暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

【整理収納アドバイザーが伝授】いつでも必要なモノがサッと取り出せる!カバンの整理術

kazuko

外出先でカバンの中をガサゴソ……お目当てのモノが取り出せなくて、イライラ……
そんな経験ありませんか?カバンの中は、必要なモノだけを入れ、きちんと整理しておきたいですよね。いつも使っているカバンこそ中身をしっかり管理・整理することで、外出先でも気持ちよく過ごせるのではないでしょうか。そこで今回は、整理収納アドバイザーの筆者がカバンの中の整理術をご紹介します。

【いつも使っているバックの整理1】まずは中身を全部出してみよう

まずはカバンの中身を、全部出してみましょう。財布や携帯、メイク用品などの必需品のほかに、必要のないものは入っていませんか? 不要なレシートやおやつのゴミなどを、ついついためがちな方も多いのではないでしょうか? カバンの中は、できるだけコンパクトに、必要最低限のモノだけにすることで、カバンが重くなりすぎることもなく、身軽に過ごせます。探し物をする時間も減らせるので、イライラも減らせますよ。

また、「いつか使うかも」「これがないと不安」という不確かなアイテムは、思い切って省くことで、カバンに余白が生まれます。今一度カバンの中身と、向き合ってみてください。

【いつも使っているバックの整理2】カテゴリーごとに分けてみよう

カバンの中のモノを、カテゴリーごとに分けて、ポーチなどを活用して使いやすいようにまとめてみましょう。メイク用品をまとめたメイクポーチ、ガムやキャンディーをまとめたジップ袋など、ポーチを使い分けてみて。
メイクポーチはメッシュ素材のモノや透明のモノを活用するなど、中身を見えるようにしておくのも、お目当てのモノをサッと取り出せるのでおススメです。あれもこれもと詰め込みがちなメイク道具ですが、厳選してコンパクトにすることを意識してみてください。
また、お財布の中も、使っていないポイントカードなどは整理して、スリムな状態にしておけるといいですね。

【いつも使っているバックの整理3】バッグインバッグで持ち物に定位置を

カバンの中がいつの間にかぐちゃぐちゃになってしまうのは、カバンの中に仕切りがないから。バッグインバッグを活用して持ち物に定位置を作りましょう。

バッグインバッグを選ぶポイントは下記3つです。

  • バッグインバッグ本体が自立する
  • 中身が見えやすいカラー(柄物でない方が◎)
  • 軽くてシンプルな作り


カバンを変える際も、バッグインバッグごと入れ替えることができるので便利です。それぞれのアイテムの定位置を決めておけば、バッグインバッグが乱れることもありません。愛用しているカバンのサイズに合った、バッグインバッグを見つけてくださいね。

【いつも使っているバックの整理4】ダイソーのキークリップでカギを迷子にさせない

ダイソーのキークリップをバッグインバッグのポケットにはさんでおけば、カバンの中で、カギが迷子になることもありません。クリップ部分がしっかりしているので、簡単には外れないのも嬉しいポイントです。
荷物がたくさんの帰宅の際、鍵を探すことも多かったですが、キークリップのおかげでそんなストレスもなくなりました。

いかがでしたか? カバンの中がスッキリ整っていたら、外出時、フットワーク軽く過ごせそうですよね。家の中を整えるのと同じように、カバンの中の整理を、是非習慣化して、外出時も気持ちよく過ごしましょう。

前日の全体記事ランキング

1

【夏のフットネイル】ネイルシールって実際どうなの?半信半疑で使ってみたら……やり方と持ちの良さをレポート

サンダルを履く機会が増える夏に必須なのがフットネイル。なるべく外出を控えたい今、手軽なのは自宅でできるセルフネイルですが、単色塗りになりがちなのと、落ちやすいのがストレスですよね。そこで、貼って削るだけでおしゃれなネイルアートが楽しめるフットネイルシールを試してみました!

2

毎日たった4分で体が確実に変わる!「フランス式膣トレ」実践しよう【後編】

パーソナルトレーナーのベルジェロン容子です。 産後出会ったフランスの「膣トレ」を日本でも自宅で簡単にできるようにしたいと「フランス式膣トレ」を考案しました。 「膣トレ」は筋トレです。膣を意識することで鍛えられるのは骨盤底筋からみぞおちにかけてのインナーマッスル。見えない部分の筋肉群です。前回の【前編】でチャレンジした2か所に続き、今回は最後の穴“経口”部分を2種類のイメージを使って動かしていきます。「フランス式膣トレ」で女性の大切な部分をきちんと整え、数多ある「膣トレ」の効果をあなたの心身でぜひ体感してください! フランス式膣トレ【前編】  さぁ、「フランス式膣トレ」を始めましょう。

3

寝苦しい夜でも快眠できる方法5選|冷房が苦手な方でも快適に眠れる工夫

夏になると、毎晩寝苦しい日々が続きます。でもエアコンが苦手な方も多いかと思います。そんなときに手軽に暑さを和らげることができるグッズや方法をご紹介します。

4

【夏の食中毒対策】水筒をいつも清潔に保つ洗い方【動画付き】

夏になると食中毒のリスクが高まります。 子どもたちに持たせたり、何気なく使用している水筒にもその脅威は潜んでいるのです。 健康な毎日を過ごすためにも、毎日の水筒ケアを確認していきましょう。

5

【徹底比較】100均で買えるゴミ袋のコスパ・使いやすさを比べてみた!レジ袋有料化でゴミ袋どうする?

2020年7月1日より、全国でプラスチック製の買い物袋の有料化が始まりました。資源・廃棄物制約、海洋プラスチックごみ問題、地球温暖化などの環境問題と向き合うため、有料化を通じて、プラスチックの過剰な使用を抑えようという意識改革が求められています。 エコバッグ生活には慣れてきたものの、スーパーやコンビニエンスストアでレジ袋をもらわなくなると不都合に感じるのが、“自宅のゴミ袋がなくなる”ということ。「今までレジ袋をゴミ袋として再利用していたのに、どうしよう?」という声も多くあがっているそうです。なるべくプラスチック製の袋の使用回数を減らそうと工夫はしつつも、生ゴミをまとめるときなどは、衛生面の観点から引き続きビニール袋が必要なシーンも……。そんなときのために、賢くストックしておきたいですよね。 そこで今回は、ダイソー、セリア、キャンドゥの100円ショップで販売されている、さまざまなゴミ袋をまとめてみました。サイズやコスパなどを比較し、家庭で使いやすいビニール袋をタイプ別でご紹介します。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP