「私らしい」が見つかる。40歳からのライフスタイルメディア

意外と知らない“iPhoneで通話中に保留にする方法”なんと「長押し」するだけ。

働く・学ぶ

stock.adobe.com
 意外と知らない“iPhoneで通話中に保留にする方法”なんと「長押し」するだけ。

2022.02.16

最近はiPhoneで電話をする人も多いのではないでしょうか。今回は意外と知らないiPhoneで電話を保留にする方法をご紹介します。いざというときに使えるよう、今のうちに知っておきましょう!

普段何気なく使っているiPhoneでの電話。そういえばiPhoneで電話をする際、「保留」のボタンがなく困ったことはありませんか?
今回は、そんなiPhoneで電話を保留にする方法を紹介します。

iPhoneで電話を保留にする方法

1 電話をかける/ 電話に出る

いつも通り電話に出ましょう。
この段階では下のような表示になります。この画面では保留のボタンはありません。

1電話をかける/電話に出る

2 「消音」を3-5秒長押し

実はiPhoneでの保留は、「消音」を長押しすることでできるんです。左上の消音ボタンを3-5秒長押ししてください。
このような表示になると、相手側には「ただいま保留中です」のメッセージが流れ、その後音楽が流れます。保留中に流れる音楽は、バッハの「メヌエット」です。誰でも1度は聞いたことのある馴染みのある曲ですね。

2 「消音」を3-5秒長押し

3 「保留」をもう一度押して電話に戻る

「消音」から表示が変わった「保留」ボタンを再度押すと電話に戻ることができます。

3 「保留」をもう一度押して電話に戻る

保留にできない場合は

保留にできない原因として、長押しの時間が足りないことがあげられます。保留にするには3-5秒の長押しが必要です。思っているよりも少し長く長押しすることを意識しましょう。
また、表示が「保留」になっていることも確認してから画面を離れるようにしましょう。保留になっていると思ったら実はできていなかった、なんてことにならないよう気を付けましょう!

十分な長押しをしたにもかかわらず「保留」にならない場合は、スマホ側の不具合の可能性もあります。スマホの再起動も行ってみましょう。


著者

saitaロゴ

saita編集部

saita編集部です。毎日が楽しくなる、心がラクになる、そんな情報をお届けします。