暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

“コロナ疲れ”にもおすすめ! 生活の木が教えるアロマオイルの上手な使い方【基本編】

saitaPULS編集部

子どもの休校で家事の負担が増えたり、外出自粛で思うようにいかなかったりと、“コロナ疲れ”を感じる方もいるのでは?
そんなとき、アロマの力を借りて、リフレッシュするのはいかがでしょうか?
アロマテラピーを日本に広めたパイオニア・株式会社生活の木に、アロマオイルの手軽な使い方を教えてもらいました。

アロマの香りで日々の疲れをリフレッシュしよう!

出典:www.treeoflife.co.jp

 仕事や家事・育児で目まぐるしく過ぎていく日々のくらし。疲れを感じたときに、ふんわりと漂ういい香りに癒された、ということはありませんか?
「香りをもちいて健康に役立てるのがアロマテラピーです」と話すのは、株式会社生活の木の中村佳央さん。
「香りがからだに届くルートは2種類あります。ひとつは、鼻から神経を経由する方法、もうひとつは皮膚から吸収される方法です。アロマオイルのなかには、人工的なものもありますが、アロマテラピーには植物のみの成分を凝縮したエッセンシャルオイル(精油)を使いましょう」
 エッセンシャルオイルにはさまざまな使い方がありますが、今回は、そのなかでも手軽なおすすめの4つの方法を紹介します。

数滴たらすだけ! 手軽に安心して使えるアロマストーン

出典:onlineshop.treeoflife.co.jp

 場所を問わず、いちばん手軽にトライできるのは、アロマストーンを使う方法だと中村さん話します。
「ティッシュやコットンにエッセンシャルオイルをたらすだけでも香りは十分楽しめますが、香りを留める時間は少し短くなります。用意できるならアロマストーンがおすすめです」
 香りが広がるスペースはやや狭く、畳一畳分が目安。気温や湿度などの環境によっても変わりますが、柑橘系なら30分から1時間、ラベンダーやひのきなら3〜5時間楽しめるそう。
「電気や熱を使わないので、コンセントの場所を考える必要もなし。ベッドサイドや机まわりなど、お好きな場所で安心して使えます」
 ひとつ注意したいのが、ストーンの底までオイルが浸透すると、家具などを汚してしまったり、プラスチックなどを変形させてしまう可能性があること。
「とくに柑橘系のエッセンシャルオイルは色素が沈着しやすく、落ちにくいです。ストーンの下には小皿やプレート、もしなければサランラップやアルミホイルを敷きましょう」(中村さん)

蒸気に香りをのせて、ふんわり癒しのバスタイム

出典:www.photo-ac.com

「お風呂でエッセンシャルオイルを使うのもおすすめ」と中村さん。毎日の習慣にひと手間加えるだけで始めやすいのだといいます。
「温かいお風呂の蒸気には香りがのりやすく、お風呂の温浴効果とともに楽しめます。また、皮膚からもエッセンシャルオイルが吸収されるので、一石二鳥です」
 ひとつ気をつけたいのが、エッセンシャルオイルが肌に直接付かないようにすること。
「お湯に数滴入れて溶かしたつもりでも、水と精油は混じりきらないので、直接肌に触れてしまう可能性があります。エッセンシャルオイルは、植物の成分をぎゅっと凝縮したものなので、肌に直接つくと、しみたり、かぶれなどの皮膚トラブルの原因になることも。バスソルトやオイルに混ぜて、薄めてからお湯に加えましょう。香りが飛んでしまうので、作りおきせずにその都度作るといいですよ」(中村さん)

バスソルトを使うときは


① バスソルトまたは食塩大さじ1〜25gに、好みのエッセンシャルオイル5滴程を加えてよく混ぜる
② ①をお風呂に加える

植物油を使うときは


① ホホバオイルやアーモンドオイルなど好みの植物油100mlに、好みのエッセンシャルオイル5滴程を加えてよく混ぜる
② ①をお風呂に加える

 バスソルトは食塩でも代用可能ですが、植物油は食用ではなく、キャリアオイルと呼ばれる化粧品用のオイルがおすすめだそう。
「食用とマッサージオイルでは、油の精製方法が異なります。たとえばセサミオイルだと、食用は火を通して焙煎することが多く、食欲をそそるような香ばしい香りになります。エッセンシャルオイルの香りを楽しむなら、化粧品用キャリアオイルがおすすめです」
 また、すでに香りがブレンドされているマッサージオイルも、皮膚トラブルの原因になることがあるので避けたほうがいいとのこと。まじりけのない、ホホバオイルやアーモンドオイルなどの植物油を使いましょう。


  • 1
  • /
  • 2

前日の全体記事ランキング

1

夏マスクの涼しさ徹底比較!ユニクロ、イオン、無印良品、ハッカスプレー4種類のマスク、それぞれの使い心地は

今年の夏は、“うつさない、もらわない”新しい生活様式として、マスクの着用が求められています。暑い季節は汗をかいて蒸れたり、息苦しさを感じたり、不快な思いをしてマスクストレスを抱えている方も多いのではないでしょうか。 そこで試してみたくなるのが、つけ心地が涼しく、夏でも快適だとウワサのマスク。「購入したいけれど、どれがいいのかわからない!」という方のために、①ユニクロの「エアリズムマスク」、②イオンの「PASTEL MASK(パステルマスク)洗って使える3Dマスク」、③無印良品の「繰り返し使える2枚組・マスク(サッカー織り)」に加え、④使い捨ての不織布マスクにハッカスプレーを吹きかけたもの、の4つのマスクを実際につけ、どのマスクが快適に感じるのかを比較してみました。夏用マスクの購入を検討中の方は参考にしてみてくださいね。

2

夏のインナー徹底比較!ユニクロ、GU、イオン、ヨーカドーのインナーを涼しさ・着心地・脇汗対策で分析

いよいよ気温がグッと上がる真夏の到来! 洋服と一緒に“インナー”も夏用のものにかえて、暑い毎日を快適に過ごしたいですよね。 各ショップで、年々バリエーションが増える夏のインナー。「一体どれを選べばいいの?」「違いはあるの?」と、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、大手メーカー4社であるユニクロ、GU、イオン、イトーヨーカドーの夏用インナー(白キャミソール)をそれぞれ実際に着用し、涼しさや着心地、ニオイと脇汗対応、デザイン性、サイズ感などを比較してみました。よかったら、参考にしてみてくださいね!

3

ホコリだらけのデッドスペースが収納スペースに!スタイリッシュで使いやすいおすすめ収納アイテム3選

リビングテーブルの上に、いつも家族のものが置いてありごちゃごちゃ……。片付けたくても収集つかなくて困っている方もいるかもしれませんね。そんなときには、普段デットスペースになっている場所が収納スペースになるかもしれませんよ。今回はリビングに散らかりがちな小物を収納できる便利グッズをご紹介いたします。

4

ハッカ油広報担当者に聞いた!猛暑をしのぐためのハッカ油の使い方3選

いよいよ夏本番。今年はマスクを着けているぶん、体感温度を高く感じそうですね。 そんなこの夏におすすめなのが、「ハッカ油」。 すっきり爽やかな香りが、夏のくらしを快適にしてくれます。 北海道北見市でハッカ油の製造卸ひと筋の株式会社北見ハッカ通商に、 ハッカ油を使った夏のくらしのアイデアを教えてもらいます。

5

エアコンをつけているときの換気は?ダイキン担当者に聞く、節電しながら上手な換気方法とは

2020年の夏は新型コロナウイルス対策としてこまめな換気が欠かせません。その一方で温かい空気が室内に流れ込み、室温が上昇することから、熱中症にも気をつけなければなりません。 そこで、今回はコロナ禍における熱中症対策と空調メーカー・ダイキンが考える夏の効率的な換気を取り上げていきます。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP