「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

快感♪ 意外と知らない里芋の皮をツルっと剥く方法

料理・グルメ

 快感♪ 意外と知らない里芋の皮をツルっと剥く方法

2017.11.18

根菜がおいしいこの季節。我が家では里芋の出番が増えてきました。でも里芋の皮って剥きにくいですよね・・・。

生の里芋は固くて剥きにくいし、加熱してから剥くとツルツル滑ってやりにくい。そんな悩ましい里芋の皮むきですが、ちょっとしたことでツルっと剥けちゃうんです。子どもにも簡単ですし、何より快感すぎるので、ぜひやってみてほしいです♪

1.里芋を皮ごと茹でる

↑圧力鍋で皮ごとゆでます

↑ゆでた後は水にさらしたりせずに、お湯を切ってそのままに

煮物にしたくて生のまま切りたい、という場合には活用できないのですが、コロッケや下茹でなど、そのまま火を通したい時にはこの方法がイチオシ!

まず、さっと洗って圧力鍋に投入。半分くらいの高さまで水を入れて、火にかけます。圧力鍋がなければ、普通の鍋でもOKですが、水はたっぷり入れて。そして加熱時間が余分にかかります。

圧力鍋なら圧がかかってから約5分、火を消したら圧が下がるまで放置です。普通の鍋なら、竹串などで里芋の芯までしっかり柔らかくなっているかを確認できるまで加熱します。

2.熱いうちにむく!

↑熱いうちにむくとスルっと皮がむけます

↑うまくいくとこんなにパッカーン! とむけて快感♡

茹で上がったらお湯を切ります。そして、熱いうちに皮をむきましょう。めっちゃ熱いのですが、冷めると剥きにくくなります。キッチンペーパーや薄手の布巾などを使って、やけどに気をつけつつ持ちましょう。

そうすると、気持ちいいくらいにスルっと剥けます! 生のままだと大変な里芋の皮むきも、あっという間に終了!

コロッケや揚げ出しが我が家の定番♡

しっかり火を通してあるので、もちろんそのまま料理に使えます。ひき肉と合わせて里芋コロッケにしてもいいですし、一口大に切って片栗粉をまぶして揚げれば、揚げ出し豆腐ならぬ「揚げ出し里芋」♪

茹でて、むいて、潰して、とコロッケは行程が多くて大変ですが、茹でてむくまではこのやり方なら簡単です。

里芋料理したくなりましたか?(笑)

ポイントは、

・皮ごと茹でる
・熱いうちにむく

という点です。

ちょっと面倒な印象がある里芋、ぜひ皮むきをラクラクすませて、おいしい料理にしてくださいね^^

著者

アサミ

アサミ

沖縄移住を目標にフリーライターをしている、怪獣男児2人のママ。 http://okinawa-lifehack.com/

この記事をシェア