑いですよね。 この暑さをしのぐために、いろいろなグッズなどが販売されています。 そんな暑さをしのぐ簡単な方法が、Twitterで話題になっています。 それは、扇風機にあるものをセットする方法です。 実際に試してみました。

2

「家が狭い」「モノが多い」「時間がない」それでも住まいをすっきり保つための“片づけ マインド”とは?

「スモールスペースを最大限に活用して、狭くても快適な暮らし」を提案している、ライフオーガナイザー®のさいとう きいさん。「家が狭い」「モノが多い」「時間がない」というさいとうさんが、心地よい住まいを維持するために心がけている“片づけマインド”を教えてくれました。

3

【整理収納アドバイザーが伝授】いつでも必要なモノがサッと取り出せる!カバンの整理術

外出先でカバンの中をガサゴソ……お目当てのモノが取り出せなくて、イライラ…… そんな経験ありませんか?カバンの中は、必要なモノだけを入れ、きちんと整理しておきたいですよね。いつも使っているカバンこそ中身をしっかり管理・整理することで、外出先でも気持ちよく過ごせるのではないでしょうか。そこで今回は、整理収納アドバイザーの筆者がカバンの中の整理術をご紹介します。

4

この夏はメルカドバッグが大人気!雨の日の憂鬱を吹き飛ばす「水に強くてオシャレなバッグ」3選

雨の日、お気に入りのバッグが濡れてガッカリしたことはありませんか? 濡れたバッグを持ち歩くのも憂鬱ですよね。今回は、雨の日や水辺にぴったりの「水に強いバッグ」をご紹介します。どれも可愛くて普段使いしてもおしゃれなので、ぜひ参考にしてください。

5

【SNSで話題】リュウジさんレシピ作ってみた!10分「チン!」で完成の「鶏チャーシュー」がこく旨!

忙しい日々の中で、毎食の献立を考えながら作るのはひと苦労。今回は少ない材料と電子レンジでパパっと作れてしまう、簡単おいしい「鶏チャーシュー」のレシピをバズレシピで人気のリュウジさんのtwitterで見つけました。 実際に作ってみたので、ご紹介いたします!

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP