「お味噌汁」がさらに栄養満点になる!お味噌汁に入れる“意外な食材”とは

料理・グルメ

2023.06.10

トマトはプチトマト派の我が家です。なんと言っても包丁を使わずそのまま食卓に並べられるところが少しでも洗い物を増やしたくない民の味方です!今回は味噌汁で温めるため、半分にカットしました。効率よく栄養を摂りたい方は試してみてください。

広告

トマトのリコピンを効率よく

トマト出典:stock.adobe.com

赤色のもとにもなっているリコピン。高い抗酸化作用が期待できます。
リコピンは熱を加えると吸収率がアップ、さらに普通のトマトよりプチトマトの方が栄養が豊富なんだとか。
トマトの酸味がフレッシュで温かい味噌汁にも意外とマッチします!

トマトと厚揚げの味噌汁

トマト味噌汁

材料(2人分) 調理時間10分

水……400ml
プチトマト……6個
玉ねぎ……2分の1
厚揚げ……1枚
和風顆粒出汁……小さじ1
味噌……大さじ1

作り方

1 鍋に水と和風顆粒出汁を入れて沸騰したら半分にカットしたプチトマト、食べやすい大きさにした玉ねぎと厚揚げを入れる。

トマト味噌汁

2 玉ねぎに火が通ったら弱火にして味噌を溶く。器に盛ったらできあがり。

トマト味噌汁完成

豆腐の代わりに厚揚げを

厚揚げ出典:www.photo-ac.com

味噌汁の代表的な具材といえば豆腐ですが、厚揚げもコクが増して味わい深くなるのでおすすめです。
油揚げは一般的に木綿豆腐なので、女性にうれしいイソフラボンやカルシウムなどの栄養価がぎゅうぎゅうに詰まっています。

味噌汁で調整

味噌汁出典:stock.adobe.com

身体のためにバランスの良い食事をしたいけど、毎日完璧な献立を考えるのは難しいですね。
主菜や副菜で使わなかった野菜、冷蔵庫の余った食材などを味噌汁の具として使うと全体の食事の調整がとりやすいです。
細かいことは考えず、複数の食材を食べることで色々な栄養をいただいていきましょう!

広告

著者

坂下莉咲さんプロフィール

坂下莉咲

身体の中から美容と健康を意識した「1日1発酵食品」を習慣に。 美容業に携わって10年以上。理想の肌へ導くカウンセリングでは、食事などのインナーケアとスキンケアの両面からアドバイス。 科学的根拠のある美容知識をInstagramやTwitterで発信中。 saitaでは腸がよろこぶ簡単レシピをご提案。

【在宅勤務】「saita」編集者を募集中!

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告