暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

30~40代の5人に1人が悩む「ちょい漏れ」。女性の人生と関係が深い排尿トラブルとの付き合い方とは

saitaPULS編集部

歳を重ねるごとに増えてくる、体のさまざまな悩み。実は結構悩んでいるけど、恥ずかしくて人にはとても話せない…。あなたもそんな体の「不調」をひとつくらい持っていませんか?
「少し力んだだけで漏れてしまう」など、意外に女性に多いのが実は排尿トラブル。そこまで深刻な症状でなければ「恥ずかしい」からと誰にも相談せずやり過ごしている人も多いはず。でも、排尿トラブルは特別なことではなく、誰もが経験し得るごく身近な病気なのです。

本格的に悪化する前に女性の排尿トラブルのメカニズムを知り、今日からでも実践できる習慣を重ねていきましょう!

女性の「排尿悩み」はタブー!?若い世代も実は排尿トラブルに悩んでいた

出典:www.3838.com
比較的若い世代から、「尿漏れ」悩みを持つ女性は多い!
出典:www.3838.com

気の許せる女友達や家族相手でも、自分の体の不調についてはなかなか相談できないもの。もしそれが「恥ずかしい」と感じる内容ならなおさらですよね。

はちみつやローヤルゼリーの製造や健康食品などの販売で知られる株式会社山田養蜂場が、全国の自社の通販会員のうち、30代~80代の女性3,366名を対象に「健康に関する意識調査」を行いました。

その結果、数ある体の不調をおさえ「人に相談しにくい悩み」として多数を占めたのは、「頻尿、尿漏れ、膀胱炎(71%)」でした。確かに女性に限らず「頻尿」や「尿漏れ」といったワードは、デリケートな箇所に加えて老化現象の一つというイメージが付きまとってしまうのかもしれません。

ところが、実際の調査によると、30~40代の5人に1人という比較的若い世代でも、排尿トラブルを抱えていることが判明! 年齢にかかわらず誰にでも起こりうる症状だからこそ、皆が気軽に相談できる雰囲気を作っていかなければいけませんね。

また主な尿トラブルの内容としては「力んだ拍子に漏れる(48%)」といった比較的軽いものから、「日中、頻繁にトイレに行きたくなる(37%)」や「夜、寝ている間にトイレに起きる(31%)」など、日常生活に支障をおよぼしそうな内容もそれぞれ3割強を占めています。

こういった排尿トラブルを相談・治療しないまま放っておくと、症状が悪化してお出かけや趣味に対し消極的になるなど、生活の充実度が制限されてしまう可能性も。早いうちに何らかの対策をとることが解決への近道なのです。

40歳以上の過半数は尿漏れ経験アリ!原因は「エイジング」だけではない?

出典:www.photo-ac.com

女性の排尿悩みは、特に尿漏れと頻尿の割合が多いとされています。70~80代になると頻尿症状が目立ちますが、40~50代は尿漏れ症状がメインに。データによると週1回未満の軽い尿漏れを経験している女性は、40歳以上で4割以上とかなり高い割合に上ることがわかっています。つまり決して「高齢者の悩み」に限るわけではないんですね。

この尿漏れのうち8割は、たとえば「重量物を持つため、力んだ拍子に漏れてしまう」など「腹圧性」と呼ばれる症状。「私も経験ある!」とうなずいた人も多いのではないでしょうか。

そもそも排尿トラブルの要因は「エイジング」のほかに、「出産、閉経による骨盤底の緩み」が大きく関係します。妊娠・出産を経験すると骨盤底筋がゆるんで、閉経後は女性ホルモンが低下。加齢に伴い、筋力も低下していきます。

さらに女性ホルモンが低下することで尿路内に菌が入りやすくなり、男性と比べ尿道が短いため膀胱炎も引き起こしやすくなります。この膀胱炎は、「急にトイレに行きたくなる」「トイレに間に合わずに漏れた」といった頻尿や切迫性の症状につながるので要注意。つまり「尿漏れ」は、「頻尿」や「膀胱炎」とも常に密接な関係にあるというわけ。

「まだそこまで深刻じゃないから…」と先延ばししていると、さらに深刻な症状を誘発してしまいかねません。

人生の数あるイベントを経験してきた女性なら、排尿トラブルを抱えるのもごく自然なこと。身近な症状だと理解して早めの対策をとれば、今後の人生をもっと充実させられるはずですよ。

  • 1
  • /
  • 2

前日の全体記事ランキング

1

夏マスクの涼しさ徹底比較!ユニクロ、イオン、無印良品、ハッカスプレー4種類のマスク、それぞれの使い心地は

今年の夏は、“うつさない、もらわない”新しい生活様式として、マスクの着用が求められています。暑い季節は汗をかいて蒸れたり、息苦しさを感じたり、不快な思いをしてマスクストレスを抱えている方も多いのではないでしょうか。 そこで試してみたくなるのが、つけ心地が涼しく、夏でも快適だとウワサのマスク。「購入したいけれど、どれがいいのかわからない!」という方のために、①ユニクロの「エアリズムマスク」、②イオンの「PASTEL MASK(パステルマスク)洗って使える3Dマスク」、③無印良品の「繰り返し使える2枚組・マスク(サッカー織り)」に加え、④使い捨ての不織布マスクにハッカスプレーを吹きかけたもの、の4つのマスクを実際につけ、どのマスクが快適に感じるのかを比較してみました。夏用マスクの購入を検討中の方は参考にしてみてくださいね。

2

夏のインナー徹底比較!ユニクロ、GU、イオン、ヨーカドーのインナーを涼しさ・着心地・脇汗対策で分析

いよいよ気温がグッと上がる真夏の到来! 洋服と一緒に“インナー”も夏用のものにかえて、暑い毎日を快適に過ごしたいですよね。 各ショップで、年々バリエーションが増える夏のインナー。「一体どれを選べばいいの?」「違いはあるの?」と、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、大手メーカー4社であるユニクロ、GU、イオン、イトーヨーカドーの夏用インナー(白キャミソール)をそれぞれ実際に着用し、涼しさや着心地、ニオイと脇汗対応、デザイン性、サイズ感などを比較してみました。よかったら、参考にしてみてくださいね!

3

ホコリだらけのデッドスペースが収納スペースに!スタイリッシュで使いやすいおすすめ収納アイテム3選

リビングテーブルの上に、いつも家族のものが置いてありごちゃごちゃ……。片付けたくても収集つかなくて困っている方もいるかもしれませんね。そんなときには、普段デットスペースになっている場所が収納スペースになるかもしれませんよ。今回はリビングに散らかりがちな小物を収納できる便利グッズをご紹介いたします。

4

ハッカ油広報担当者に聞いた!猛暑をしのぐためのハッカ油の使い方3選

いよいよ夏本番。今年はマスクを着けているぶん、体感温度を高く感じそうですね。 そんなこの夏におすすめなのが、「ハッカ油」。 すっきり爽やかな香りが、夏のくらしを快適にしてくれます。 北海道北見市でハッカ油の製造卸ひと筋の株式会社北見ハッカ通商に、 ハッカ油を使った夏のくらしのアイデアを教えてもらいます。

5

エアコンをつけているときの換気は?ダイキン担当者に聞く、節電しながら上手な換気方法とは

2020年の夏は新型コロナウイルス対策としてこまめな換気が欠かせません。その一方で温かい空気が室内に流れ込み、室温が上昇することから、熱中症にも気をつけなければなりません。 そこで、今回はコロナ禍における熱中症対策と空調メーカー・ダイキンが考える夏の効率的な換気を取り上げていきます。

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP