カップゼリーの汁がこぼれない「賢い開け方」

料理・グルメ

 カップゼリーの汁がこぼれない「賢い開け方」

2023.10.17

ゼリーのふたを開封するとき、汁がこぼれることはありませんか? 「汁が飛び散る」とわかっているのに、毎回汚れてしまう……。 そんなプチストレスは、開け方を変えるだけで解消できますよ。

広告

「手前から奥」に開けるのはNG

カップゼリーを開けるとき、「手間から奥」にふたを開ける方は少なくないと思います。
私もそうでした。

でも、ふたを手前から奥にはがすと、高確率でゼリーの汁がこぼれます。
手前にひっぱることで、カップの容器がぶれてしまうことが原因です。

こぼれないゼリーの開け方

汚さずにゼリーを開ける方法は……。丸型のカップゼリー

「奥から手前に」開けるだけ!
「たったこれだけ?」と思うかもしれませんが、ふたをはがす方向を逆にするだけで、汁がこぼれにくくなるんです。

実際に、丸型のゼリーで試してみます。

つまみを上にしたカップゼリー

ゼリーのふたについている「つまみ」を奥にして……。

つまみを手間に引っ張る

手前側にゆっくりとひっぱります!

ふたをさらに引っ張る

すると……。

きれいに開封できたカップゼリー

この通り!ゼリーの汁をこぼさずきれいに開封できました。

この方法なら、テーブルを拭いたり手を洗ったりする“ひと手間”がなく、ゼリーをすぐに食べられます。
手がベトベトにならない開け方、地味にすごいライフハックです!

ミニゼリーの汁もこぼれない

ゼリー出典:stock.adobe.com

少しだけ食べたいときに重宝する「ミニゼリー」も、奥から手前の開け方で汁をこぼさずに食べられますよ。
力もいらないので、子どもでも簡単。
子どもたちに汁がこぼれない開け方を教えてからは、ゼリー液で飛び散った後の掃除や洗濯から解放されました。

食後のデザートやおやつにゼリーを食べるときは、ぜひ「奥から手前」の開け方を試してみてくださいね。

広告

著者

三木ちな

三木ちな

クリンネスト1級の資格を保有し、お掃除のプロとして掃除の知識と技術を発信する、子ども3人のママライター。時短家事スペシャリストを受講し、家事や仕事で忙しい人でも「簡単にできるお掃除方法」を得意とする。 また、節約生活スペシャリストとして、食費2万円台で暮らす節約術や、ふるさと納税、業務スーパーのお買い物術などみんなが知りたい情報をいちはやくキャッチしお伝えしています。 腸活アドバイザーの資格を活かし、節約術だけでなく、カラダにいい食費節約術も発信中。

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告