暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

“イライラ”や“ずっしり疲れ”に! 生活の木が教えるおすすめのアロマと使い方

saitaPULS編集部

アロマテラピーを日本に広めたパイオニア・株式会社生活の木が教えるアロマの話。
今回は、イライラやずっしりと疲れたときにおすすめの香りと、その使い方を紹介します。
“コロナ疲れ”を感じる方は、ぜひお試しを!

“リラックスの王様”ラベンダーの香りに癒されよう!

出典:www.photo-ac.com

 テレワークや外出自粛、子どもの休校と、“コロナ疲れ”を感じている方も増えているのではないでしょうか?
リラックスしたいときにおすすめなのが、ラベンダーの香りです」と話すのは、株式会社生活の木の中村佳央さん。
「落ち着いたフローラル調の香りは、心を休めてくれるのにぴったりです。ラベンダーは、 “リラックスの王様”とも呼ばれているんですよ」
 イライラしたり、疲れているときは、睡眠不足などでうまく休息が取れていないことが原因になっていることも。そんなときは、アロマを使って睡眠の質を高めるのもポイントだといいます。
「ラベンダーに含まれる酢酸リナリルやリナロールという成分が、リラックスの際におすすめで、睡眠環境を整えてくれるといわれています。よくお悩みとして聞くのが、眠りが浅く、眠っているのか眠っていないのかよくわからない、というもの。そんなときは、香りをかいだら眠る、と習慣づけるのがおすすめです。ラベンダーの香りを嗅ぐ=おやすみモードのスイッチを入れる、とからだに覚えさせるいいですよ」(中村さん)

オレンジやひのきとのブレンドもおすすめ!

出典:www.photo-ac.com

 “リラックスの王様”とも呼ばれ、気持ちも癒してくれるラベンダーですが、なかにはこの香りが苦手だと感じる人もいるのだそう。
「どんな香りにも好き嫌いはありますよね。不快な香りを無理やり嗅ぎ続けていると、かえってストレスの原因にもなりかねません。
 香りは、天気や体調によっても感じ方が変わり、そのときに心地よいと感じる香りを心身が求めているともいわれています。『この香り好き! 心地よい!』と感じるものを、ぜひ見つけてください」(中村さん)
 好みの香りを探すには、実際に香りを嗅いでみるのがいちばんですが、今はなかなか店頭に試しにいきにくいかもしれません。
 比較的多くの人に好まれると中村さんが感じているのが、オレンジなどの柑橘系や、ひのきなどの森林系の香りです。
「さわやかで、どなたからも心地よいと感じていただけるのが、オレンジなどの柑橘系の香りです。また、ひのきなど森林系の香りも、日本では家屋の材料としてなじみがあるので、苦手な方は少ないですね。
オレンジもひのきも、どちらもラベンダーと相性ぴったり。ラベンダー単体では苦手でも、ブレンドすると大丈夫という話はよく聞きます。ラベンダーとオレンジのブレンドは、“黄金のリラックスブレンド”と呼んでよいほど相性がよいので、ぜひ試してください」

ベッドサイドに香りを漂わせて、充実した睡眠を!

出典:www.treeoflife.co.jp

 では、ラベンダーやオレンジ、ひのきの香りは、暮らしのどんなシチュエーションで、どんなふうに使うといいのでしょうか。
「イライラや疲れには、睡眠環境を整えることが大切。枕スプレーを作って枕にシュッと吹きかけるだけで、幸せな香りに包まれて眠れますよ」

枕スプレーの作り方


・精製水45ml
・エタノール5ml
・お好みのエッセンシャルオイル10滴
すべてを混ぜて、よく振ってから枕にシュッとスプレーで吹きかけるだけ!

 枕もとでアロマディフューザーを使う場合は、「寝る前までに準備しておくのがコツ」と中村さん。
「アロマディフューザーはモーターなどの機会音がするので、眠りにつくときにつけていると気になることがあります。寝る前につけて枕もとに香りを漂わせておくといいですよ」
 大好きな香りに包まれれば、ゆったり幸せな気分にひたれそう。翌日にはイライラや疲れが吹き飛んでいるかもしれませんね。

教えてくれたのは
株式会社生活の木
ハーブやアロマテラピーを日本に広めたパイオニア。世界32ヵ国にある提携農園で契約栽培された高品質のハーブと精油を直輸入し、直営店やオンラインショップにて販売。自然・健康・楽しさをキーワードに、企画開発から、グッズ製造、販売まで一貫体制。自然の恵みによる、さらなる「ハーバルライフの提案」を続けている。生活の木オンラインショップ

前日の全体記事ランキング

1

夏マスクの涼しさ徹底比較!ユニクロ、イオン、無印良品、ハッカスプレー4種類のマスク、それぞれの使い心地は

今年の夏は、“うつさない、もらわない”新しい生活様式として、マスクの着用が求められています。暑い季節は汗をかいて蒸れたり、息苦しさを感じたり、不快な思いをしてマスクストレスを抱えている方も多いのではないでしょうか。 そこで試してみたくなるのが、つけ心地が涼しく、夏でも快適だとウワサのマスク。「購入したいけれど、どれがいいのかわからない!」という方のために、①ユニクロの「エアリズムマスク」、②イオンの「PASTEL MASK(パステルマスク)洗って使える3Dマスク」、③無印良品の「繰り返し使える2枚組・マスク(サッカー織り)」に加え、④使い捨ての不織布マスクにハッカスプレーを吹きかけたもの、の4つのマスクを実際につけ、どのマスクが快適に感じるのかを比較してみました。夏用マスクの購入を検討中の方は参考にしてみてくださいね。

2

【料理の裏ワザ】とうもろこしの粒をズババッとあっという間に取る方法【動画付き】

夏に美味しいとうもろこしは、加熱したあと、丸ごとかぶりついて食べるのが最高ですが、粒を切り離して、様々な料理に活用、調理することもありますよね。 その時に気になるのが、どうやって芯から切り離すのか… そこで今回は、とうもろこしの実を無駄にせず、簡単かつスピーディに芯から切り離す方法をご紹介します。

3

”冷凍トースト”が忙しい朝を変える!具材をのせて冷凍するだけ!朝は焼くだけのラクちん朝食

みなさん、食パンの保存方法ってどうしていますか? 食パンの保存方法に適しているのは冷凍といわれています。 食パンをラップに包んで冷凍するときにちょっとひと手間加えてみませんか? 好きな具材をのせて冷凍しておけば、食べたいときにそのまま焼くだけで大満足なトーストが食べられちゃいます。 忙しい朝に大活躍まちがいなし!

4

母親になってから窮屈だと感じたことがある人へ。「母親だからという呪縛」は華麗にスルーがちょうどいい

子どもを産んでから、大人になってから、「なんとなくこうしなきゃ」という呪縛にかかっている人は多いものです。 例えば、「ご飯は手作り」「家事の主体は女性」。やりたくてやっているならOKですが、不満に思いながらも「自分の母親もやっていたし」と思って我慢しているなら、そろそろその価値観を手放してもいい頃かもしれません。 常に「自分はどうしたいか」と向き合いながら生きてきた、経済評論家の勝間和代さんとバリキャリ金融女子の川村真木子さんの対談から、皆さんに「母親・女性像の呪縛からの解放」についてお届けします。

5

夏のインナー徹底比較!ユニクロ、GU、イオン、ヨーカドーのインナーを涼しさ・着心地・脇汗対策で分析

いよいよ気温がグッと上がる真夏の到来! 洋服と一緒に“インナー”も夏用のものにかえて、暑い毎日を快適に過ごしたいですよね。 各ショップで、年々バリエーションが増える夏のインナー。「一体どれを選べばいいの?」「違いはあるの?」と、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、大手メーカー4社であるユニクロ、GU、イオン、イトーヨーカドーの夏用インナー(白キャミソール)をそれぞれ実際に着用し、涼しさや着心地、ニオイと脇汗対応、デザイン性、サイズ感などを比較してみました。よかったら、参考にしてみてくださいね!

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP