「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

たたんでウエストに収納☆ エルゴのだっこひもをコンパクトにする方法

家族・人間関係

 たたんでウエストに収納☆ エルゴのだっこひもをコンパクトにする方法

2017.05.09

抱っこ紐の持ち歩き、みなさんどうしていますか?

ベビーカーのカゴにガサッと入れている?

抱っこ紐カバーでまとめている?


エルゴ愛用ママには是非実践していただきたい、使えるエルゴのたたみ方をご紹介します!

エルゴのたたみ方☆

①まずこの状態から始めます。

②肩バンドを折り込みます。

③肩バンドの部分を覆うように丸めます。

④腰ベルトの部分を折り返します。

⑤ヘッドカバーの部分をエルゴマークが見えるように、キツめに巻きつけます。

⑥ヘッドカバーを留めるスナップベルトを、入れ込みます。

⑦腰ベルトのバックルを留めて、完成です!

ウエストに装着すると、片手で抱っこ出来ちゃう!?

装着するときは、ウエストの位置で少しキツめにベルトを調節します。

肩ベルト部分が、お腹と腰ベルトで挟まれているので、子供が乗っても崩れにくいんです♪

肩ベルトがしっかりしているエルゴは、このたたみ方をすることで、椅子の役割になってくれます!

なので子供を抱っこする時に、エルゴにお尻を乗せて、お尻や背中を支えてあげるだけで楽々抱っこが出来ちゃいます♪

子供も、素手の抱っこよりも座面の安定感があるおかげか、しっかり座れてあまり暴れず、このまま寝てしまうことも!

スナップで留めたりしているわけではないので、時間が経つと崩れてきてしまいます。

ですが、簡単に元に戻せるし、使いたいときにすぐに使えるので、とても便利です♪
何より、カバーなど専用の物を購入する必要がないのも経済的です!

お出かけ先や電車の中で、抱っこ紐だと暑苦しいけど、素手で抱っこはツライ、、、

そんなときに、是非このたたみ方を実践してみてください☆

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。

この記事をシェア