「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

白髪染めメーカー広報に聞いた|コスパ最強!セルフカラーで失敗しないコツ #私たちの白髪問題

心と体

 白髪染めメーカー広報に聞いた|コスパ最強!セルフカラーで失敗しないコツ

2021.03.20

気になるけど聞けない、そんなリアルなお悩みのひとつが「白髪」。早い人は20代から悩む人もいますが、多くは30代後半ぐらいから少しずつ白髪が混じり始め、40代で本格的に悩むことが増えるようです。セルフで染めるべき?それともサロンで?はたまた、グレイヘア?悩めるアラフォー女性の気になる白髪問題をリサーチしました!

「あれ? こんなところに!」「もしかして、とうとう増えてきたかな?」鏡を見ながらドキッとしたこと、ありませんか? そう、増えてきたのは「白髪」。saita読者座談会でも気になると答えた人が多かった「白髪問題」を、自宅でのセルフカラー、サロンでのカラー、そして染めない選択の「グレイヘア」と3つのアングルから掘り下げます。

今のあなたの「白髪問題」に一番フィットする対策を見つけましょう。

コスパでサロンを圧倒するセルフカラー

高校時代の夏休みに……大学生になってすぐ……ドラッグストアでヘアカラーを買い込み、こっそり実家の浴室で染めた経験がある人もいるでしょうね(笑)。高校生でもおこづかいで手に入る価格設定が1番の魅力です。とはいうものの、お店の壁一面、足元から天井までの大きな棚にずらりと並ぶカラー剤の中からどれを選べばいいのか? そして、鏡で見づらい後頭部や襟足はどうやって染めるのか? 実は不安や疑問がいっぱいなのに、ちょっとママ友やご近所さんには聞きづらい話題でもありますよね。そんな山盛りの「?」に、ヘアカラー剤メーカーの担当者さんが、初心者にもわかりやすく答えてくださいました。「そろそろ」なひとも、「まだまだ」なあなたも、まずは、セルフカラーの基礎知識から学びましょう!

30代前半からすでに半数以上の人に白髪が!

白髪についての調査出典:www.kao.co.jp白髪についての世代別アンケート(花王株式会社調べ)

花王株式会社(以下、花王)の調査によると「白髪が気になる」という人は40代前半では66%、40代後半になると77%に達しているとのこと。また「最近1年間、どこで白髪を染めましたか?」という問いには、約半数の人が「自宅で」と答えています。もしかすると白髪が増えてくると顔回りの生え際や目立ちやすい前髪と分け目などを、ちょこっと小まめに染めたい人が多いからかもしれませんね。メイクのたびに生え際の白髪を見つけて、朝から気分が……。そんなときに思い立ったらすぐに染められるセルフカラーは便利!すでに40代以降の女性の間では、ヘアカラーがルーティンの一部となっている様子がうかがえます。

白髪 調査出典:www.kao.co.jp白髪染めについての調査。自宅のみは25%、自宅と美容院は21%(花王調べ)

星の数ほどある? ヘアカラー。さてどれを選ぶ?

白髪 調査出典:www.kao.co.jpクリームタイプや泡タイプ、ワンプッシュなど、白髪染めの種類もさまざま

白髪染め以外でも、ヘアカラーをしたことがある人なら、ドラッグストアなどでその数の多さに圧倒されたことがありますよね? さまざまなニーズに答えるべく各メーカーが「誰にでも手軽に」「多くの悩みに対応できるように」と研究を重ねた結果、多くの商品が世に出ることとなったようです。ちらりとその売り場を覗いてみると、早染め、クリーム、乳液タイプ、1剤、2剤、ブラシ型ノズル、コームブラシ、ワンプッシュ、泡タイプ、トリートメントタイプ、ヘアマニキュア……と、初心者にはどれから試してみればいいのかわかりません。そこで、「ブローネ」でおなじみの、花王株式会社商品PR企画部の川上直美さんにカラー剤の選び方のコツをお聞きしました。

初心者は、どれを選べばいいの?

――ヘアカラー商品の種類が多くて迷ってしまうのですが、白髪染めに少し抵抗がある場合、いわゆるおしゃれ染めというか普通のヘアカラーで染めても白髪は染まりますか?

花王株式会社商品PR企画部 川上直美さん(以下、川上さん):残念ながら白髪をしっかりと隠せないかもしれません。おしゃれ染めと言われる「黒髪用」は黒髪がキレイな髪色になるように「脱色力」が強く「白髪用」は白髪がしっかり隠れるように「染毛力」を強くした処方となっています。なので、白髪が気になり始めたらしっかり染まる白髪染め専用のものがおススメです。

――白髪が気になりだしたら、しっかりと色が入る白髪染めを選ぶべきでなんですね。でも鏡で見えないところがうまく染まるか心配です。初めて染めるときにはどのタイプを選べばいいでしょうか?

川上さん:髪全体を染めたい場合、初心者さんにはブローネ泡カラーをおすすめしています。キレイに染めるには、髪の毛1本1本にムラなく剤を付ける事が大切です。一般的な剤ではブロッキングといって、髪をいくつかのパーツにブラシなどで分け、ブロックごとに丁寧に髪に剤を塗っていく必要がありますが、「泡タイプ」にはこの手順がありません。シャンプーと同じ感覚で泡を髪にのせ、もみ込むようにして髪1本1本に剤をいきわたらせていくため、全体がムラなく染めやすい事が特長です。初めてでもトライしやすいと思いますよ。

泡 白髪染め

――白髪染めにも泡タイプがあるんですね! 若い子用(笑)のものしかないと思っていました。今、泡タイプはシャンプー感覚というお話でしたが、他にはどんなものがありますか?例えば、生え際だけが少し伸びてきて、数センチだけを染めたい場合は、泡タイプだと部分染めは難しいですよね。

川上さん:生え際などの部分染めは、気になる根元にピンポイントに剤をのせられるクリームタイプが便利です。色は今の自分の全体の髪色よりもワントーンくらい暗めのものを選ぶと、染めた後の仕上がりが自然になるので目安にしてください。コームやブラシ、ハケなどの種類やサイズも色々あるので、まずは色々試してみて、自分にとって使いやすいタイプのものを選ぶといいですね。また、残ったものを取り置きできるのでコストが抑えられるのも嬉しいですよね。ブローネのサイトでは、ご自身にぴったりのカラー剤を白髪の量や商品の特徴と併せて選べるように見やすくまとめています。また、動画で使い方の解説もしています。是非参考にしてみて下さい。そして、肌の色やお好きな色などから導く「パーソナルカラー診断」や、自分の顔で試せる「髪色シミュレーション」で自分に似合う色を見つけて髪色を楽しんで下さいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

みやむらけいこ

みやむらけいこ

ライター

この記事をシェア