「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

健康そうなのに…?ダイエットの落とし穴「ヘルシーサウンド」の食べ物3つと注意すべき理由とは

心と体

 健康そうなのに…?ダイエットの落とし穴「ヘルシーサウンド」の食べ物3つと注意すべき理由とは

2021.04.07

「結果を出す」トレーナー平田雄士さんが、ダイエットが続かない40代女性に向けて正しいダイエットの基礎知識を指南。今回は、なんとなくヘルシーなイメージで食べ過ぎてしまう食品について、注意点を教えてもらいました。

健康的な印象なのに?「ヘルシーサウンド」な食べ物に注意を

「ヘルシーサウンド」な食べ物とは、音の響きがヘルシーで太らないイメージがあるのに、実際は「食べ過ぎると太る」食べ物のことで、私が勝手にそう呼んでいます(笑)。

ヘルシーサウンドな食べ物(1)ドライフルーツやナッツの入ったグラノーラ

グラノーラ出典:stock.adobe.com

まず一つ目は、フルーツやナッツの入ったグラノーラ。「フルーツ」「ナッツ」「グラノーラ」と、ヘルシーな印象の言葉が連なっているので、健康的な印象を持っている人も多いはずです。でもここに「ヘルシーサウンド」のトラップが! フルーツといっても入っているのは砂糖をまぶしたドライフルーツです。グラノーラは、麦や玄米などの穀物加工品にココナッツや蜂蜜などを混ぜてカリカリに焼いたもの。そう、糖分が多いのです。

そして、1食の目安として提示されている量は50g(200kcal)ですが、実際50gってどのぐらいのボリュームかご存知ですか? マグカップの半分ぐらいの量です。それで満足できなくて、ついマグカップ1杯分ぐらい食べているはず。そうなると、50gの2倍で、1回で軽く400kcal食べていることになります。さらに、甘いしおいしいし、ヘルシーなイメージだから、ついつい食べ過ぎてしまうのです。

朝食を抜いていた人が、朝食として「フルーツ入りのグラノーラ」を食べるようになったら、不足していた栄養を補えることになるので、昨日よりヘルシーではあります。
朝食として食べるなら、おなかにたまる無糖ヨーグルトと組み合わせるなど、食べ過ぎを防ぐ工夫をしてみましょう。

ヘルシーサウンドな食べ物(2)アサイーボウル

アサイーボウル出典:stock.adobe.com

一時期流行した、「アサイーボウル」。アサイーは、ブラジルなどの南米原産の果実で、ビタミン類やポリフェノールが豊富。カロリーも低いし甘みもない、ヘルシーな食べ物です。ただお店で出てくる「アサイーボウル」を思い出してください。アサイーはペースト状になっているし、入っているのもほんの少しで、グラノーラやバナナ、ヨーグルトなどがたっぷり入った高カロリーな一皿であることが多い。お店でアサイーのメニューを選ぶなら、ボウルではなく、アサイースムージーやアサイーシャーベットを選ぶほうがベターです。

ヘルシーサウンドな食べ物(3)バナナチップス

バナナチップス出典:stock.adobe.com

食べ始めると止まらなくなる、「バナナチップス」。バナナ自体は、ビタミンや食物繊維などの栄養が豊富だし、チップスという軽い響きがカロリーを感じさせない(笑)。ですが、バナナチップスの製造工程を考えてみてください。日本語に変換すると「バナナ揚げ」なんです。一気に重いイメージに変わりますよね。食べれば食べるほど、油をとっていることになるので、食べ過ぎは注意しましょう。

本当の「ヘルシー」はトータルバランスが大切

次から次に登場してくるヘルシーフード。【ヘルシーサウンド】のトラップについて紹介してきましたが、もちろん食べ方によってはメリットもあります。でも、それだけを食べ続ければヘルシーかというとそうではありません。いくらヘルシーな食べ物でも、食べすぎればヘルシーではなくなるということを思い出してください。

本当の「ヘルシー」とは、社会的なこと、金銭的なこと、知識的なこと、趣味や遊びと、食べ物以外でもトータルバランスが満たされていること。トレンドに左右されない、本当の意味でのヘルシーライフをるために、トータルバランスを考えていただきたいと思います。

著者

平田雄士

平田雄士

「結果を出す」ボディトレーナー。アリゾナ州立大学運動科学科で運動生理学を学ぶ。在学中よりプロアスリート御用達のトレーニング施設で経験を積み、帰国。豊富な指導経験と実体験、科学や心理学などを用いてエビデンスに基づくオリジナル手法を編み出し、パーソナルトレーナーとして、アスリートや弁護士や外資系コンサルタント、政治家まで累計1000人以上を指導。著書に『見るだけダイエット図鑑』(大和出版)がある。

この記事をシェア