暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

【梅雨時の除菌掃除・シンク編】スポンジの取り換え目安は?キッチンの菌汚染スポットと掃除法を解説

saitaPULS編集部

じめじめした梅雨時のキッチンまわりの除菌掃除について、「よきモノづくりを通じて、くらしのキレイを作る」花王株式会社に教えてもらう連載「梅雨のキッチン除菌掃除」。
今回は、花王株式会社の河野さんが「要注意な菌汚染スポット!」と話すあの場所の除菌方法を紹介します。

注意が必要な菌も潜んでいる掃除用キッチンスポンジは要注意!

出典:www.photo-ac.com

 前回の「1日使った台ふきんの菌は1万倍に増殖⁉︎」では、花王株式会社の河野さんから、「水分・温度・栄養(汚れ)」の3要素が揃うと、菌が増殖し食中毒のリスクも高まると教えてもらいました。「要注意な菌汚染スポット」と河野さんが話すのが、掃除用キッチンスポンジ

「食器用スポンジに比べ、掃除用キッチンスポンジは、シンクまわりや排水口を掃除するので汚れが多くつきやすく、洗剤に浸されている時間も少ないため、多種多様な菌が存在しています」

 では、掃除用スポンジをどのようにお手入れ(ケア)していけばよいのでしょうか?

「掃除用スポンジは、シンクまわりにあることが多く、常に水分を含んでいますよね。また、掃除をするあいだに菌にとって栄養である汚れもたっぷりつきます。
 菌を減らすには、
① ギュッと固く絞って水分を切る
② 使用後は洗剤を使って汚れをしっかり洗い落とす
③ 汚れが取れなくなったら新しいものに取り替える
この3点がとても大切
です。

 使い古した食器用スポンジを掃除用スポンジとして利用している方も多いと思いますが、この3点に気を付けながら、こまめに新しいものに取り替えるのがおすすめですよ」(河野さん)

毎日のちょこっと掃除で、排水口の掃除はぐっと楽になる!

出典:www.kao.com
ヌメリ・ニオイ予防には、『キッチンハイター 除菌ヌメリとり』を排水口にセット!

「要注意な菌汚染スポット」と河野さんが話すもうひとつの場所が、排水口キッチンでもかなりの要注意スポットだといいます。

「排水口のヌメリには、菌が好む栄養(汚れ)がたっぷり含まれています。もし排水口からのイヤなにおいに気づいたら、それは汚れがたまり菌も増殖している状態。そうなる前に、一日の終わりのちょこっと掃除がおすすめです。
 排水口の掃除は苦手な方が多いと思いますが、毎日簡単にお手入れしたほうが汚れがたまりづらく、排水口掃除のハードルがグッと低くなりますよ」(河野さん)


排水口の除菌掃除


1) 排水口、または排水口ネットに溜まったゴミを取り除く
2) 『キッチン泡ハイター』を排水口にシュシュっと吹きかけて2分ほどおき、流水で洗い流す
3) ヌメリ予防に『キッチンハイター 除菌ヌメリとり』をセットするとさらに効果的

  • 1
  • /
  • 2

前日の全体記事ランキング

1

夏マスクの涼しさ徹底比較!ユニクロ、イオン、無印良品、ハッカスプレー4種類のマスク、それぞれの使い心地は

今年の夏は、“うつさない、もらわない”新しい生活様式として、マスクの着用が求められています。暑い季節は汗をかいて蒸れたり、息苦しさを感じたり、不快な思いをしてマスクストレスを抱えている方も多いのではないでしょうか。 そこで試してみたくなるのが、つけ心地が涼しく、夏でも快適だとウワサのマスク。「購入したいけれど、どれがいいのかわからない!」という方のために、①ユニクロの「エアリズムマスク」、②イオンの「PASTEL MASK(パステルマスク)洗って使える3Dマスク」、③無印良品の「繰り返し使える2枚組・マスク(サッカー織り)」に加え、④使い捨ての不織布マスクにハッカスプレーを吹きかけたもの、の4つのマスクを実際につけ、どのマスクが快適に感じるのかを比較してみました。夏用マスクの購入を検討中の方は参考にしてみてくださいね。

2

【料理の裏ワザ】とうもろこしの粒をズババッとあっという間に取る方法【動画付き】

夏に美味しいとうもろこしは、加熱したあと、丸ごとかぶりついて食べるのが最高ですが、粒を切り離して、様々な料理に活用、調理することもありますよね。 その時に気になるのが、どうやって芯から切り離すのか… そこで今回は、とうもろこしの実を無駄にせず、簡単かつスピーディに芯から切り離す方法をご紹介します。

3

”冷凍トースト”が忙しい朝を変える!具材をのせて冷凍するだけ!朝は焼くだけのラクちん朝食

みなさん、食パンの保存方法ってどうしていますか? 食パンの保存方法に適しているのは冷凍といわれています。 食パンをラップに包んで冷凍するときにちょっとひと手間加えてみませんか? 好きな具材をのせて冷凍しておけば、食べたいときにそのまま焼くだけで大満足なトーストが食べられちゃいます。 忙しい朝に大活躍まちがいなし!

4

母親になってから窮屈だと感じたことがある人へ。「母親だからという呪縛」は華麗にスルーがちょうどいい

子どもを産んでから、大人になってから、「なんとなくこうしなきゃ」という呪縛にかかっている人は多いものです。 例えば、「ご飯は手作り」「家事の主体は女性」。やりたくてやっているならOKですが、不満に思いながらも「自分の母親もやっていたし」と思って我慢しているなら、そろそろその価値観を手放してもいい頃かもしれません。 常に「自分はどうしたいか」と向き合いながら生きてきた、経済評論家の勝間和代さんとバリキャリ金融女子の川村真木子さんの対談から、皆さんに「母親・女性像の呪縛からの解放」についてお届けします。

5

夏のインナー徹底比較!ユニクロ、GU、イオン、ヨーカドーのインナーを涼しさ・着心地・脇汗対策で分析

いよいよ気温がグッと上がる真夏の到来! 洋服と一緒に“インナー”も夏用のものにかえて、暑い毎日を快適に過ごしたいですよね。 各ショップで、年々バリエーションが増える夏のインナー。「一体どれを選べばいいの?」「違いはあるの?」と、購入を検討している方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、大手メーカー4社であるユニクロ、GU、イオン、イトーヨーカドーの夏用インナー(白キャミソール)をそれぞれ実際に着用し、涼しさや着心地、ニオイと脇汗対応、デザイン性、サイズ感などを比較してみました。よかったら、参考にしてみてくださいね!

この記事をシェアする

RECOMMEND

CATEGORY

RANKING

TOP