「努力できないこと」も才能!?【脳科学者に聞いた!vol.78】

ライフスタイル

 「努力できないこと」も才能!?【脳科学者に聞いた!vol.78】

2019.11.26

脳科学者の中野信子さんは、「努力できないこと」もひとつの才能だと話します。その理由とは?

広告

「努力できないこと」もひとつの才能。「面倒だ」と思う気持ちを大切にする

 わたしは、「努力できないこと」もひとつの才能だと考えています。
 なぜ、努力できないことが才能になるのか――。それは、先にも言及したように、限られた時間のなかで無駄な努力をしないことにつながるからです。
 なにかの作業をしていても、しばらくすると飽きてしまう人は、努力できる人と同じ成果をあげるために、自然と効率的に達成できるような工夫をします。そして、ただ目の前のことだけにこつこつと取り組むのではなく、もっと広い視野からものごとを見つめ、効率的な仕組みを考えたり、優れた人を集めてチームをつくったりすることができるのです。
 もちろん、「面倒だ」といってなにもしないのではなく、そんな工夫をすることに意識を向ける必要はあります。でも、そうして生み出した工夫や発想はときに、努力するだけの人には到底およばないような大きな成果を生み出すことがあります。
 つまり、脳の構造でいうと、冷静に損得勘定をする「島皮質」の働きを存分に生かして、発想を生み出すことに力点を置けばいいのです。
「わたしはなにをやっても続かない」と自分を否定するのではなく、「面倒だ」と思うその気持ちこそ大切に扱って、自分が持って生まれたものを肯定することが大切なのです。

『脳科学で自分を変える! 自己肯定感が高まる脳の使い方』好評発売中

中野信子(なかの・のぶこ)
脳科学者、医学博士、認知科学者。横浜市立大学、東日本国際大学などで教鞭を執る。脳科学や心理学をテーマに研究や執筆活動を行うほか、その知見を生かしてテレビや雑誌でも活躍。社会問題やビジネス、カルチャーなど、幅広い分野を、科学の視点で読み解く語り口が人気。

『脳科学で自分を変える! 自己肯定感が高まる脳の使い方』
価格:680円(税込:748円)
出版社:セブン&アイ出版
セブン&アイ出版
購入は
https://7net.omni7.jp/detail/1106989395

saitaとは

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

広告

著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。

\【40代限定】saita読者アンケート/
回答でAmazonギフト抽選でプレゼント!

気になるタグをチェック!

広告