「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

子どもと接するときのコツって?【物知りおばあちゃんの子育てアドバイスvol.9】

家族・人間関係

 子どもと接するときのコツって?【物知りおばあちゃんの子育てアドバイスvol.9】

2019.01.23

友達や子育てサークル、幼稚園など、自分の子ではない子どもと接する機会って意外とありますよね。自分の子と同じように接しても反応が薄いときは、どう接したらいいのか迷ってしまいます。その不安を解消すべく、子どもと接するときのコツを教えてもらいました。

子どもと接するときのコツって?

子どもは元気だから、明るく話しかければいいというものではありません。どういう人なのか、子どものほうだって観察しているのです。だから、心を開いてもらいたいなら、子どもと同じ目線に立ち、その子のペースに合わせてあげること。一人一人ペースが違うので、その子がどんな声のトーンなのか、どんな話し方するのかなどを判断しながら、接してあげることが大事になります。距離が縮まれば、その後は子どものほうから、遊んでほしくて話しかけてきてくれるはずです。

子どもって不思議なもので、同じように話しかけても、すぐに仲良くなれる子とそうでない子がいますよね。そんなときは、無理しないで時々話しかけるようにしたら、何日越しで話してくれたという経験を筆者は持っています。今ではすっかり仲良しになったので、きっとそれが、その子のペースだったんですね。その子に合わせてあげる。それだけのことですが、子どもからしてみたら、とっても大切なことなんだと改めて思い知らされました。

監修:子育て心理学協会代表理事:東 ちひろ 文/吉塚さおり

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。

この記事をシェア