「キッチンシンク」がいつもキレイな人がやっている“月に1度のお手入れ習慣”

家のこと

2023.11.05

キッチンシンクは、調理や洗い物で毎日使用するため、汚れやくすみがたまりがち。でも、月1回のお手入れを続けることで、常に清潔なキッチンシンクを維持することが可能です。この記事では、キッチンシンクがいつもキレイな人が実践している3つのお手入れ方法をご紹介します。どの方法も簡単に行えるので、無理なく試すことができますよ。

広告

「月に1度の3つのお手入れ」でキッチンシンクをいつもキレイに保つ方法

いつもシンクがキレイな人

お掃除スペシャリスト(クリンネスト1級)のaidogです。

キッチンシンクは、毎日の調理や洗い物に使うため、汚れやくすみがたまりがちです。排水口からの臭いも気になりますよね。毎日キレイに掃除するのも忙しい私たちにとってはむずかしいところ。でも、月1回のお手入れを続けることで、いつも清潔なキッチンシンクを維持することが可能です。今回は、キッチンシンクがいつもキレイな人が実践している3つのお手入れ方法をご紹介します。

1. 洗剤不要でお湯だけでできる「排水口のお手入れ」

排水口は食材カスや油による汚れがたまりやすく、放っておくと詰まりや臭いが発生しやすくなります。排水口はあまり触りたくないとつい放ったらかしにしてしまいがちですが、月に一度、シンクにお湯をためて一気に流すだけで解消できるんです。

具体的な手順は以下の通りです。

排水口を塞ぐ

まず、排水口をシリコンラップなどで塞ぎます。

お湯をためる

シンクに40〜50度のお湯を8割程度ためます。

一気に流す

シリコンラップを外して、一気に流します。これにより、排水管内の汚れや詰まりを効果的に洗い流すことができます。臭いや詰まりが気になった時には、ぜひこの方法を試してみてください。

2. 「シンクのくすみ」はクリームクレンザーで落とす

ジフ

キッチンシンクは、食材による油汚れや水滴が残ることで水垢が発生し、それがくすみの原因となります。これを解決するためには、クリームクレンザーのジフを使ってシンクの表面を丁寧にこすり洗いをしましょう。

シンクを磨く

やわらかいスポンジにジフをつけ、くるくると円を描くように優しくこすります。

ピカピカなシンク

この作業は月1回程度行うことで、シンクをツヤピカな状態に保つことができますよ。

3. 「シンク汚れの予防」に月1の撥水コーティング

撥水スプレー

毎日シンクを掃除するのが困難な場合は、あらかじめ汚れの付着予防として撥水スプレーをしておくことがおすすめです。キッチンシンクに撥水スプレーを吹きかけておくと、水や汚れが表面にくっつきにくくなります。

玉のように弾く

撥水スプレーを使ってシンクをコーティングすると、水が流れると玉のように弾くようになります。これにより、シンクの清潔さを長期間にわたって維持するのに役立ちますよ。

月に1回のお手入れルーティンで清潔なシンクを維持しよう

キッチンシンクは毎日使う場所であり、そのため汚れがたまりやすいものです。しかし、月1回のお手入れを行うことで、排水口の臭いや詰まりから解放され、シンクを輝かせることができます。さらに、予防策を実践することで、清潔なキッチン環境を維持しやすくなります。ぜひ、これらの方法を試して、清潔なキッチンシンクを手に入れてくださいね。

広告

著者

aidog

aidog

5人家族40代主婦。youtuberとして活動中。YouTubeチャンネル『暮らしを整える わたしの習慣 / aidog channel』『暮らしを整える お掃除vlog』にて、簡単に取り組める掃除・片付け・まとめ買い・料理など家事全般について発信。ウタマロクリーナーやオキシクリーンを活用した掃除術が得意。

【在宅勤務】「saita」編集者を募集中!

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告