「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

【お手軽おやつ研究家おすすめ】100均グッズで作るバレンタインスイーツをカフェ風に!盛り付けのテクニックを大公開

料理・グルメ

 【お手軽おやつ研究家おすすめ】100均グッズで“おうちバレンタイン”を楽しもう!カフェ風の盛り付けテクニックも!

2021.02.13

2021年のバレンタインは、“おうちバレンタイン”を楽しむ方が多いと思います。家族そろって手作りのお菓子を囲むなら、いつもよりも少し特別感のあるスイーツタイムを過ごしたいものです。しかも、手軽に作れたら、よりうれしいですよね。今回は、手軽で簡単に作れる『100均グッズで簡単! お菓子作り』(辰巳出版)の著者であるお手軽おやつ研究家の中島純代さんに、おうちでふるまうバレンタインならではの焼き菓子レシピと、おしゃれに見える盛り付け方法について教えていただきました。 おいしさはもちろん、手軽さと見栄えのよさを両立したい欲張りさん必見です。

目次

手作りお菓子をおしゃれなカフェ風に! 盛り付けテクニック
お菓子の見た目は、彩りのよさやデコレーションがカギ!
ツヤのあるホイップクリームの作り方をマスターしましょう
簡単なのに本格的!おすすめ焼き菓子レシピ1「マーブルパウンド」
必要な道具と材料
作り方(所要時間:40分)
簡単アレンジを加えると、楽しみ方は2倍3倍!
簡単なのに本格的!おすすめ焼き菓子レシピ2「大人の濃厚ガトーショコラ」
必要な道具と材料
作り方(所要時間:30分)
簡単アレンジを加えると、楽しみ方は2倍3倍!ラッピングをしてもかわいい仕上がりに
100均グッズのお菓子作りをもっと楽しみたい方は、書籍をチェック!
著者プロフィール:中島純代さん
おうちバレンタインだからこそ、スイーツタイムをゆったり楽しもう

手作りお菓子をおしゃれなカフェ風に! 盛り付けテクニック

スイーツ

株式会社サザビーリーグ・アフタヌーンティー・ティールームにて長年勤務、のちに人気カフェでのお菓子作りや販売、企画に携わるなど、これまで数えきれないほど多くのスイーツの開発を手掛けた経歴をもつ中島純代さん。
【お手軽おやつ研究家おすすめ】100均グッズで本格的なバレンタインチョコが作れる!可愛く見せるラッピング法も!」では、バレンタインにおすすめのチョコレートレシピとかわいいラッピング方法や、100均グッズでのお菓子作りでのポイントをうかがいました。

今回のテーマは、おうちバレンタインを過ごす方が多いと思われる今だからこそ押さえておきたい「盛り付け方法」。家で渡すならと、ラッピングをせずにお皿に盛り付けて贈ることもあるのではないでしょうか。
中島さんによると、手作りお菓子の印象は、ちょっとしたひと工夫で変わるのだそうです。
実際にアフタヌーンティー・ティールームで勤務していたころも、お客様の目や心を惹くためには、おいしさはもちろん見た目の美しさも重要だと感じていたとのこと。
そこで、おしゃれなカフェで提供されるようなスイーツの盛り付け方のポイントを教えていただきました。

お菓子の見た目は、彩りのよさやデコレーションがカギ!

「手作りお菓子をおいしそうに、美しく見せるためには、彩りも大切です。ミントやハーブを添え、お皿の中にグリーンが入るだけでも彩りがよくなります。また、ソースやクリームをかけるスイーツの場合は、全体的にかけるのではなく、もとのスイーツがきちんと見えるようにかけたほうが見栄えがよくなります。お皿にも少し垂れるような盛り付けにすると断然おしゃれに。おうちで手作りのお菓子を楽しむときには、粉砂糖や生クリームなどをデコレーションして華やかにするとよいですよ」(中島さん)

ツヤのあるホイップクリームの作り方をマスターしましょう

スイーツに添えるデコレーションとして登場頻度が高い「ホイップクリーム」ですが、ボソボソしていると味わいはもちろん、見た目の印象も残念に。表面にツヤがあり、角がピンと立つ状態のクリームが望ましいそうです。
そこで、ツヤのあるホイップクリームの作り方を中島さんから伝授していただきました。

  1. 生クリームを入れるボウルは小さすぎない、大きめのものを用意します。
  2. ボウルに生クリーム(少なめの量で)を入れ、保冷剤を下に置いて冷やしながら、泡立て器で空気を含ませるようにして混ぜます。

※生クリームを入れたボウルよりも大きなボウルをもう一つ用意して氷水を入れ、2つのボウルを重ねて冷やす方法でもOKです。

「しっかりと冷やす」「少なめの量で混ぜる」「空気を含ませる」の3つのポイントを守ることで、ハンドミキサーがなくても手動で十分おいしいホイップクリームが作れるとのこと。ふわっとしたツヤのあるクリームを添えれば、家でもカフェのような贅沢なひとときが過ごせそうですね。

作り方をマスターしたところで、ホイップクリームをのせて今すぐ食べたくなる焼き菓子レシピを2つご紹介します。

簡単なのに本格的!おすすめ焼き菓子レシピ1「マーブルパウンド」

はじめにご紹介するのは、粉の計量も、ふるいにかけることも不要なセリアの「ミックス粉」を使って、手軽で簡単に作れるレシピです!

中島純代さんレシピ「マーブルパウンド」出典:www.tg-net.co.jp

書籍の中でも紹介されている「マーブルパウンド」。
「作るうえでの注意点がほとんどなく、誰でも簡単に作りやすい焼き菓子です。マーブル模様をいかにきれいに出せるかがポイントですよ」(中島さん)

必要な道具と材料

中島純代さんレシピ「マーブルパウンド」必要な道具と材料出典:www.tg-net.co.jp

◼︎必要な道具

  • ボウル(ダイソー)※2つ必要です。
  • 耐熱シリコンゴムベラ(ダイソー)
  • 泡立て器(ダイソー)
  • 計量スプーン(キャンドゥ)
  • パウンドケーキ型(セリア) ※サイズは85×65×45mmのものです。このパウンド型で1台作ります。

◼︎材料

  • パウンドケーキミックス粉(セリア)……1袋(100g)
  • ココアパウダー(セリア)……小さじ2

そのほか、下記の材料が必要です。

  • 無塩バター……40g
  • 牛乳……小さじ2
  • 卵……1個

材料(型を含む)だけなら400円程度、くり返し使える道具を含めても800円ほどで作れる本格的な焼き菓子です。

作り方(所要時間:40分)

中島純代さんレシピ「マーブルパウンド」作り方出典:www.tg-net.co.jp

1.常温におき柔らかくしておいた無塩バターをボウルに入れ、ゴムベラでクリーム状に練ります。このほかに、ココアパウダーと牛乳を合わせてよく練ったものも作っておきます。ここでオーブンを180℃に予熱しておきます。

中島純代さんレシピ「マーブルパウンド」作り方出典:www.tg-net.co.jp

2.手順1に、溶きほぐした卵を少しずつ加え、その都度、泡立て器でよく混ぜます。

中島純代さんレシピ「マーブルパウンド」作り方出典:www.tg-net.co.jp

3.パウンドケーキミックス粉1袋100gを加え、ゴムベラで底からすくいあげるようにして混ぜます。

中島純代さんレシピ「マーブルパウンド」作り方出典:www.tg-net.co.jp

4.生地につやが出るまでよく混ぜたら生地の3分の1量を別のボウルに移します。

中島純代さんレシピ「マーブルパウンド」作り方出典:www.tg-net.co.jp

5.別のボウルに移した3分の1量の生地に、用意しておいた練りココアを入れてゴムベラで切るようにしてよく混ぜ、ココア生地にします。

中島純代さんレシピ「マーブルパウンド」作り方出典:www.tg-net.co.jp

6.手順5でできたココア生地のボウルに、分けておいたプレーン生地を合わせます。ゴムベラで切るように大きく数回だけ混ぜてマーブル状にします。混ぜすぎないようにしましょう。

中島純代さんレシピ「マーブルパウンド」作り方出典:www.tg-net.co.jp

7.型に生地を入れます。生地の周囲をゴムベラで押す感じでなるべくマーブル柄を触らず、崩さないように流し入れます。

中島純代さんレシピ「マーブルパウンド」作り方出典:www.tg-net.co.jp

8.表面はさっとならし、型を少し持ち上げて一度落として生地の中の空気を抜きます。天板にのせて180℃のオーブンで20~25分焼きます。オーブンにより焼き時間は異なるので調整してください。

中島純代さんレシピ「マーブルパウンド」作り方出典:www.tg-net.co.jp

9.焼き上がったら金網の上にのせて冷まします。

中島純代さんレシピ「マーブルパウンド」作り方出典:www.tg-net.co.jp

型から外してカットしましょう。
「マーブルパウンド」の完成です。

作り方のポイントは、生地の質感を保つに、作り始めたら手早く作らなければならないため、無塩バターをクリーム状にすぐ練られるように事前にやわらかくしておくことです。作ろうと思ったときにすぐに作れるように、バターは早めに常温においておきましょう。

「バターがクリーム状になってさえいれば、あとの工程はスムーズに進みます。ミックス粉を入れたときは生地につやが出るまでよく混ぜることと、ココア生地を作るときには、よく混ざるようにしっかり混ぜましょう。ただし、プレーン生地とココア生地を合わせたら混ぜすぎ注意です! マーブル模様をきれいに出すためには、もっと混ぜたいけれどやめておこう……という数回のみに留めておくことが重要です」(中島さん)

簡単アレンジを加えると、楽しみ方は2倍3倍!

完成して冷ました後、常温でそのまま食べてもおいしい「マーブルパウンド」ですが、ちょっとしたアレンジを加えるとより贅沢なスイーツに変身させることができます。
「パウンドケーキを冷蔵庫で冷やしておき、加糖ホイップクリームを添えることでより一層ビターな味わいが引き立ちます。その際は、生クリームに砂糖(生クリームに対して10~15%程度の分量)を加えて混ぜたホイップクリームを用意しましょう。また別の楽しみ方をするなら、スライスしたパウンドケーキをトースターで軽く温めて冷たいバニラアイスを添えるアレンジ方法も。簡単なアレンジを加えるだけで楽しみ方が広がりますよ!」(中島さん)

「聞いているだけで、すでにおいしそう……!」
ということで、中島さんレシピの「マーブルパウンド」を実際に作り、おすすめのアレンジ方法を試してみました。
「マーブルパウンド」試作
こちらが、焼き上がり後に冷ましてスライスした状態の「マーブルパウンド」です。
しっとりとした生地に、ほんのり香るココアのほろ苦さが絶妙!
マーブル系のお菓子作りは初挑戦でしたが、中島さんのレシピどおりに行えば失敗なしです。

「マーブルパウンド」試作アレンジ
そのまま全部食べてしまいたい気持ちを抑え、軽くトーストしてバニラアイスを添えてみました。
トーストすることで外側の食感がカリッとし、温かいケーキと冷たいアイスのコンビネーションが最高! 自宅でも贅沢な気分が楽しめます。

「マーブルパウンド」完成比較そして中島さんから教えていただいた、前述の「カフェ風盛り付けテクニック」を実践してみました。彩りをよくするためにミントを添え、もとのスイーツが見えるようにしつつ、お皿にもかかるように粉砂糖をトッピング。
見栄えの差は歴然ですね。
ポイントを押さえておけば、自宅でもカフェ風スイーツが楽しめるようになります!

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

著者

shukana

shukana

小学生、幼稚園児の男の子のママ。出産前まで紳士服業界に携わり、TES(繊維製品品質管理士)の資格を取得。 暮らしをより楽しく、よりラクに過ごすための方法を日々模索中です。

この記事をシェア