暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

目指せ“いつもきれいな部屋”!『仕切り収納』で片付けがラクになる!収納アイデア紹介

kazuko

片付けは、モノを取り出して、使ったら元に戻すの繰り返し。

引き出しや収納棚に片付けるときに、仕切りがないとモノが混在したり、平置きに積み重ねておいてしまいませんか? そうすると取り出しにくく、戻しにくい収納になってしまいます。

いつも片付いた部屋を目指すには、取り出しやすく戻しやすい収納の仕組みをつくることがポイントです。

取り出しやすく戻しやすい収納には『仕切り収納』がおすすめ。我が家で実践している仕切り収納を、ご紹介します。
ほんの少しの工夫で、暮らしはグンと快適になりますよ!

キッチンのトレイは仕切りスタンドに立てて収納して、なだれをストップ!

トレイを仕切りスタンドに立てて収納することで、取り出しやすくしまいやすいが叶います。仕切りがあることで、トレイを1つ取り出しても、なだれが起きず、ストレスフリーで台所仕事を行うことができます。

キッチンのボウルやホットプレートは仕切り棚で空間を有効活用

仕切り棚を活用することで、空間を有効活用! 上のモノをどけてから、下のモノを取り出すという煩わしさもないので、取り出しやすくしまいやすいが叶います。見た目にもどこに何があるか一目瞭然です。

カップ類は種類別に整理ボックスで縦に仕切って奥行きを有効活用

カップ類は種類別に、整理ボックスごとに仕切ってしまうことで、目的のものを取り出しやすくなり、奥行きも有効活用しています。来客時のお茶の準備も楽に行えます。仕切り棚とダブル使いすることで、コースターやトレイの収納スペースも確保できました。

冷蔵庫のドアポケットで倒れやすい調味料はドアポケット用仕切りでストレスフリー!

様々な調味料をしまう冷蔵庫のドアポケットは調味料が倒れやすく、いざ料理に取り掛かろうというときに、取り出しにくくプチストレスでした。
ドアポケット仕切りを活用することで、調味料が倒れることはなくなりストレスフリーに! ささいなことですが、プチストレスがなくなったことで気持ちよく料理に取り組むことができるようになりました。

  • 1
  • /
  • 2

前日の全体記事ランキング

1

新聞紙で作れる「簡易保冷剤」を警視庁が発信!緊急時に使えます!

まだまだ暑い日が続きます。 熱中症対策や予防策など、いろいろな方法が伝えられています。 そこで警視庁警備部災害対策課が発信する警視庁ツイートに、簡単で知っていると便利な熱中症対策があったので、試してみました。

2

【防災の知恵】防災グッズは絶対「水缶ポリタンク」にまとめてインすべき!いざという時持ち運びしやすい!

9月1日は「防災の日」ですね。 災害などの非常時に備えた防災グッズの準備は万端でしょうか? さまざまなグッズをまとめるために、持ち出しやすいようにリュックの中に入れたり、備蓄食品などを段ボールにまとめたりする方法をとっている方が多いと思います。 意外とかさばる防災グッズの保管場所にお悩みの皆さん、じつは「水缶ポリタンク」を活用すると、スッキリと収納することができるんです。実際に防災グッズを水缶ポリタンクの中に入れ、試してみました。

3

そうめんの新常識!?ゆで時間を倍にする「4分そうめん」が衝撃のおいしさなんです!

夏の定番といえば、やっぱり麺類! つるんと喉ごしのいい麺は、暑くて食欲が落ちているときにも食べやすいので助かりますよね。夏の麺類の定番中の定番が“そうめん”ですが、表示時間の倍の時間でゆでる「4分そうめん」で、おいしさがアップするのを知っていますか? 半信半疑で、実際に試してみました。

4

【ユニクロ】ラクチンなのにきちんと見える「オープンカラーシャツ」のおすすめコーデ

夏になると楽ちんなTシャツばかり着てしまうけど、コーデによってはヨレッとだらしなく見えてしまうことも…。40代には、Tシャツよりもシャツがおすすめ。特に「オープンカラーシャツ」なら顔まわりがスッキリ見えるし、程よくきちんとした印象もあるので、オフィスカジュアルにもぴったりですよ。

5

使い終わったコーヒー"かす"はそのまま捨ててはもったいない!便利で有効な3つの活用法

コーヒーを自宅で飲んでいる方に質問です。コーヒーを飲んだ後のコーヒーかすはどうしていますか?  そのまま捨ててしまっている方は、もったいない! コーヒーかすはとっても便利に活用することができるんですよ。いつもコーヒーかすは捨てているという方に、活用法をご紹介します。

この記事をシェアする

TOP