暮らしの"やってみたいコト"集めましたマガジン

100均アイテムで食品ロスを防げる!? 「野菜在庫チェッカー」の作り方

三條 凛花

「時間を貯める」という概念を提唱する『時間が貯まる 魔法の家事ノート』の著者、三條凛花さん。無理しない家事で幸せな毎日のアイデアを発信しています。時間があるときの一工夫が、むだな工程をカットできるので、将来の手間をカットすることにつながり、時間を貯めることにつながります。
今回は、食品ロスを防ぐ「野菜在庫チェッカー」の作り方を教えてもらいました!

野菜を使い切るために大切なのは「見える化」

買ってきた野菜をダメにしてしまった経験はありませんか? 

私も以前は、傷んだ野菜を見てすごく罪悪感を感じていましたが、今ではきれいに使い切れるようになりました。上の画像のように、野菜室が空っぽになるとすごく達成感があります。

使い切るために工夫したことはいろいろあります。たとえば、冷蔵庫の中を見やすく整理する。食べ切れる適量を知る。野菜料理のレパートリーを増やす……。中でも特に大切なのは「見える化」作業です。

ここで言う「見える化」は、冷蔵庫の中にどの野菜があるのかを把握しておくことを指します。今回ご紹介するのは、その「見える化」作業をラクにしてくれるアイテム。私はコレを、「野菜在庫チェッカー」と呼んでいます。

100円ショップのアイテムで自作できます。私はイラストを描いて作っていますが、野菜の名前を文字で書いてもいいし、野菜のシールがあるならそれを貼ったり、ラベルライターで作ったシールを貼ってもいいですよ。

それでは、基本の作り方をご紹介しましょう。

野菜在庫チェッカーの材料と作り方

材料は、セリアで買った「パステルカラーマグネット」という商品。2サイズありますが、ラベルライターなどを使わずにペンで描くなら、大きめの30mmサイズがおすすめ。ピンク、黄色、緑の3色があります。

野菜の色は、だいたい3色に分かれますよね。その「ざっくり色分け」に従って、野菜のイラストまたは名前を書くだけでできあがりです。色分けをすることで、目的の野菜を探しやすくします。

一般的な野菜のリストをまとめたので、ご自分の家でよく使われるものをメモしてから買うと、マグネットを揃えやすいですよ。

【緑の野菜】 きゅうり/ピーマン/青菜/きゃべつ/白菜/レタス/ねぎ/セロリ/オクラ/大葉/アスパラガス/ブロッコリー/大根/かぶ/いんげん/ゴーヤ/カイワレ

【黄色の野菜】 じゃがいも/にんじん/パプリカ/とうもろこし/きのこ/玉ねぎ/れんこん/長芋/かぼちゃ/ごぼう

【ピンクの野菜】 トマト/パプリカ/なす/ミニトマト/みょうが

緑の野菜が一番多いので、緑のマグネットを多めに買っておくのをおすすめします。ここでは野菜だけを載せていますが、私は果物でも作っています。ただし、野菜よりも“旬の時期にしか出回らないもの”が多いため、旬の果物の書き方には注意が必要です。

野菜在庫チェッカーの使い方

野菜在庫チェッカーは、設置場所がポイントです。

たとえば、上の画像は失敗例です。わが家の冷蔵庫は、側面にしか磁石をつけられないので、こうして側面に貼っていました。でも、冷蔵庫を開けるときに目に入らないため、野菜在庫チェッカーの存在を忘れがちに……。

野菜在庫チェッカーを冷蔵庫につけるなら、野菜室の扉に貼るのがおすすめです。

また、ホワイトボードや缶など、野菜在庫チェッカーを貼れるものを調理台に用意しておくのも便利。冷蔵庫内にある野菜の在庫チェッカーを貼っておき、使い切ったら剥がします。

野菜在庫チェッカーは、スマホで写真に撮るのもおすすめ。写真を見れば残り野菜がひと目でわかるので、キッチンから離れた場所でも献立が決めやすいです。買い出し前に見れば、足りない野菜がわかるので、効率よく買い物ができます。

私は1種類の野菜につきマグネット1個にしていますが、同じ野菜の在庫チェッカーを複数作っておけば、数の管理もできるようになりますよ。

野菜在庫チェッカーを使えば、野菜室をいちいちのぞかなくても野菜の在庫管理ができるようになります。ぜひ試してみてくださいね。

前日の全体記事ランキング

1

【料理の裏ワザ】ふわっふわのホットケーキを作る方法!「えっ、”みりん”を足すの⁉」

忙しい朝やおやつなどに大活躍してくれるホットケーキ。子どもも大好きですよね。 そんなホットケーキがとってもおいしく仕上がるレシピをご紹介。 ふわふわにするために入れるのは、なんと「みりん」なんです! タカラ本みりんで有名な宝酒造のHPで発見した裏ワザを参考に実際にやってみました。

2

じゃがいもの皮むきの新定番!? スプーンを使うとつるんときれいにむけた!

人気メニューに欠かせない野菜の代表「じゃがいも」。皮むきのときに、どうしても厚めになってしまう…という人必見! どこの家庭にもある“アレ”を使うだけで、ムダなく、つるんと皮をむく簡単な方法があるんです。

3

卵の扱い次第で料理が劇的にウマくなる!親子丼、チャーハン、カルボナーラを紹介

卵の白身は約60度台でとろりとした状態になり、約70度を超えると固まります。 一方黄身は、60度台で粘度が増し、60度台後半〜70度で固まる性質があります。 そういった卵の性質や特徴を押さえ、扱いがわかれば、どんな料理も失敗しません! 今回は親子丼、チャーハン、カルボナーラのレシピをご紹介します。

4

【家事ヤロウの裏ワザやってみた】100均グッズでコンロ周りをピッカピカにする方法!衝撃の結果

年末の大掃除に向けて気になるのが「お掃除グッズ」。2019年11月27日のテレビ朝日系列「家事ヤロウ」では100均グッズを使った掃除方法が紹介されていました。 億劫になりがちなコンロ周りの焦げ付きなどの汚れを100均のグッズをたった2つ使うだけで簡単に楽にお掃除できます。 一度知ったらもう手放せないほど楽で簡単な掃除方法を実際に試したので、さっそくご紹介します!!

5

【電子レンジで10分】手抜き感ゼロの簡単おかず|ほったらかし調理とは思えないおいしさ!

毎日のご飯作り、お疲れ様です! お休みの日は作ったと思ったら次のご飯のことを考えていたりしませんか? ご飯作りに疲れた、そんなときにおすすめしたいのが電子レンジ調理です。 具材を入れて電子レンジに任せるだけであっという間に1品できますよ。 今回は、「鶏の手羽元煮」と「豚肉ともやしの重ね蒸し」をご紹介します。 電子レンジで作ったとはお思えない仕上がりです。

この記事をシェアする

TOP