「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

私の台所革命|食材を保存する「プラスチック製保存容器」を全部捨てたらストレスが激減した理由

家のこと

 ガラス容器活用イメージ

2021.03.16

「食べ物の保存はプラスチック製保存容器で。」そんな"当たり前"を見直したら、快適さが訪れた! 整理収納アドバイザー1級の筆者が「プラスチック製保存容器」を思い切って全部捨ててみたら、全く困らないどころかメリットばかり。その理由とは。

「プラスチック製保存容器」に感じていたデメリット

以前は、ジップロックコンテナーなどプラスチック製保存容器を使っていました。

プラスチック製保存容器はどこでも購入でき、軽くてサイズも豊富、重ねて保存できる、などメリットもたくさんあるのですが、使っていくなかで気になる点が出てきました。

  • 電子レンジに頻繁にかけると劣化のスピードが早い。
  • カレーなどを保存すると、油汚れや匂いがなかなか取れない。
  • 劣化が早いので定期的に買い替えなければならない。
  • 蓋と本体とがばらばらになりがち。
  • 劣化しても捨て時がわからず、古いものと新しいものがごっちゃになり収納スペースを圧迫する。

「ガラス製保存容器」のいいところに気づいてしまった

ちょうどそんな時、ジャムや保存食作りにハマ っており、WECKのガラス容器ならたくさんあったので、こちらで代用してみることにしました。

weckのガラス容器

WECKなら、ちょこっと残ったおかずやスープを入れて冷蔵庫に保存し、食べるときはそのまま電子レンジにかけることができます。さらに食洗機にもかけられるので、後片付けも簡単です。ガラスなので、もちろん匂い移りもありません。 

※温度差が80℃を超えるような、急冷・急熱は避けてご利用ください。 

WECKのガラス容器

しかしWECKは急激な温度変化があると割れる可能性があるため、 冷凍保存には不向きです。冷凍保存したいときは、イワキのガラス保存容器かフリーザーバッグを使うことにしました。

フリーザーバッグ活用法

WECK+イワキ+フリーザーバッグの合わせ技で、プラスチック製保存容器 がなくても全く困らないことがわかり、私は大量のプラスチック製保存容器とさよならすることにしました。

「ガラス製保存容器」にしたことで得られた嬉しい変化

ガラス製保存容器は、プラスチック製保存容器に比べ2~3倍ほど価格は高いです。しかし割らない限り半永久的に使えるので、プラスチック製保存容器を繰り返し購入することに比べれば 、長期的にみると節約になります。

また、ガラスなので中身が見えやすく冷蔵庫に入れたままの食べ忘れを防ぐことや、熱湯消毒をしてもプラスチック保存容器のように劣化せず衛生的で、匂い移りしないメリットもあります。

容器のまま食卓に出しても、どことなくおしゃれな感じになるのもいいところですね。

WECKの活用法余ったスープもWECKならそのまま食卓に出せます。

プラスチック製保存容器で、劣化のスピードや落ちない汚れ、匂いにストレスを感じている方は、ぜひガラス製保存容器を試してみてくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。


著者

かほ

かほ

整理収納アドバイザー。中学生と小学生4人の子供の母。2016 年に整理収納アドバイザー1級を取得。インスタではゆるく続けられる整理収納や暮らしの知恵などを紹介している。インスタグラムアカウント:kaho_no_okatazuke