「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

【整理収納アドバイザー直伝】今度こそスッキリさせたい!散らかりにくいリビングをつくるコツ

家のこと

 リビングをスッキリ見せるコツ

2020.12.16

整理収納アドバイザーのKazukoです。 家族が過ごす時間が長いリビングは、モノが集まりやすく散らかりやすい場所。リビングが片付かなくて、お悩みの方も多いのではないでしょうか。できることなら、家族がゆったり気持ちよく過ごせるように、スッキリとさせておきたいですよね。そこで今回は、散らかりにくいリビングを作るためのコツをご紹介します。

テーマカラーを決めて統一感を

リビング

リビングのテーマカラーを3色ほどに絞って、統一しましょう。色んなカラーがあるとせっかく片付いていても、スッキリと見えません。面積の大きいラグやソファーなどのカラーが統一されていると、スッキリと見えますよ。

掃除グッズは手に取れる場所に

掃除グッズ

掃除グッズ

テレビ周りのホコリを掃除するハンディモップや、ラグやソファーの掃除に使うコロコロは、リビングのポスター裏に収納して、気付いたときにサッと掃除できるようにしています。テレビを見ながらでも、サッと手に取れるので掃除のハードルが下がって、こまめに掃除できています。

生活感の出る配線は隠して収納

配線

生活感の出やすい、テレビ周りの配電はテレビ裏にワイヤーネットを設置して、スッキリまとめて隠して収納しています。生活感も隠せますし、掃除もしやすくなりました。

配線

プリンターや電話機の配線は、ケーブルボックスを活用して配線をコンパクトに隠して収納しています。携帯電話、IPADの充電ステーションもケーブルボックスの上を定位置にすることで生活感を隠しています。

リモコンはしっかり定位置に

リモコン

リビングでなくしがちなリモコンは、しっかりと定位置をもうけてテレビ横に収納しています。家族で共有して使うものこそ、しっかり定位置をつくることが大切です。

キャスター収納で取り出しやすくしまいやすい

キャスター収納

キャスター収納

リビングで活用している、ラタンボックスにダイソーのキャスターを貼り付けて、移動しやすくしています。キャスター収納にすることで、格段に取り出しやすくしまいやすくなりました。

よく使う爪切りや体温計はリビングのワゴンに収納して取り出しやすい!

体温計

体温計

使用頻度の高い爪切りや体温計は、リビングのワゴンに収納して取り出しやすくしまいやすい収納に。リモコンと同様、家族が共有して使うものにこそ、しっかりと定位置をもうけることが大切です。

 

家族が過ごす時間が長いリビングは、モノが集まりやすく散らかりやすい場所ですが、家族がゆったり心地いい時間を過ごせるようにしたいですよね。今回ご紹介した散らかりにくいリビングづくりのコツが、参考になりましたら幸いです。

 

 

著者

Kazuko

Kazuko

片付けで暮らしをラクにシンプルに おウチを整えて豊かな暮らし 鹿児島で整理収納アドバイザーとして活動中   中学1年、小学5年の男の子、小学2年の女の子のママ  お片付けサポート 487時間 お片付けレッスン 65名様

この記事をシェア