暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

【整理収納アドバイザーが伝授】デッドスペースをおしゃれに有効活用!マグネット収納アイデア

kazuko

マグネット収納は冷蔵庫や洗濯機横のデッドスペースを有効に活用できる万能収納術。100円SHOPなどでも、様々な種類のマグネット付きの収納用品を見かけます。
マグネット収納は万能ですが、デメリットはやり方によっては生活感が出てしまうところ。

そこで今回は、我が家で活用している便利なマグネット収納アイデアをご紹介します。

【玄関編】お出かけ時に必要なアイテムはマグネット収納で忘れない!

バスルーム用のマグネットが傘収納にピッタリ!

玄関はお出かけ時に必要なアイテムを、マグネット収納にすることで忘れ物を防いでいます。マスクは100円SHOPのキッチン消耗品ケースにマグネットシールを張り付けて活用しています。また子どもたちが外遊びの際に忘れがちな、虫よけスプレーを100円SHOPのマグネットタイプの傘たてにしまっています。
宅配の荷物の受け取りの際に必要な印鑑、回覧板のサインに必要なボールペンには、マグネットを貼り付けています。
また、帰宅後の濡れた傘を、玄関外の外壁にマグネットバーを貼り付けて掛ける収納にしています。我が家はガルバニウムの外壁なのでマグネットが付きましたが、玄関ドアにつけるのもおすすめです。

【冷蔵庫編】キッチングッズはマグネット収納で取り出しやすくしまいやすい!

冷蔵庫横はデッドスペースになりやすいですが、マグネットを活用することでデッドスペースを有効活用できます。マグネットフックには、キッチンタオル、エプロン、鍋敷きを吊り下げ収納しています。
パッケージがそのままだと生活感の出るラップ類も、マグネット付きのラップケースを活用することで、使いやすさと見た目のスッキリも叶えています。

収納場所に悩みがちなキッチンペーパーは、towerのマグネットホルダーを活用することで調理中も手を止めず取り出せます。開封済みの食品の袋を閉じるクリップは、無印良品のマグネットバー+PPポケットに収納して、サッと取り出せるようにしています。

【洗濯機編】洗濯まわりの道具はマグネット収納でひとまとめ

洗濯機横には、マグネットフックを貼り付けて、ランドリーバッグ、ランドーリーネットの定位置にして洗濯関係のアイテムを集結させています。子どもたちの学校の名札も、洗濯前に取り忘れることのないように、洗濯機横のフックを定位置にしています。こちらは100円SHOPのフックに、マグネットテープを貼り付けています。

【リビング】スチールワゴンにマグネットフックをつけて卓上クリーナーの定位置に

リビングのスチールワゴンに、マグネットフックをつけて卓上クリーナーの定位置にしています。子どもたちの食べこぼしや、消しゴムのカスを掃除するのにベストな場所です。

【子ども部屋】無印良品のスチールラックにマグネットでお便り管理!

無印良品のスチールラックに、マグネット付きクリップを活用して時間割などのお便りを貼り付けています。また、ゴミ袋をマグネットで貼り付けてミニゴミ箱として活用。消しゴムのカスをサッと入れられて便利です。

マグネット収納のアイデアをご紹介しましたが、いかがでしたか?家の中を見渡すと、マグネットの付く場所って結構あるものです。

収納したいものが柄のあるものだったり生活感が出そうなものはふた付きだったり全部隠れるようなマグネット収納に入れてしまいましょう。

手軽に真似できるアイデアばかりですので、デッドスペースの有効活用に、是非参考にしながら実践してみてくださいね!





kazuko

整理収納アドバイザー 整理収納教育士

前日の全体記事ランキング

1

夏マスクの涼しさ徹底比較!ユニクロ、イオン、無印良品、ハッカスプレー4種類のマスク、それぞれの使い心地は

今年の夏は、“うつさない、もらわない”新しい生活様式として、マスクの着用が求められています。暑い季節は汗をかいて蒸れたり、息苦しさを感じたり、不快な思いをしてマスクストレスを抱えている方も多いのではないでしょうか。 そこで試してみたくなるのが、つけ心地が涼しく、夏でも快適だとウワサのマスク。「購入したいけれど、どれがいいのかわからない!」という方のために、①ユニクロの「エアリズムマスク」、②イオンの「PASTEL MASK(パステルマスク)洗って使える3Dマスク」、③無印良品の「繰り返し使える2枚組・マスク(サッカー織り)」に加え、④使い捨ての不織布マスクにハッカスプレーを吹きかけたもの、の4つのマスクを実際につけ、どのマスクが快適に感じるのかを比較してみました。夏用マスクの購入を検討中の方は参考にしてみてくださいね。

2

夏のインナー徹底比較!ユニクロ、GU、イオン、ヨーカドーのインナーを涼しさ・着心地・脇汗対策で分析

いよいよ気温がグッと上がる真夏の到来! 洋服と一緒に“インナー”も夏用のものにかえて、暑い毎日を快適に過ごしたいですよね。 各ショップで、年々バリエーションが増える夏のインナー。「一体どれを選べばいいの?」「違いはあるの?」と、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、大手メーカー4社であるユニクロ、GU、イオン、イトーヨーカドーの夏用インナー(白キャミソール)をそれぞれ実際に着用し、涼しさや着心地、ニオイと脇汗対応、デザイン性、サイズ感などを比較してみました。よかったら、参考にしてみてくださいね!

3

ホコリだらけのデッドスペースが収納スペースに!スタイリッシュで使いやすいおすすめ収納アイテム3選

リビングテーブルの上に、いつも家族のものが置いてありごちゃごちゃ……。片付けたくても収集つかなくて困っている方もいるかもしれませんね。そんなときには、普段デットスペースになっている場所が収納スペースになるかもしれませんよ。今回はリビングに散らかりがちな小物を収納できる便利グッズをご紹介いたします。

4

ハッカ油広報担当者に聞いた!猛暑をしのぐためのハッカ油の使い方3選

いよいよ夏本番。今年はマスクを着けているぶん、体感温度を高く感じそうですね。 そんなこの夏におすすめなのが、「ハッカ油」。 すっきり爽やかな香りが、夏のくらしを快適にしてくれます。 北海道北見市でハッカ油の製造卸ひと筋の株式会社北見ハッカ通商に、 ハッカ油を使った夏のくらしのアイデアを教えてもらいます。

5

エアコンをつけているときの換気は?ダイキン担当者に聞く、節電しながら上手な換気方法とは

2020年の夏は新型コロナウイルス対策としてこまめな換気が欠かせません。その一方で温かい空気が室内に流れ込み、室温が上昇することから、熱中症にも気をつけなければなりません。 そこで、今回はコロナ禍における熱中症対策と空調メーカー・ダイキンが考える夏の効率的な換気を取り上げていきます。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP