【ヨガインストラクターが教える】放っておかないで!冷えの原因になる足のむくみ「ダルおも」を解消するポーズ4選

心と体

2020.10.25

朝夕は肌寒さを感じるようになってきた今日この頃。生徒さんからもむくみ対策のポーズをリクエストされることが増えてきました。じつは秋は足がむくみやすい季節なのです。朝晩の気温低下による体の冷えで血行が悪くなる、発汗量は減るが日中はまだ暑く水分を沢山とる、季節の変わり目で自律神経のバランスが崩れやすい、などさまざまな原因がありますが、むくみを放置するとさらなる冷えやむくみの原因に。
今回は誰にでもできる簡単なむくみ解消のポーズをご紹介します。むくみを感じたら放置せず、ヨガで「ダルおも」をリセットしましょう。

広告

1、 サギのポーズ

左足を外側に曲げ、ふくらはぎを太ももの外側の部分につける。

右膝を立てる。指を組み、足の裏にセットする。

吐く息で右膝を伸ばしながら足を自分の体に近づける。

(1) 両足を揃え、伸ばして床に座る。
(2) 左足を外側に曲げ、ふくらはぎを太ももの外側の部分につける。
(3) 右膝を立てる。指を組み、足の裏にセットする。
(4) 吐く息で右膝を伸ばしながら足を自分の体に近づける。
(5) 背筋を伸ばし、ゆっくり呼吸を繰り返す。
(6) 吐く息で膝を曲げながらゆっくり右足を下ろす。反対側も同様に。

2、 足上げと膝裏マッサージ

右足を伸ばして壁につける。左膝を曲げ壁に押し付けながらなるべく右膝を伸ばす。

左膝の裏に親指以外の4本を入れ、膝に親指を添え、膝をぶらぶらさせながら膝裏をマッサージする。

(1) 上半身と壁が垂直になるように床に寝る。おしりはなるべく壁に近づける(難しければ少し離れていてもOK)。
(2) 右足を伸ばして壁につける。左膝を曲げ壁に押し付けながらなるべく右膝を伸ばす。この状態でゆっくり呼吸を繰り返す。膝が伸びたと感じたら左膝の裏に親指以外の4本を入れ、膝に親指を添え、膝をぶらぶらさせながら膝裏をマッサージする。反対側も同様に。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

広告

 

著者

Shiko

Shiko

カナダ、バンクーバーと日本でやんちゃな息子達と旦那と一緒に暮らしています。 音楽、ヨガ、アウトドアが大好き! 歯科医師、ヨガインストラクターです。時々ジャズを歌っています。 Zoomヨガ教えてます。レッスンご希望の方はインスタからメッセージくださいね!@fumikokusuhara

気になるタグをチェック!

saitaとは
広告