暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

気分が上がらない人必見!やる気アップやリフレッシュしたいときにおすすめなアロマと使い方

saitaPULS編集部

毎日のくらしに役立つアロマについて、株式会社生活の木に教えてもらっています。
最終回は、やる気アップしたいとき、リフレッシュしたいときの香りについて。
テレワークだとなんだかボーッとしてしまってやる気が出ない…という方、必見です。

集中力を高めたいときは、ローズマリーにおまかせ!

出典:www.photo-ac.com

 前回は、イライラや疲れにはラベンダーの香りがおすすめだと教えてもらいました。
「ラベンダーの香りが心とからだを“OFF”にする香りだとすると、“ON”の状態にするのがローズマリーの香りです」と、株式会社生活の木の中村佳央さん。
ローズマリーのスーッとシャープな香りは、集中力を高めたいときにおすすめです。もしこの香りが苦手という方は、ぜひレモンとブレンドしてみてください。よりフレッシュでマイルドな香りになりますよ」
 また、同じくシャープな香りがする、ユーカリやティートゥリーもおすすめだそう。
「清潔感のある香りで、お部屋にこもった空気をリフレッシュしたいときにぴったり。自宅にこもりがちなときにはとくにおすすめです。テレワーク中になんとなく眠たくなってきた…というときは、ぜひ試してください。クリアで清潔感がある香りが、スーッと覚ましてくれますよ」

 また、前回イライラや疲れたときにおすすめと紹介したオレンジの香りですが、「リラックスやリフレッシュにもおすすめ」と中村さん。日本アロマ環境協会が小学生38名を対象に行った実験によると、オレンジ・スイート精油をかいでから百ます計算をしたグループは、かがなかったグループに比べて計算ミスが約3割少なかったというデータも出ています。

北海道では“トドマツ”と呼ばれるモミの香りでリフレッシュ!

出典:www.treeoflife.co.jp

 中村さんが「これ1本でいい香りになる」と太鼓判を押すのが、モミの木の香り。北海道ではトドマツとも呼ばれ、クリスマスツリーとしてもおなじみの木です。リフレッシュにぴったりで、「ひのきよりもすっきりとしていて、空気を清潔感のある香りにしてくれる」のだそう。
もっとも森林らしい香りと評価されていて、森のなかにいるような清々しい香りがします。モミの木の香りにはリモネンという柑橘の香りがする成分が含まれていて、リフレッシュしたいときにはとくにおすすめ。他のものとブレンドしなくても、これ1本で楽しめます。ウッド系の香りは男性にも人気が高いですよ」(中村さん)

ペパーミントや薄荷の“ひんやり涼感”で、暑さのモヤモヤを吹き飛ばそう!

出典:www.photo-ac.com

 このところ、気温がぐっと上がってきています。梅雨や夏本番に向けて、暑さや湿気でやる気が起きない…ということも多くなってくる時期です。
「暑さがストレスやモヤモヤの原因になっているときは、メントールを含むペパーミントや薄荷の香りをぜひ試してください。体感温度を4℃も下げてくれる※といわれています。ペパーミントや薄荷をバスタイムに使うと、からだがスーッとしますよ」(中村さん)
 また、ペパーミントや薄荷の香りをうまく利用すると、エアコンを弱めに設定していても過ごしやすいのだそう。エアコンや扇風機など風の出るものの近くに、アロマストーンやアロマディフューザーなどを置くと、香りがお部屋いっぱいに広がりやすくなるそうですよ!

※出典「香りが感覚/使用感触の判断に及ぼす効果」
(株)資生堂製品開発センター香料開発室 庄司 健 ※発表当時
フレグランスジャーナル社 AROMA RESEARCH No.23(2005)

香りをパーソナルに楽しめるアロマネックレス

出典:onlineshop.treeoflife.co.jp

 香りには好みがあるので、会社のデスクやおうちのリビングなど、共有スペースでは周囲への配慮も必要です。アロマを楽しみたいけれど、まわりにも迷惑をかけたくない。そんなときは、アロマネックレスという“奥の手”も。
「アロマネックレス内部の芯に香りを染み込ませることで、香りをパーソナルに楽しめます。隣のデスクまでは届かないけれど、お話する距離だとふんわりと香ります」
 
 使い方次第で、自由自在に楽しめるアロマオイル。毎日のくらしにぜひ取り入れたいですね。

教えてくれたのは
株式会社生活の木
ハーブやアロマテラピーを日本に広めたパイオニア。世界32ヵ国にある提携農園で契約栽培された高品質のハーブと精油を直輸入し、直営店やオンラインショップにて販売。自然・健康・楽しさをキーワードに、企画開発から、グッズ製造、販売まで一貫体制。自然の恵みによる、さらなる「ハーバルライフの提案」を続けている。生活の木オンラインショップ

前日の全体記事ランキング

1

夏マスクの涼しさ徹底比較!ユニクロ、イオン、無印良品、ハッカスプレー4種類のマスク、それぞれの使い心地は

今年の夏は、“うつさない、もらわない”新しい生活様式として、マスクの着用が求められています。暑い季節は汗をかいて蒸れたり、息苦しさを感じたり、不快な思いをしてマスクストレスを抱えている方も多いのではないでしょうか。 そこで試してみたくなるのが、つけ心地が涼しく、夏でも快適だとウワサのマスク。「購入したいけれど、どれがいいのかわからない!」という方のために、①ユニクロの「エアリズムマスク」、②イオンの「PASTEL MASK(パステルマスク)洗って使える3Dマスク」、③無印良品の「繰り返し使える2枚組・マスク(サッカー織り)」に加え、④使い捨ての不織布マスクにハッカスプレーを吹きかけたもの、の4つのマスクを実際につけ、どのマスクが快適に感じるのかを比較してみました。夏用マスクの購入を検討中の方は参考にしてみてくださいね。

2

【料理の裏ワザ】とうもろこしの粒をズババッとあっという間に取る方法【動画付き】

夏に美味しいとうもろこしは、加熱したあと、丸ごとかぶりついて食べるのが最高ですが、粒を切り離して、様々な料理に活用、調理することもありますよね。 その時に気になるのが、どうやって芯から切り離すのか… そこで今回は、とうもろこしの実を無駄にせず、簡単かつスピーディに芯から切り離す方法をご紹介します。

3

”冷凍トースト”が忙しい朝を変える!具材をのせて冷凍するだけ!朝は焼くだけのラクちん朝食

みなさん、食パンの保存方法ってどうしていますか? 食パンの保存方法に適しているのは冷凍といわれています。 食パンをラップに包んで冷凍するときにちょっとひと手間加えてみませんか? 好きな具材をのせて冷凍しておけば、食べたいときにそのまま焼くだけで大満足なトーストが食べられちゃいます。 忙しい朝に大活躍まちがいなし!

4

母親になってから窮屈だと感じたことがある人へ。「母親だからという呪縛」は華麗にスルーがちょうどいい

子どもを産んでから、大人になってから、「なんとなくこうしなきゃ」という呪縛にかかっている人は多いものです。 例えば、「ご飯は手作り」「家事の主体は女性」。やりたくてやっているならOKですが、不満に思いながらも「自分の母親もやっていたし」と思って我慢しているなら、そろそろその価値観を手放してもいい頃かもしれません。 常に「自分はどうしたいか」と向き合いながら生きてきた、経済評論家の勝間和代さんとバリキャリ金融女子の川村真木子さんの対談から、皆さんに「母親・女性像の呪縛からの解放」についてお届けします。

5

夏のインナー徹底比較!ユニクロ、GU、イオン、ヨーカドーのインナーを涼しさ・着心地・脇汗対策で分析

いよいよ気温がグッと上がる真夏の到来! 洋服と一緒に“インナー”も夏用のものにかえて、暑い毎日を快適に過ごしたいですよね。 各ショップで、年々バリエーションが増える夏のインナー。「一体どれを選べばいいの?」「違いはあるの?」と、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、大手メーカー4社であるユニクロ、GU、イオン、イトーヨーカドーの夏用インナー(白キャミソール)をそれぞれ実際に着用し、涼しさや着心地、ニオイと脇汗対応、デザイン性、サイズ感などを比較してみました。よかったら、参考にしてみてくださいね!

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP