暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

新しいスタンダードとなった「テレメイク」&「マスクメイク」!美人度アップの3つのポイントとは?

saitaPULS編集部

新型コロナウイルスの影響によって、私たちのライフスタイルにも大きな変化が。外出時にはマスクをつけるのが日常化し、自宅でテレワークによるテレビ会議やオンライン飲み会などに出席するなど、さまざまな変化が起きています。

そこで気になってくるのがメイク! PC映えする「テレメイク」やマスク着用時に印象的な目元を演出する「マスクメイク」など、新しい生活様式に合わせたメイクのポイントをご紹介します!

そのメイク、テレビ会議ではNGかも!?

出典:www.photo-ac.com

ライフスタイルが新しくなることで日々のメイクにも変化が起こっているという状況を受けて、こんな調査がおこなわれました。

伊勢半が20代~50代の女性601名を対象に行った「新しいライフスタイルとメイクに関する意識調査」によると、テレビ会議のためにメイクをしている人への「テレビ会議のためのメイクで心がけていること」という質問では、「すっぴんに見えないようなメイクを意識している(61.9%)」という人がもっとも多いことがわかりました。

いくら自宅にいるとはいえ、テレビ会議でノーメイク姿をさらすことにはやはり抵抗感がありますよね。調査結果によると、テレビ会議に臨むときのメイクについて、「血色良く(顔色を良く)見えるように意識している」が42.9%、「目がパッチリ見えるように意識している」が33.3%と続いています。

テレビ会議用のメイク、合ってる? 間違ってる?

出典:www.photo-ac.com
オンライン画面上の映りを良くするためには、まずPCカメラの性質を正しく把握することから。

テレビ会議で映えるために、普段のとは違ったメイクを心がけている人が多いようですが、そのメイク、実は正しくない可能性があるようです。

みなさんは以下の3つの質問について、どれが正解かわかりますか?

Q1.PCのカメラではトーンダウンして見えるため、テレビ会議サービスを使う際には黒のマスカラやアイラインで目元をクッキリさせた方が良い。
A1.…× (正解率51.1%)
→PCカメラではトーンダウンして見えるため、目元に黒色のマスカラやアイラインでは重く見えてしまいがちです。
ブラウン系のアイテムを使うことで、柔らかさと抜け感が出て、優しげな印象に。

Q2.PCのカメラでは赤みが増してしまうので、テレビ会議サービスを使う際にはアイシャドウなどは赤みを抑える色や寒色系が良い。
A2.…× (正解率63.6%)
→PCのカメラでは暗く見えたり青っぽく見えてしまうので、アイシャドウなどは暖色を取り入れるのがおすすめです。

Q3.テレビ会議サービスを使う際のメイクでは、ハイライトを目の下に入れることで目元を明るく演出できる。
A3.答え…〇 (正解率61.9%)
→目の下にハイライトを入れると、レフ板効果で目元をパッと明るく演出できます。

気になる「マスクメイク」に関するみんなのお悩みは?

出典:www.photo-ac.com

新型コロナウイルス感染拡大を受け、外出時のマスク着用は欠かせないものになりました。
伊勢半の調査によると、マスク着用時でも、化粧下地(63.7%)やファンデーション(71.0%)などのベースメイクをしっかりやっている人が多いことがわかりました。また、アイブロウ(65.1%)やアイシャドウ(54.3%)、アイライナー(40.0%)、マスカラ(34.9%)など、アイメイクに関するアイテムも比較的使用率が高いことから、マスクで隠れない目元のメイクに力を入れている人が多いことが伺えます。

マスク着用時の悩みに関しては、1位「マスクの中が蒸れる(62.8%)」、2位「メイクが落ちる(47.2%)」の結果から、多くの人が蒸れやすい「マスク」と擦れに弱い「メイク」の両立に悩みを抱えていることがわかりました。

※調査結果・伊勢半調べ
【調査概要】
調査対象:20代~50代の全国の女性601人
集計方法:インターネット調査
調査期間:2020年5月15日~5月17日
※調査結果の数値は小数点以下を適宜四捨五入して表示しているため、積み上げ計算すると誤差がでる場合があります。

  • 1
  • /
  • 2

前日の全体記事ランキング

1

夏マスクの涼しさ徹底比較!ユニクロ、イオン、無印良品、ハッカスプレー4種類のマスク、それぞれの使い心地は

今年の夏は、“うつさない、もらわない”新しい生活様式として、マスクの着用が求められています。暑い季節は汗をかいて蒸れたり、息苦しさを感じたり、不快な思いをしてマスクストレスを抱えている方も多いのではないでしょうか。 そこで試してみたくなるのが、つけ心地が涼しく、夏でも快適だとウワサのマスク。「購入したいけれど、どれがいいのかわからない!」という方のために、①ユニクロの「エアリズムマスク」、②イオンの「PASTEL MASK(パステルマスク)洗って使える3Dマスク」、③無印良品の「繰り返し使える2枚組・マスク(サッカー織り)」に加え、④使い捨ての不織布マスクにハッカスプレーを吹きかけたもの、の4つのマスクを実際につけ、どのマスクが快適に感じるのかを比較してみました。夏用マスクの購入を検討中の方は参考にしてみてくださいね。

2

【料理の裏ワザ】とうもろこしの粒をズババッとあっという間に取る方法【動画付き】

夏に美味しいとうもろこしは、加熱したあと、丸ごとかぶりついて食べるのが最高ですが、粒を切り離して、様々な料理に活用、調理することもありますよね。 その時に気になるのが、どうやって芯から切り離すのか… そこで今回は、とうもろこしの実を無駄にせず、簡単かつスピーディに芯から切り離す方法をご紹介します。

3

”冷凍トースト”が忙しい朝を変える!具材をのせて冷凍するだけ!朝は焼くだけのラクちん朝食

みなさん、食パンの保存方法ってどうしていますか? 食パンの保存方法に適しているのは冷凍といわれています。 食パンをラップに包んで冷凍するときにちょっとひと手間加えてみませんか? 好きな具材をのせて冷凍しておけば、食べたいときにそのまま焼くだけで大満足なトーストが食べられちゃいます。 忙しい朝に大活躍まちがいなし!

4

母親になってから窮屈だと感じたことがある人へ。「母親だからという呪縛」は華麗にスルーがちょうどいい

子どもを産んでから、大人になってから、「なんとなくこうしなきゃ」という呪縛にかかっている人は多いものです。 例えば、「ご飯は手作り」「家事の主体は女性」。やりたくてやっているならOKですが、不満に思いながらも「自分の母親もやっていたし」と思って我慢しているなら、そろそろその価値観を手放してもいい頃かもしれません。 常に「自分はどうしたいか」と向き合いながら生きてきた、経済評論家の勝間和代さんとバリキャリ金融女子の川村真木子さんの対談から、皆さんに「母親・女性像の呪縛からの解放」についてお届けします。

5

夏のインナー徹底比較!ユニクロ、GU、イオン、ヨーカドーのインナーを涼しさ・着心地・脇汗対策で分析

いよいよ気温がグッと上がる真夏の到来! 洋服と一緒に“インナー”も夏用のものにかえて、暑い毎日を快適に過ごしたいですよね。 各ショップで、年々バリエーションが増える夏のインナー。「一体どれを選べばいいの?」「違いはあるの?」と、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、大手メーカー4社であるユニクロ、GU、イオン、イトーヨーカドーの夏用インナー(白キャミソール)をそれぞれ実際に着用し、涼しさや着心地、ニオイと脇汗対応、デザイン性、サイズ感などを比較してみました。よかったら、参考にしてみてくださいね!

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP