暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

三木智有

NPO法人tadaima!

NPO法人tadaima!代表 日本唯一の家事シェア研究家 子育て家庭のためのモヨウ替えコンサルタント

三木智有さんの記事一覧

パートナーが自発的に家事シェアするようになる心理学的3つのステップ

子育て家庭のためのモヨウ替えコンサルタントの三木智有です。 今日は家事の分担について。家族で住んでいるのに、家事の比率がいつの間にか誰か1人が頑張ることになっていませんか? 一緒に住んでいるパートナーに「言うとやってくれる」じゃなくてもっと自発的に家事に取り組んでほしい。なんてご相談をよくうけます。今回はこの“自発的に家事シェアする”ということについて、考えてみたいと思います。 小難しい話には興味なし!という方は「自発的になる3つのポイント」に飛んでください!

本格的な夏がはじまるまえに!省エネでお部屋を涼しくする丸秘インテリア

子育て家庭のためのモヨウ替えコンサルタントの三木智有です。 むしむしジメジメが続きますね。これから本格的な夏に向かいますが、これまでよりも家の中で過ごす時間が増えているというご家族もいるかと思います。 仕事をするにしても、のんびりするにしてもできるだけ省エネで快適に過ごしたいもの。 今日は、そんな夏に向けた快適環境のつくりかたをお伝えします。 ポイントは「熱を遮れ! 冷気を逃がすな!」です。

子ども部屋は何歳になったら作るといいのか #家族のステージに合った家づくり

「自分の部屋が欲しい」小学生になって、お子さんがそう言い始めるご家庭もあると思います。でも「まだうちの子はひとりで眠れないし」「お部屋をつくったらそこで勉強してくれるかな」といろいろ考えますよね。 今回は、お子さんの成長に合わせた子ども部屋つくりのガイドラインをご紹介します!

「勉強しなさい!」という前に。子どもが心地よく勉強できる空間づくり、3つのコツ

NPO法人tadaima!という団体をやっております三木智有といいます。 tadaimaでは家事シェアをする方法やする意味をパパ・ママに向けて広める活動や、元インテリアコーディネーターだった知識を活かして子育て家庭のためのモヨウ替えコーディネートを行っています。 今回は子どもが集中できる空間、勉強したくなる空間の作り方をお伝えします! 3つのポイントを押さえれば、心地よい空間ができますよ!

片付けのイライラが半減!?「洋服がぬぎっぱなし」「使っいっぱなし」がなくなる家具・収納配置の考え方

NPO法人tadaima!という団体をやっております三木智有といいます。 tadaimaでは家事シェアをする方法やする意味をパパ・ママに向けて広める活動や、元インテリアコーディネーターだった知識を活かして子育て家庭のためのモヨウ替えコーディネートを行っています。

【集中できる空間づくり】できるだけお金をかけないで在宅ワーク環境を整える方法

はじめまして。NPO法人tadaima!という団体をやっております三木智有といいます。 tadaimaでは家事シェアをする方法やする意味をパパ・ママに向けて広める活動や、元インテリアコーディネーターだった知識を活かして子育て家庭のためのモヨウ替えコーディネートを行っています。

【片付けの新常識】いらない物を捨てるよりも、ともに過ごしたい物だけに取り替えていく

はじめまして。NPO法人tadaima!という団体をやっております三木智有といいます。 tadaimaでは家事シェアをする方法やする意味をパパ・ママに向けて広める活動や、元インテリアコーディネーターだった知識を活かして子育て家庭のためのモヨウ替えコーディネートを行っています。

「あれどこいった?」をなくしたい……自分のものを自分で管理できるようになる工夫

はじめまして。NPO法人tadaima!という団体をやっております三木智有といいます。 tadaimaでは家事シェアをする方法やする意味をパパ・ママに向けて広める活動や、元インテリアコーディネーターだった知識を活かして子育て家庭のためのモヨウ替えコーディネートを行っています。

テレワークや模様替えで家具を買いたい!選ぶ上で何よりも一番大事にしなくてはいけないこと

はじめまして。NPO法人tadaima!という団体をやっております三木智有といいます。 tadaima!では家事シェアをする方法やする意味をパパ・ママに向けて広める活動や、元インテリアコーディネーターだった知識を活かして子育て家庭のためのモヨウ替えコーディネートを行っています。 今回は、これから家具を新調しようと考えている方へ「家具を選ぶ上でまず何よりも大切にしないといけないこと」をお伝えしていきます。

高まる家族へのストレスを改善!「ステイホーム」期間に育む一生モノの家族の関係

NPO法人tadaima!という団体をやっております三木智有です。 tadaimaでは家事シェアをする方法やする意味をパパ・ママに向けて広める活動や、元インテリアコーディネーターだった知識を活かして子育て家庭のためのモヨウ替えコーディネートを行っています。

ステイホームで家事負担が増えたなら。名もなき家事は家事探しゲームでシェア!

ステイホームの毎日が続き、家事の負担が増えたと感じる人が多いようです。実際、3食の用意だけでも献立を考え、買い出しをし、料理して後片付けまで…… 今までなら外食や給食だったところを毎日やるのですから、その負担は大きいでしょう。そして見逃せないのが「名もなき家事」の負担。 ティッシュやトイレットペーパーの入れ替えやゴミ箱の回収……ちょっとしたことなんだけど、意外と大きい負担になっているかも。 でも、今のこの「家族みんなが家にいる」状況を活かし、名もなき家事にスポットライトを当てて、家事をまるっとシェアする絶好の機会かもしれませんよ!

話題になっている「コロナ離婚」なるものを考えてみた

NPO法人tadaima!という団体をやっております三木智有です。 tadaimaでは家事シェアをする方法やする意味をパパ・ママに向けて広める活動や、元インテリアコーディネーターだった知識を活かして子育て家庭のためのモヨウ替えコーディネートを行っています。

家事を抱え込んでいませんか?「思ったようにならなくて、夫に家事を任せられない」壁の乗り越え方

家事をシェアしたいのに結局自分で抱えてしまっていませんか。 家事をみんなでシェアすることで家族にとっていいことがたくさんある、というのはNPO法人tadaima!の三木さん。家事を分担する際の「自分がやったほうが早い」という壁について聞きました。 関連記事:子どもが「家事はママの役目」と思っていませんか?

子どもが「家事はママの役目」と思っていませんか?

家族が「家事はママの役目だから、やってもらって当然」と思っていませんか? 家事をみんなでシェアすると家族にとっていいこといっぱい!というのはNPO法人tadaima!の三木さん。家事分担について伺いました。

家事のメイン担当は私!?家事分担で感じた「モヤッ」の解決方法

結婚するときに「家事分担」について話し合いましたか? なんとなく「妻」の側に偏っていたりしませんか? 家事をみんなでシェアすると家族にとっていいこといっぱい!というのはNPO法人tadaima!の三木さん。家事分担について伺いました。

家の中で「私だけが頑張っている」と感じていませんか。ママの負担を減らす「ギブアップ宣言」とは?

家事が一人に偏ってしまっていませんか?家事をみんなでシェアするといいこといっぱい!というのはNPO法人tadaima!の三木さん。家事分担についての悩みを相談してみました。

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP