暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

今こそ暮らしをシンプルに。整理収納アドバイザーが提案する「自分にとって心地いい住まいづくり」

kazuko

外出自粛や在宅勤務の日々が続き、おうちで過ごす時間が増えましたね。
この機会に暮らしを見直したい! シンプルな暮らしがしたい! とお考えの方も多いのではないでしょうか? 
自分にとって心地いい暮らしを見つけるために、シンプルな暮らしを手にするために私が実践したことをご紹介します。

インテリアのテーマカラーを決める

我が家のテーマカラーは、白、黒、グレー(シルバー)

自分の好きな色、落ち着く色を見極めて、テーマカラーを3色に絞って決める。
色数を少なくするだけで、空間はぐっとシンプルになります。初めから家中全部は無理なので、場所を絞ってスタートしてみてください。

モノと向き合い『必要なモノ』『使っているモノ』『好きなモノ』なのか、考えてみる

キッチンは、必要なモノか使っているものかが明確になりやすい

モノを、ひとつひとつ手に取り、自分にとって『必要なモノ』なのか、『使っているモノ』なのか、『好きなモノ』なのか考えてみます。そうすることで、これからもそのモノを、持ち続ける必要があるのか、答えが見えてきます。
自分にとって大切なモノであるか、見極めるために必要な作業です。
自分にとって心地いい暮らしを手に入れるため、じっくりモノと向き合いましょう。

自分の意志で家に入れたモノ以外のモノを、手放してみる

家の中には、絶えずモノが入ってきます。中には、自分の意志で入れたモノ以外のモノも多いです。例えば、チラシやDM、または景品などもそれに含まれます。それらを家の中から追い出してみましょう。また、家の中に入ってこないようにすることも、意識してみましょう。景品などは「結構です」と断ることも必要です。

家の中に何も置かない余白のスペースをつくってみる

家の中に飾るスペース、しまうスペース以外に、何も置かない余白のスペースをつくってみることを意識してみてください。余白があることで、ディスプレイされているモノが、際立ち、空間が生き生きしてきます。

鉛筆やペン、タオルやハンカチ、用途別にモノを集めてモノの量を把握する

家中から、鉛筆やペン、タオルやハンカチと、用途別にモノを集めてモノの量を把握してみてください。モノの量から、買い物の傾向や、貰い物の習慣がないかなど気づきがあるかもしれません。暮らしの中にモノが増える習慣がないか?自分自身に問いかけてみて。

最近着ていない洋服を着てみる。そのままオシャレなカフェにおでかけしたいか?自分自身に問いかけてみて

最近着ていない洋服を、実際に着てみることで、どうして着ていないのか改めてじっくり考えてみる。または新たなコーディネートを考えてみる。
そうすることで、今後の洋服選びのヒントが、見つかるかもしれません。
自分に似合うモノ、好きなモノを知ることからはじめてみましょう。
洋服を持ちすぎてしまう方は、クローゼットのポールに掛けられるだけ、引き出しにおさまるだけと、収納のスペースから洋服の量を決めてしまうのも、シンプルクローゼットへの近道です。

シンプルな暮らしといっても、人によって様々。今一度、自分と家族が、心地いい暮らしを送るには、何が必要で何が大切なのか、モノを通して暮らしそのものを見直してみることが大切です。
『こうあるべき』『~ねばならない』にとらわれず、自分の『好き』を大切にして、無駄なモノやコトから距離を置き、自分なりのシンプルライフをはじめてみてください。きっと今よりもっと心地いい暮らしがあなたを待っています。

書いた人:kazuko(整理収納アドバイザー 整理収納教育士)

前日の全体記事ランキング

1

【ホクホクかぼちゃの作り方】旬のかぼちゃを味わい尽くす時短でおいしいレシピ4選

秋から冬に旬を迎えるかぼちゃ。旬の食材であるかぼちゃを買う機会が多い方もいるのではないでしょうか。でもかぼちゃはそのまま冷蔵庫に保存をしておくと、いつの間にか傷んでいませんか。かぼちゃは一体、どう保存したらいいのでしょうか? かぼちゃの保存の仕方や、旬を味わいつくすおすすめレシピをご紹介します。

2

「明日使うノートがない」子どもから夜中に言われて途方に暮れたことない?子育て中の「名もなき家事」 解決法

毎日の生活に欠かせない、掃除に洗濯、炊事に買い物などの家事とは別に「トイレットペーパーの補充・交換」「家族の脱ぎっぱなしの衣類の片付け」「ゴミの分別」など、名前のついていない「名もなき家事」は日常にあふれていますよね。 さらに、新型コロナウイルスの影響でこの「名もなき家事」が増えていることに気づいていますか? たとえば、(手洗いできる)マスクの洗濯、除菌スプレーの詰め替え、こまめな喚起、など。 それに加え、夫がテレワークで昼食の準備が増えたことや、子どもの授業(勉強)が変則的になり、管理が以前より大変、なんてことも。 前回の「名もなき家事の解消法【片付け編】」に続き、今回は【小学生限定・子育て編】の解決方法をご紹介します。 『3人子持ちで起業した理系の主婦が名もなき家事をサクッと解決します!』(実務教育出版)の著者である、香村薫さんからヒントをいただきました。

3

大人向け【パーカー】コーデのコツ|40代でも失敗せず、おしゃれ見えしたい!

カジュアルな印象のパーカーは気取らずに着られて、誰でも1枚は持っているおなじみのアイテム。でも、カジュアルなアイテムの分、部屋着っぽく見えてしまったり、子供っぽく見えてしまうことも。そこで、今回は合わせるアイテムやコツをご紹介! まわりよりもおしゃれに見える、大人にピッタリのコーデばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

4

パサパサした鶏むね肉がプリプリ&ジューシーに変身!鶏むね肉を使った簡単で節約できるレシピ5選

毎日の食事作りで、安い食材は節約のためには積極的に使っていきたいもの。中でも鶏むね肉は、スーパーで売っているお肉の中でも、とても手頃なお値段ですよね。ただ火を通すとパサパサした食感になり、苦手な方も多いのではないでしょうか。 パサパサした食感の鶏むね肉をプリっとおいしく調理するには、コツがあるようです! 鶏むね肉をおいしくジューシーに調理したい方におすすめのレシピ5選をご紹介します。

5

【金銭感覚チェック!】あなたは浪費家?貯蓄家?多くの60代が「老後資金作りは40代が重要」と言う、その理由は

人生には愛や生きがいのほかに必要不可欠なものがありますよね。それはお金です。仕事で一生懸命稼いだお金は、生活のために、子どものために使い、人生を豊かにしてくれます。 とはいえ、仕事で得たお金にも限りがあり、貯えだけでは老後を安心して過ごすことができません。それぞれが自分の人生の現状をしっかり見つめながら、資産を運用していくこと求められています。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP