「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

【サロン・デュ・ショコラ2021】1/3オンライン販売スタート!チョコレートマニアのおすすめリスト

料理・グルメ

 【サロン・デュ・ショコラ2021】1/3オンライン販売スタート!チョコレートマニアのおすすめリスト

2020.12.30

お出かけが難しい年末年始、今年はオンラインをうまく活用したいですね! お正月明け1/3に毎年大人気のチョコレートイベント、サロン・デュ・ショコラ2021のオンライン販売が開始されます! 「普段は遠くて行けない」「チョコレート大好きで毎年行っていたけれど今年は難しそう」そんな方はぜひオンラインを活用して見てください。 チョコレートエキスパート資格を持つ筆者が、事前展示会でチェックしてきた注目ブランドをごく一部ですがご紹介します。

サロン・デュ・ショコラ2021気になる開催概要

多数の注目ショコラが集結日本屈指のショコラの祭典が今年も開催

今回は会期をテーマごとに二部に分け、時間ごとの事前予約制で感染予防も徹底。(事前予約は12/28公式サイトにて対応開始予定)

全体のテーマは【つながりは、はじまり】
2020年も「会わずにどう人とつながるか」を考えましたが、2021年も重要なテーマです。
新たな生活様式の、つながりの中で生まれた新たなチョコレートにも注目です。

第一部【TASTE OF CACAO—広がる、楽しむ、カカオの世界—】
ビーントゥーバーやクラフトチョコレートブランドも勢ぞろい、カカオにフューチャーする一部。
もっとカカオを多岐に楽しめる世界を、ということで毎年話題になっているアマゾンカカオの太田哲雄シェフや、サロン・デュ・ショコラ初登場となるbar & chocolate CACAOTAIL、nel CRAFT CHOCOLATE TOKYOなども参戦しイートインが充実する予定とのこと!
会期:2021/1/21〜1/25
会場:伊勢丹新宿店6階

第二部【THE ARTISANS~最高峰ショコラティエの技~】
例年人気のフランスを中心としたトップショコラティエ、パティシエによる「職人の技」を味わう第二部!
バイヤーも今年は出張に行けず苦心されたそうですが、今まであまり紹介できていなかったというノルマンディーやブルターニュのブランドを新ブランドとして紹介。
さらに毎年人気のシェフたちも新作やサロン・デュ・ショコラでだけ入手できる限定フレーバーを用意してくれたそう!

会期:2021/1/28~2/3
会場:伊勢丹新宿店6階


予約開始:Part1 2021/1/9 am11:00より
      Part2 2021/1/16am11:00より         
予約方法:公式サイトより予約申し込み
カタログ:https://my.ebook5.net/isetan/salon_du_chocolat/
オンラインショップ:公式サイトより1/3販売開始!

注目の新ブランド:アルバン・ギルメ

アルバンギルメ

良質の乳製品やリンゴなど食材の宝庫としても知られる仏ノルマンディー出身で、ピエールエルメパリなどでも修行されたアルバン・ギルメが登場。
なんとパティスリーだけでなくショコラ専門店も出す同シェフ。
カカオは産地の特性ごとに使い分け、ガナッシュの素材との相性も大事にされています。
低温でじっくりサクサクに焼き上げられたサブレと、日本向けに開発されたサブレ・チョコレート・りんご果汁・アイスシードルで構成された「カリポム(9個入り¥3,780税込)に注目しています!

今年も鮮やかなタブレットに注目!:フランク・ケストナー

新作タブレットもきになる話題のタブレットは今年も新作が登場!

毎年色鮮やかなフルーツジュレの入ったタブレットやコフレが大注目のシェフ。今年の新作タブレットは、クエッチというプラムのようなフルーツジュレ×シナモン風味のアーモンドプラリネの「タブレット クエッチ(1枚¥2,160税込)」と、ベルガモットのジュレと、果汁と皮を生かしたミルクガナッシュの「タブレット ベルガモット(1枚¥2,160税込)」の2種類!
繊細な薄いチョコレートでコートされた風味豊かなジュレやガナッシュがおいしくてギフトにも必見!

また今回「つながり」というテーマに合わせてイチゴと素材をつなごう、というコンセプトを思いついたそうで、ロレーヌのイチゴを旬の時期に加工し自然な色や風味のまま「5粒全て違うフレーバー」のイチゴのチョコレートのコフレが完成!「ショコラアソートフレイズ(5個入り¥3,240税込)」

さらには今回初めてマカロンも展開されますが、同シェフらしく味は2層3層構造で食感まで変えているこだわりよう「マカロン(8個入り¥4,536税込)」

TVでも話題になったトゥルビヨン バイ ヤンブリスの新作にも注目

TVでも昨年話題のブランドシュセットは当然ですが、新作のリキュールのショコラはギフト用にも注目!

昨年、TV番組「世界はほしいモノにあふれている」での紹介で話題となった、トゥルビヨン バイ ヤンブリスのシュセット。
今年もこの「シュセット ショコ エ フリュイ ルージュ(8個入り¥4,860税込)」は販売されますが、
外出禁止令中も高い技術と、生まれた時間を生かして作られた新作も見逃せません!
筆者が注目しているのは、男性へのギフトにも選びたい「今までにないリキュールショコラ」
最上質の日本ウィスキーやラム酒などを、そのまま味わえるようにすると、本来は液体がガナッシュ他の素材に染み込んでしまうのですが、より時間をかけ、素材にうっすら張ってくる幕を利用して、素材が混ざらず層として仕上がるように作るとのこと。
さらにアルコールを強く感じない量に調整し、それぞれのリキュール特性に合わせて、原産国のカカオ豆の乾燥環境も考えつつ合わせて行っているのだそう。2020年と2021年の新作が組み合わされた「ショコラアソート(12個入り¥5,076税込)」がおすすめ!

香水の街ならではのショコラが注目:ジェローム・ドゥ・オリヴェラ

香水の名産地より毎年人気のオリヴェラシェフの新作も注目

毎年人気のシェフがアトリエを構えているのは、
香水や食用の花の一大産地として知られる仏グラース。
今回はその名も「ショコラアソート パルファン(8個入り¥4,968税込)」が登場!スミレ・チュベローズ・桜・ミモザ・ジャスミン・ローズ・ラベンダー等をそれぞれに合わせたプラリネやガナッシュに合わせて。
中にはご自身のお庭で育てたお花も使われているそう。
お花に慣れ親しんで育ったシェフならではで、それぞれの風味を引き出すため、カカオバターにお花をつけたり、茶葉を使ったり、エッセンシャルオイルを使ったりとお花の風味を生かす方法をとっているそう。

また、毎年シェアしやすくておしゃれと人気の雫型の連なるタブレットは、希少なプロヴァンス産アーモンドをしっかりと歯ごたえがあるプラリネにした「タブレット アマンド プロヴァンス ノワール(1枚¥3,456)」
ヘーゼルナッツを1粒ずつ、なめらかなジャンドゥージャに閉じ込めた「タブレット ジャンドゥージャ ノワゼット レ(1枚¥3,456)」2種類の新作が登場。

オーガニック農家に育ったショコラティエ:Le fleuve ル フルーヴ

いよちゃん素材を知るシェフだからこそのバランスは必見

店舗を持たない独自の形態をされてきたLe fleuveの上垣シェフ。
20歳まで独学でショコラを学ばれたり、ご実家が自然農法の農家とのことで養鶏や養蜂の経験をさ積まれた後、例年サロンデュショコラに登場するワールドチョコレートマスターズ優勝経験者、水野シェフに弟子入りして技術を磨かれたそう。

初めてショコラをいただいた時に、なんて素材を絶妙に感じさせるショコラだろう、と感動しました!今年初めて出品されたコンクールではインターナショナルチョコレートアワード金賞を受賞。

受賞した「プラリネそば」を含む「ボンボンショコラプラリネ4(4個入り¥1,944税込)は自分のご褒美にしてじっくりいただきたい注目商品です。
裏山の無農薬自然栽培の柚子を使った「ゆずコンフィ」(6枚入り¥1,998税込)減農薬伊予柑を使った「いよちゃん(6枚入り¥1,998)にも注目です。

他にも注目ブランドはいっぱい!チョコレートマニアのウィッシュリストは?

ウィッシュリストの一部チョコレートマニアな筆者のウィッシュリストの一部を公開!

本当はもっと山のように注目ブランドがあるのですが、とてもとてもご紹介しきれないので、今回はチョコレートエキスパート資格を持ち、一時フランスショコラティエの日本ブティックのお仕事をしていた筆者のウィッシュリスト(のごく一部)を公開してみます!

先にご紹介したブランド以外を記載したので、気になったら是非調べてみてください!

【タダシナカムラ(フランス)のオランジェット】
→大きく厚さのあるオレンジ皮を獺祭入りのビターガナッシュでコーティング、さらにホワイトチョコレートをかけて仕上げたオランジェットはしっとりしていて2020年衝撃を受けた一品。 今年も取り扱い予定とバイヤーさんに教えていただきました!

【ユミコサイムラ/ピッコラパスチェリア・イタリア(イタリア)のプロフューモディオルト〜菜園の香り〜】
毎年衝撃的なおいしさの1粒に出会ってしまって、必ず買ってしまうサイムラシェフ今年は赤ピーマンやオリーブ、かぼちゃといったイタリアの野菜を宝石のようなショコラに仕立てられています。

【パトリックロジェ(フランス)のサロショ限定のドームショコラ】
→言わずと知れた、チョコレート界の天才は今回もサロンデュショコラ東京のためのレシピを投入。ラフュメはラプサンスンチョンティーを生かしたものだそうですが・・・想像がつかないですね・・一見見慣れたグリーンのドームもアマゾンではなく、「エメラルド」というライムとミントのドームだそう!

【カンタン・バイィ(フランス)タブレットプラリネとショコラアソート】
→毎年買ってしまうリール地方のレンガをデザインしたプラリネタブレット。今年も新作はマストバイだなと思っています。
さらに、ショコラアソートには同シェフでは初めてお見かけするドームショコラのみの構成。フルーツの方がとても強い、とおっしゃっている独特なバランスのようで味わってみたい。

【フィリップ・ベル(フランス)ボワットローズ】
→ついにはビーントゥーバー作りの体制を作り上げたという同シェフ。バラのジュレにスミレやパンデビス、ミントなどそれぞれ違う素材を合わせたコフレ。女性へのギフトにも喜ばれそう!

【ボナ(フランス)コフレ デギュスタシオン】
→医療従事者の方へのチャリティも立ち上げていた老舗ビーントゥバーメーカー。8つの産地のシングルオリジンを食べ比べできるコフレはショコラマニアにも嬉しい。

「つながりは、はじまり」がテーマ、宝石のようなショコラ

サロンデュショコラコフレ今年もテーマに沿った、シェフが結集したコフレも注目?

実は現時点では世界唯一の開催決定とも言われている日本のサロン・デュ・ショコラ 。
今年は会場に行かなくても入手しやすいように、オンラインストアが正月早々1/3から対応を開始されます。
自分ご褒美も、パートナーのギフトも、2020年なかなか気持ちが伝えられなかったお世話になった方へのギフトにも、こんな環境下でもご縁があった方々に是非「つながりは、はじまり」をテーマにした宝石のようなショコラを贈って見てはいかがでしょうか?

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

蒼蓮

蒼蓮

4歳男子ママ。会社員だが、趣味が高じて日本酒とチョコレートのウェブライターに。 日本酒利酒師、チョコレートエキスパート、薬膳コーディネーター資格あり。 毎年20万円以上のチョコレートを食べ歩き、自宅に日本酒用セラーを持つ。